初夏から夏の洋服計画、この時期に困る服装対策

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

洋服計画をたてました。とりあえずの期間は夏の終わりくらいまで、です。一般には春先の3月か4月初め位に「計画」を立てることでしょう。

スポンサーリンク



洋服計画をたてた経緯

私が今回、5月半ばという半端な時期に計画を立てるのは、自分にとってのレアケースの期間があったからです。

そして、これまでも洋服の計画は立てて来たし、整理も見直しも行って来ました。それでもなお、今回は大幅な「見直し」と「計画」の必要があったのです。

その理由は、第一に体形の変化です。数か月に及ぶレアケースな生活は、いやがおうでも食生活、その他の生活の影響があります。

洋服計画の手順

  1. 初めに、洋服の条件をランダムに思いつくまま挙げていきます。
  2. 次に、洋服の条件を整理します。
  3. 不足する服の購入計画を立てます。
  4. 処分する服の条件を整理します。
  5. 要らない服を処分します。
  6. 購入する服を足していきます。
  7. 服を2種類に分けて整理する。(2種類・・羽織物系、それ以外)

クローゼットの外と内

  • クローゼット外のハンガーラック・・羽織もの系を掛ける
  • クローゼット内・・羽織物以外を掛ける(このほか秋冬アウター、フォーマルスーツなど収納)

クローゼット外には羽織物系

クローゼット外のハンガーラックに羽織物系を掛けることにしました。天気に合わせて温度調整をすることができます。

クローゼット内には羽織物系以外

  • クローゼット内は、シーズンオフのかける衣類のほか、
  • スポーツ関連衣類(ハイキング用衣類、トレーニングウェアなど)以外は、色別にかけました。
  • 羽織物系を全部クローゼット外のハンガーラックに出したのは正解でした。温度や天候に合わせて調整するのが楽です。

洋服全体の傾向を決める

「あれも素敵」「これも素敵」ではキリがありません。

「ちょっとしたパーティー」に行く予定は本当にあるか?と自問すれば「ある」のか「ない」のか向こう半年くらいの見通しは立つでしょう。「ない」と答えが出たならば、いさぎよく「ちょっとしたパーティー」に着ていく服を買う必要は有りません。

その代り、確実に着る服を買い足すことが重要です。例えば、私の場合はこんなもの。

  • 白無地のタンクトップ
  • 白無地のカットソー(袖のあるもの)
  • 今の自分に合うデニム
  • 夏用のシンプルなジャケット(きっちりしすぎず、ラフなイメージで着られるもの)

昨年の夏、カットソー素材のジャケットが予想外に大活躍しました。あまりにヘビーに着たら今年着るのは無理そうです。そこで、今年は少し素材を買えて購入しました。

デニムが必用なのは、サイズダウンのためです。さすがダボダボのデニムは格好よくありません。今年の夏のイメ―ジは、スッキリ、ストレート系です。白とネイビーをメインにしていきます。そこに1~2割くらい明るめのイエロー、はっきりした濃いピンクを入れて行きたい感じです。

白いアイテムの問題

白のアイテムは、インナーのキャミソール、タンクトップ、カットソー、が安心です。ボトムに白がオシャレと分かっていても、やはり一瞬でも汚れが付けば冷や冷やもの・・というのは非効率的です。「安心して着ていける」ことも大事な条件です。

というわけで、やはりボトムに白は敬遠しています。その代りトップスのカットソーなら、安価で替えが効くから安心です。

雨が降りそうな日の靴問題

これから梅雨があります。雨が降るか降らないか微妙な日。同時に雨が午後からあがりそうな日。こんな日の靴は悩みます。

ウォーキングなどであればゴアテックスのスニーカーで決まりです。(ゴアテックスという素材を使ったシューズなら、蒸れずに防水効果があります)

ウォーキングなど、カジュアルメインでない日は合皮の靴を履いています。

雨の日のバッグ問題

バッグもこの時期は布製は避けた方が無難です。ナイロンか合皮の素材が安心です。それから、バッグの口が開いていない物がいいですね。ファスナーでしっかり閉じるものいがいいです。

さらに万全にするなら大きめのナイロン素材のエコバッグを持って行きます。雨が降ったらそのエコバッグでバッグをすっぽり覆ってしまうのです。

寒暖差問題

夏の寒暖差は冷房と外の暑さの違いがメインです。そのほか、梅雨時は気温が低い日が意外に多いことです。ところが店に行けば売っている服は半袖ばかりです。

薄手のカーディガンでシワにならない物は必須です。このほか使い捨てカイロも役立ちます。「夏にカイロ?」と驚かないで下さい。冷えは女性にとって、そのくらい大変なものなのです。

それから、侮れないのは夏の手袋です。本来、日焼け予防の手袋ですが、寒い時にこれを使うと暖かさが違います。かさばらないのでバッグに常備すると便利です。私はよくなくすので、100均で黒いものを何セットか買っておきます。

 さいごにまとめ

夏は暑いイメージがありますが、意外と「寒い」対策も必要です。また、あまりにラフになりすぎず、決めすぎにもならないコーディネイトは意外に悩むものです。

今回の夏は夏のジャケットを中心に合わせてみることにしました。やはり、夏だからこそ、どこかにきちんとした雰囲気が欲しいからです。

クローゼットに内外は、羽織物系とそれ以外に分けたら、思いのほかスッキリ使いやすくなりました。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ