断捨離を迷う人が決断する方法

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

捨てようか。それとも使い続けようか。

何度も同じ迷いを繰り返していませんか?もし、そうなら答えは もう出ています。結論は手放すです。

理由は簡単です。それが自分の本心だからです。その証拠に手放すことなど微塵も感じない物については迷うことがはありません。

スポンサーリンク



「手放す」が最善と本心は知っている

最善は「手放す」ことであるとわかっているのです。なら、なぜ同じ迷いを何度も抱くのでしょう。それは様々な事情が絡み合っています。

迷いの種類

  • 時間
  • 体力
  • 段取り
  • お金
  • 後悔への恐れ
  • 「何と思われるか」への恐れ

時間

断捨離する際は当然、手間が必要です。その「時間がない」ことへの懸念です。断捨離に要する時間と週末に友人と遊びに行く楽しみを天秤にかけてしまうのです。

体力

今の様に真夏であれば一層、体力を消耗します。それを想像しただけで「やめておこう」と延期してしまうケースです。

大きな家具は一人で動かせません。友人、知人に助っ人を頼むのも気が引けます。面倒を考えているうちに保留に持ち込んでしまうケースです。

お金

処分には費用がかかります。「買うならわかるけど捨てることにお金がかかるなんてもったいない」と躊躇(ちゅうちょ)してしまうケースです。

後悔への恐れ

「捨てた後に後悔」することを恐れるケースです。

「何と思われるか」への恐れ

身内や友人から「どうして?」と質問責めにあう事を心配するケースです。「なぜ、普通はある~がないのか?」「なぜ、私が買ってあげた家具がないのか?」など。

手放す迷いを決断させる方法

時間の問題解決

  • まとまった休日を利用する
  • 有休をとる
  • 週末を利用する
  • お金で解決する
  • 業者に依頼する

時間は作るしかありません。無理なら業者に依頼することで時間短縮を図る方法はあります。費用はかかりますが友人、知人に気兼ねが要らない事はメリットがあります。

体力の問題解決

  • 季節の良い時期に実行する
  • 何回かに分けて実行する
  • 友人、知人に助っ人を頼む
  • お金で解決する
  • 業者に依頼する

大きい物、重い物ほど体力が必要です。気力が必要ですから、季節の良い時期に実行する方が効率的です。

処分にまつわるお金の問題解決

  • リサイクルを利用する
  • (売る、譲る、あげる、寄付する)
  • 自治体の回収を利用する
  • 自治体のゴミ処分場に持ち込む(要確認)
  • 自力で分解する。一般ごみに出せるサイズにする

物の処分は意外に費用がかかります。間違っても「費用がいるなら処分はやめよう」とは思わない事です。リサイクル店などで引き取り可能なもの以外では、自治体の粗大ごみ受付が一番安く済みます。収集に来てもらうより車があれば持ち込みがさらに費用は割安です。

「処分で後悔」の恐れの問題解決

  • 「過去よりこれからが必ず良くなる」と思い込む
  • 「過去は変えられない」と自覚する
  • 「過去への執着はプラスにならない」と自覚する

「後で後悔するのではないか」という不安は思い出すきっかけになるものがあるからこそ、です。

「何と思われるか」の問題解決

親が買ってくれた家具は感謝を形でも表す

例えば、結婚したときに高価な家具を両親から買ってもらったとします。こんなときは「暮しの変化で処分せざるを得ないこと」を素直に話します。そしてお礼と感謝の気持ちを伝えます。こちらもいい大人です。だから、できれば旅行をプレゼントしたり、食事に連れて行ったり、けじめと感謝を伝えても良いでしょう。

友人が訪れた時「スッキリしすぎた部屋」を何と言われるかを気にしますか?最近の風潮はミニマリストブームなので「今、流行っているしね。」と思ってもらえるかもしれません。でも一方でまだまだ「スッキリした部屋」の認知度は低いのです。

子供が幼いときは普通に徹する。世間に合わせる。

どうしても気になるなら「見せ家具」をひとつポイントに残します。例えば、こんなことがあります。大人は良いのですが、問題は子供の視線です。子供のお友達が遊びに来た時「普通はある家具がさっぱりない」家は子供の目に奇異に映ります。大人は気にしなくても、我が子にそれは酷というものです。我が子が幼いうちはある程度「普通」の見た目を整える方が良いのです。我が子に余計な不安を与えて何も良い事はありません。

さいごに

物を処分する作業は、はじめのうちは「ゆっくり」になりがちです。ところが一度始めると「弾み」がつきます。

第一段階・・ゆっくり

第二段階・・迷っていた「あれ」と「これ」も手放そう

第三段階・・「あれ」も「これ」も「それ」も手放して大丈夫

第四段階・・「どうして、あんなに迷ってたんだろう」

・・

というように。

もちろん、理想は「初めから一気に」です。そのほうが効果的で合理的です。けれども、決断ができないときは段階を経ることで耐性が付くものです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ