【写真あり】4か月間上げ膳据え生活から炊事復帰へ・「簡単」方式で手を抜いて栄養はしっかり摂る

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

贅沢な時を過ごさせてもらいました。夢の「上げ膳据え膳生活」です。しかも4か月間も。結婚して以来、こんなに炊事を離れたのは初めてです。

はじめてご訪問頂いた方は、こちらこちら

スポンサーリンク



「子育てや仕事で忙しい主婦」と「動きが不安定な主婦」の台所仕事の共通点

で、久しぶりの手料理は、「腕を振るって」といきたいところですが、そうはいかないのです。身体的な動作には、まだまだ不安定な部分があります。

長らく台所から離れていたことと、自宅でも、家そのものから離れていたこと、その他いろいろな要素から、以前のペースに戻れるのはまだ先です。

とはいえ、基本スタイルは、まさに今の私の状況にこそ、「使える」と気付きました。

  • 出来るだけ、台所仕事は一日一回にまとめる

(洗う、切る、ゆでるなどの下処理はまとめる)

  • 調理法は「煮る」を中心にする

台所仕事の効率も車のエンジンの燃費も効率は同じ

なるべく台所作業の共通する工程はまとめて作業するのです。洗う、切る、ゆでる、などの行程は食事の都度行えば作業が軌道に乗るまで手間と時間がかかります。

車のエンジンはエンジンの起動時に多くのエネルギーを必要とします。いったん、走り出してしまえばあとは5キロ走ろうが10キロ走ろうがたいした違いはありません。

むしろ、2キロだけ走り、エンジンを止め、再びエンジンをかけてまた1キロ走りエンジンを止め、3キロだけ走ってエンジンを止める・・という走りが一番ガソリンを消費します。台所仕事の効率も車のエンジンの燃費の効率も同じなのです。

  • 今朝の朝食のホウレンソウの胡麻和えと、
  • 今日の昼のレタス、キュウリ、トマト、ハムのサラダと、
  • 今日の夕飯の小松菜のおひたしと、
  • 今日の夕飯のシチューの玉ねぎ、にんじん、じゃがいものカットと、
  • 明日の朝のピザトーストに乗せるピーマンの千切りと、ハムのカットと、玉ネギのスライスと、
  • 明日の夕飯のポークソテー(?)に火を通すことと、

・・程度を今朝、台所に立ったついでにまとめてやってしまうのです。いずれもキッチンペーパーなどで表を拭いたり水気をとっておきます。

1~2日分の台所仕事のうち、洗う、切る、ゆでる、の部分はまとめて処理するのです。

「同じような作業は一気にまとめる」実例

最近は、こんな感じです。手元が不安定なので、カットの目が粗いです。ご了承下さい。

  • キャベツのザク切り
  • キュウリの輪切り(?)
  • 新玉ねぎのスライス
  • にんじんの短冊切り
  • カイワレを洗ってカット

  • なめこの石突をカットして洗っておく
  • トマトのへたを取り洗っておく
  • ピーマンの種とヘタをとり、をカットしておく
  • 小松菜をゆでてカットしておく
  • ホウレンソウをゆでてカットしておく
  • 豚肉をゆでておく

カットしたり、火を通した野菜などは透明なプラスチックのタッパーに入れ、冷蔵庫にいれます。

すると、食べる直前は、冷蔵庫から出したり、トーストしたり、出すだけで済みます。最近人気の「作り置きおかず」まで完成させるには、塩味などを濃いめにする必要があります。そこで我が家の場合は「作り置き」までは「仕上げません」

その代り、食材によりますが、「酢」を振りかけておくものがあります。(例えば新タマネギのスライスやキュウリ、かいわれなど)家族は、もう少し塩分を効かせて食べたい場合は、個別に好みでドレッシング、タレ、調味料を追加してもらいます。

肉類は、基本一度ゆでることにしています。すると火が通るので、焼きたい場合は焼いても炒めても調理できます。ゆでることで脂と灰汁を取ることができます。

いったん火が通っているので焼いた場合「中が生焼け」を気にしなくて済みます。

(画像で見える脂身はカットしています)

この肉はラム肉です。いったんゆでると調理はアレンジ可能です。

味付けは薄味、シンプルでアレンジしやすく

普通はカレーでも良いのですが「カレーは油が多いなあ」と思いカレー粉で薄味に仕上げました。肉のうまみが出ているし、玉ねぎスライスを多めに軟らかくなるまで煮れば、それだけでも旨みが素材から引きでるのです。

家族がもう少し濃い味付けで食べたい場合

薄味→濃い味

へのアレンジは可能です。

けれども

濃い味→薄味

への変更はできません。

結局、最近は家族にも薄味が好評です。追加で足すことはあまりありません。そもそも一般的な味付けが濃すぎなんですね。

意外と、薄味に慣れてしまうと、素材の味の方が美味しく感じられるようになります。私が薄味で食べていると、結局は家族も薄味になるようです。

炊事の効率と健康的なメニューで家族全員が健康に

家事復帰のうち、炊事は戸惑いの多い作業です。これは一般的には「忙しい主婦」でも大変な部分は同じです。身体的に負担が多い状態と、忙しい主婦には少なからず共通点があります。一見立場が違いますが「困っている」ことは似ているのです。

食生活に気をつけなければいけない私と、それ以外の人も食生活に注意が必要なのは同じです。もっとも、食生活には注意しても不具合が生じるということはあります。

私も食事には気をつけていたし、アルコールもタバコも一切無縁です。不摂生とは無縁でしたが、それでも不具合が出ることはあるようです。でも、だからといってどうでもいいわけではありません。

これからも食生活は気をつけていきます。初めは薄味や「腹八分目」が物足りないと思うのでしょうが、すっかりこうした食べ方が定着しています。私が気をつけることで必然的に家族の健康にもつながるのだそうです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ