真にオシャレな人の特徴

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

オシャレは楽しい反面、面倒に感じ負担になることがあります。では、オシャレは無駄なのでしょうか。

中身が大事だから外見を整えることは無駄なのでしょうか。またオシャレは無駄遣いを助長し、環境に負荷をかけるから無用な習慣なのでしょうか。

それとも、他者に自分を実際以上に見せようとする見栄なのでしょうか。

確かに、「毎日違う服装をしなくてはいけない」ことや流行を考慮することは負担に感じることがあります。

けれども、ちょっと質問をさせてください。

「オシャレな女性とオシャレに無頓着な二人の女性」がいるとします。

第一印象で、友人になりたい、もしくは話を聞いてみたい、親しくなりたいと思うのは、どちらの女性ですか。

もちろん、見た目の他、人と接するきっかけは無数にあります。

正直な直感は、どうでしょうか。たいてい、やはりオシャレな女性に視点がいくのではないでしょうか。もちろん、あくまで一例です。

オシャレな女性とは、常に客観的に自分がどう見えるかを意識している人です。同時に他人の様子もよく見ています。

おそらく、本当にオシャレな女性は、どんな状況下でもオシャレをします。

少し前に都内のミュージアムに出向いたときのことです。

少ない持ち物でおしゃれを楽しむ・『~人間は、どれだけ貧しくてもおしゃれをする~』アミューズ・ミュージアムへ。


このミュージアムではボロ布しか手に入らずとも、何としても美しく装おうとする女性の執念 に近い息遣いを感じます。

思うに、その執念とは「生きる」ことそのものなのです。美しくあろうとする執念とは「生」への執念そのものです。

生の意欲と執念。その欲が生き生きとした気配を放つのです。

オシャレな女性に魅力を感じるのは、生への意欲が放たれているからです。

そして、こうした人は、決して妥協とか「とりあえず」という言葉をほとんど持ち合わせません。ハンカチ一枚、スカーフ一枚、ボールペン一本選ぶのにもポリシーがあるのです。

最近、「こだわって選ぶ」という表現をよく見かけますがオシャレな人が選ぶ根拠は「こだわり」ではありません。ポリシーなのです。

一本筋の通った、その人なりの価値観、生き様です。その結果が総合的にオシャレと映るのです。

そういう人は、ぶれない。流行ものがあっても自分が良いと思えば取り入れる。しかし、良いと思わなければ決して取り入れることはありません。

独自のポリシーさえあれば、何を着るかと延々迷い続けることはないのです。

そうした独自の凛とした生き様が、周囲に放たれます。

人は強い様を発している人に引き寄せられます。そして本物の強さを放っている人は例外なくオシャレです。

オシャレとは生きるエネルギーなのです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ