お金の管理にアナログ家計簿を復活させました

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

原点に返りアナログ家計簿を復活させました。最後に使った家計簿はスマホアプリのオカネレコです。アプリは確かに便利でした。自動で計算してくれるし、時間もかかりません。それなのに、なぜ今、アナログ家計簿なのか。それには理由があります。

しばらく家計簿をやめたら、何か落ち着きませんでした。もちろん、予算に収めているかどうかは把握する手段があります。それは、引き落とし以外の支出に関しては現金で予算建てをしているからです。予算内で暮らせば良いだけなので、最終的にお金が足りなくなったりはしません。

スポンサーリンク



家計簿は指さし確認効果がある

けれども、「何も記録しない」ことが何とも気持ち悪いのです。これまでだって数か月まとめて記録するのですから、同じような物なのですが。なぜ記録しないと気持ち悪いのか?理由はあります。おそらく、「指さし確認効果の欠如」です。

家計簿とは本来、家計をより良い方向に導くためのものです。無駄を発見したり、将来の支出に備えた分析をするために使われます。お金を使うとき、その月で累計いくら使っていて予算までいくらなのかを即答できる人は少ないでしょう。けれども毎日家計簿を書いている人は即答できます。

それは家計簿を「書く」ことが自分の行動を振り返る良い判断材料になるからです。家を出た後「あれ?ガスの元栓閉めた?」とか「鍵をかけたかな?」とあやふやになったことはありませんか。たいていは鍵は閉まっているし、元栓も閉まっています。

ところがわからなくなるのは、あまりにその行動が自然で習慣になっているからです。だから記憶に残りません。そこで「元栓、よし!」と指さし確認をすると確認した記憶が明確になります。電車の運転手さんも指さし確認をしている姿が見えることがあります。

書くことでお金の流れが意識付けできる

家計簿も、ある程度慣れてしまった主婦にとっては同じです。家計はもう、だいたい管理できます。でも、そこに指さし確認である家計簿に書く行為が「何に使った」と意識に残ります。その流れで無駄が減らせるというわけです。

そこで、ノートに日々の支出を淡々と記録することにしてみました。項目は日付、概要、金額、累計額だけです。

支出別に分けたりしません。日付順に書くだけです。家庭の支出はそんなに多くありませんから、費目別にわけなくても大丈夫です。あえてわかるようにするなら、概要の頭にでも食に○で囲めば良いでしょう。7月から、昨日までの分を記録してみました。ひと月分を書いたら、以下の項目別に内訳を集計してメモしておきます。

本来は口座引き落とし分も集計すべきですが、要は無駄が出やすい支出について記録すればいいのです。家賃、小遣い、光熱費は大きく変化在りませんから、注意すれば無駄が出やすい項目に注目すればいでしょう。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ