行列には並ばない。信号の点滅は走らない。電車が発車しそうでも急がない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

階段を駆け上がり(駆け下り)電車に飛び乗っても、信号の点滅に気が付いて走っても、行列に並んでも、行動の結果にたいした違いはありません。

いつものペースで階段を上っているとき、電車が発車してしまったのなら、次を待てば良いのです。首都圏の電車なら数分待てば次の電車がすぐ来ます。赤信号の点滅に気が付いても、走る必要はありません。自分の目の前で信号が赤になっても、信号は間もなく再び青になります。話題のお店の行列に並ばなくても美味しいお店は他にたくさんあります。

駅のエスカレーターは関東は右、関西は左を空ける習慣があります。「急ぐ人のために」空けるそうで、たまに知らずに塞いでいる人がいると、「急いでいる人」はイライラしたように仕方なく立ち止まります。

本来、空ける必要のない右側や左側の通路なので、本当のところ「急ぐ人」が迷惑な人です。ところが、たまに知らずに通路をふさいでしまった人が悪いかのような空気がその場に流れます。

それにしても「急いでいる人」はそんなに偉いのでしょうか。急ぐならもっと早く家を出れば良いのです。もしかすると、別に急いでいるわけではなく、じっとエスカレーターに立っているのがじれったいだけかもしれません。

スポンサーリンク

焦る気持ちに関わらない

行列が出来るところには、たくさんの人が集まります。行列の中には「並ぶ」ルールにピリピリしている人が必ずいます。「行列を楽しむ」という感じでゆったり並んでいる人もいますが、そうではない人が必ずいます。時間があるなら並ぶのは構わないと思うでしょうが、不運に居合わせる「過剰にピリピリしている人」に行列は遭遇する確率が高くなります。そういう雰囲気を感じること自体が損失で無駄です。

もちろん、人が多いところで生活すれば、何かしら妙な人に遭遇することはあるかもしれません。ですが行列は自ら出向かないことで遭遇する確率は減らせます。

青信号の点滅に気が付いて走って渡るメリットもありません。第一、息切れします。途中で転ぶかもしれないし、乱暴な運転の車に気が付けないかもしれません。点滅の変わり目のせいで危ない目に遭うかもしれません。第一傍目に見てあまり感じの良いものではありません。

電車に乗って移動するときには余裕をもって家を出れば電車に駆け込む必要はありません。階段を駆け上がる必要もありません。

行列が出来るところには必ずイライラしている人がいます。そういう場面に関わってプラスになることはひとつもありません。

気分よく過ごせない可能性のあるところには近づかない

行列だけではありません。セールなどで人がごった返しているところでは、お互いのマナーがぬるい事があります。安く買えるうのは良いのですが、その分、気分が良くない思いをすることがあります。物を買う事は近い将来にプラスの効果を期待してということは多々あります。ところが安いからと言って気分が良くない思いをしたのではその品を見る度に心がスッキリしないことになります。

つまり、イライラしている人や、心に余裕のない人がたくさんいるかもしれないところに足を運ぶことは、わざわざマイナス効果を受け入れに行くことになりかねないのです。

たいていの場合、損か得かはお金で換算しようとする人は多いです。「世の中、お金じゃない」と言いたいのではありません。自分にとっての利益や不利益は、お金以外の要素もあるということです。たとえば「いやな気分にならない」とか「気分よく買い物できる」ことも利益のひとつです。反対に「イライラする人、感じの良くない人」と遭遇するのは不利益のひとつです。

信号の点滅を見たり、発車しそうな電車に気付いて階段を駆け上がり(駆け下り)焦る気持ちになる事は損失です。信号の点滅を見ても焦らず余裕で歩くことが出来れば影響を受けていないので得も損もしていない状態です。

たとえ安く買う事ができても、長時間並んで時間と気分を消費すればお金に換算はされませんが損失です。

まとめ

  • 混雑したところに行かない
  • 極端なセールに行かない
  • 青信号の点滅で走らない
  • 電車に駆け込まない
  • 行列に並ばない

のようにします。

理由はこれらで得をすることはないからです。正確に言えば、こういう場所には心に余裕のない人が集まっています。その渦中に自らを置いてもプラスになることはひとつもありません。

セールは安く買えるメリットはあります。けれどもその価格と引き換えに得たものは本当に自分が必要としているものでしょうか。割と「負けじ」とばかりに雰囲気にのまれて「買わないと損」のような気持で買っていいることがほとんどでしょう。

けれども、その代わり得したつもりで失っている物があるのです。余裕のない状態の行動がもたらす損失は目に見えにくいのですが、それは何かと考えてみることが重要です。

スポンサーリンク
ブログ村テーマ
ブログ村写真バナー

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ




sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。