本にフセンを貼ったら「ひと月以内に実行する」と決めてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

フセンを貼った場所には、すぐ行ってみましょう。「そのうち」と思わず「行動する」が大事です。書いてあることを実行してこそ情報の価値は活きてきます。

もっとも、私はそんな風に「フセンを貼った場所にすぐ行ってみる」なんてことはしていませんでした。

買った本、図書館から借りた本、ネット、などで「ここ、行ってみたい」と思う事があります。そういう時、フセンを貼ったり「お気に入り」に登録したりします。

スポンサーリンク

パソコンの「お気に入り」、本に貼ったフセンは実際に活かす

「行ってみたい場所」はすぐ行ってみる

ある時、本棚を整理したり、パソコンやスマホなどの画面を整理したときフセンを貼ってある個所や「お気に入り登録」されたところがいくつもあると気づきました。

フセンや「お気に入り」をざっくり確認すると「行ってみたい」と思った場所や「やってみよう」と思って「とりあえずキープ」した情報でした。

改めてそれらを確認すると気が変わって、もう行く気にならない場所もあれば「行こう」と思っていたのにすっかり忘れていた箇所など様々でした。

いずれにしても、月日の経過ですっかり気分が変わっているので、いったんフセンは全部外し、「お気に入り」はほとんど削除しました。

けれども何となくスッキリしません。本のページの隙間にはみ出していたフセンは消えたし、パソコンやスマホの画面はスッキリしたのですが、何かモヤモヤした気分が残ります。

そんなある日、図書館から借りたガイドブックの貸し出し期限が近づいていることに気付きました。そのガイドブックはいずれも日帰りで行こうと思えば行ける範囲の観光ガイドブックのようなものです。

「そのうち」ではなく「すぐ」行く

その本にも2か所にフセンが貼ってありました。フセンの箇所を確認すると、そのうち1か所は先日出向いたので迷うことなくフセンを外しました。残るもう一か所は、まだ行っていないところです。

その日は予定がなく、その場所も行こうと思えば行ける場所です。そこで決心しました。

「この本を返す前に、フセンの場所に行ってみよう」

反対に「行こうと思えばいつでも行ける場所」は、案外先送りしてしまうことがあります。更に、特に世間で話題になるようなこともない様な場所なのでなおさらです。

フセンを貼ったことは実行する

単にフセンを外して図書館に返せば良いだけなのですが、「それではこの本を読んだ意味がない。」のです。そこでフセンの場所に、その日行ってみることにしました。

行ってみたら、予想外に楽しめて予定の時間をオーバーしてしまいました。「おすすめですよ。ぜひ、行ってみてください!」とブログに書くほどのところでもないのですが、明らかに帰路の気持ちには大きな変化がありました。

実行すれば保管を迷わない

それは率直に、その日行った場所が予想外に興味深かったこともそうですが、それだけではないのです。本の中で発見して興味を持った場所にフセンを貼るだけで終わらせないということ。実際にその場所に行ってみてフセンを堂々と外すことこそに大きな意味があるのです。

実際に、図書館に返す前にフセンを貼った場所に行ったあとは何のためらいもなくフセンを外すことができました。

もう、「このフセンのページをコピーしておこうかな?」いや、「メモでいいかな?」というように思考が右往左往しません。それは書いてあることに興味を持つだけでなく実際に行動して活かしきったからです。

さいごに

読み終えた本の処分と保管を迷うのも、洋服の取捨選択を迷うのも、それ以外の物でも要は同じです。何かを手に入れて感情が動いたならばできるだけ早く実行するのです。

そうすれば持ち物の保管に迷う事は激減します。このような小さな積み重ねが家の中の状態に影響するのです。

スポンサーリンク
ブログ村
ブログ村テーマ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ




sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。