ユニクロのレギンスパンツと無印良品のカットソーの組み合わせを辞めた理由

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

着るものは、本人の意識に大きな影響を与えます。服の効果は想像以上にあるのです。「外見より中身が大事」とはよく言われています。確かに。けれども人には弱い部分もあります。それをときに強制的に「服」の力を借りて自分の意識の源にするのです。

リハビリ病院では、治療目的の病院とは一転、多くの方はパジャマではなくなります。私がお世話になった病院では、多くの方がトレーニングウェアや動きやすい普段着スタイルでした。

(初めての方はこちら。)

ボストンバッグ4個分だけの暮らし

スポンサーリンク



定番服も突然着る気が失せる。代わりに着たのは。

私も最初の病院から転院直後は、単に「動きやすい私服」姿で過ごしていました。具体的には上は無印良品のカットソー、下はユニクロのレギンスパンツ。そんな感じです。

けれども、入院中のある時期を境に、その組み合わせの服装をスッパリやめたのです。そういえば、救急車で運ばれたときの服装は、その組み合わせでした(;’∀’)(退院後、レギンスパンツは履いています)

それまで何も考えずに、なんとなく着ていた服が急にうっとうしくなったのです。(無印もユニクロも良い服ですが自分の環境に合わなかったのです)代わりに以後、着ることにしたのは以前ハイキングに着ていたウェアです。

元の生活を意識したサイクルへ

それを着ると、朝早く起きて目的の駅に向かうワクワクと躍動的な気持ちを思い出すのです。実際にそのころになると元の生活を意識したサイクルを始めました。

  • 目覚ましは4時50分に設定(疲れて無理な時は変更したことも)
  • ストレッチ、スクワットなどの筋トレを約30分
  • 朝のシャワーとシャンプー
  • 髪の毛を整える
  • 布団を整える
  • 部屋を整える
  • パソコンを開いて作業

朝食は8時です。パソコンはそれまで使用します。やはり早朝が一番頭が働くので。この時間が最適です。ただしパソコンを使うといっても、パソコンを持ち込んだのは入院後だいぶ過ぎてからのことです。今も手の動きの関係で効率は相当よくありません。けれども手書きと比べれば10倍以上マシですから文明の恩恵ですね。

ハイキングに着ていたウェアは、リハビリに最適でした。動きやすいし、速乾性があるんです。何より、一時は「一生無理なのかも」と、あきらめモードだったことが、「可能性」をまで見出すに至りました。それどころか、長年すっかり忘れていた別の「目標」までも思い出すことになったのです。

「どうして『無理』と決めつけてしまったんだろう」

不思議なことに、一見最低なコンディション下に陥ったからこそ、封印していた目標までも掘り起こすことができたのです。

もし、あの時点で服の意識を変えなかったら、こうした意識は起きなかったかもしれません。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ