写真は整理しない。ひと月以内に使う。それ以外は全捨て。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

写真は1か月以内に使います。写真は整理しません。整理は時間と労力の無駄です。撮影して実際に使ってこそ意味があります。

一月以内に使ったものだけ整理するのです。それ以外は、今後見返すことも使うこともないので処分です。

「子供の写真は違うのでは?」

と思うことでしょう。でも、おそらく子供本人は写真よりも親がただ、そばで微笑んでくれることを望んでいます。写真を喜んで撮っているから、子供も喜んでいるのです。

スポンサーリンク



「撮影」か、「その瞬間」を目の当たりにするか

もちろん、二度とない瞬間を心置きなく撮影して良いのです。反面いつしか「撮影すること」が目的化しがちです。

子供の写真も趣味の風景の写真も同じです。撮影したら、すぐに使うことが肝心です。使い道はその人にとって様々でしょう。注意したいのは「整理」で満足してしまうことです。整然と保管されても、一度も見返さないのなら存在しないも同じです。

写真は一月以内に使う

写真の使い道の一例

  • 部屋に飾る
  • 小物に加工して飾り付ける
  • 旅行日記に貼り付ける(ときどき読み返すもの)
  • ブログにアップする
  • フェイスブックにアップする
  • インスタグラムにアップする

見返すことがないのは、整理された写真でも同じです。整理しただけでは「ある」だけです。「何に使うかわからないけれど、とりあえず撮影しておく」はバーゲンで「とりあえず買わないと損だから買っておく」と同意義です。

アルバムの体裁に時間を割きすぎない

それからもうひとつ。特に我が子の写真を扱うときに起きる感情です。写真より大事なのは我が子本人です。ところが、多くの人は、アルバム作りの体裁を整えることに労力を使いすぎです。

根底にある理由は「良い母親」像が形になるからです。また周囲の人が皆、アルバムを作っているからでしょう。

アルバム作りに掛ける時間は自分のために使うべきです。日本の「母」たちは我が子に時間をさきすぎです。アルバムを作らなくても子供はちゃんと育ちます。

何なら、子供本人にアルバムを作らせれば良いのです。アルバム作りなんて、まさに子供の作業にぴったりです。子供がするべき作業を親が奪っているともいえます。

子供が自ら作るアルバムは、いったいどんな風に仕上がるのでしょう。楽しみですね。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ