節約効果だけではない。車を持たないメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

車を持たないことの節約効果は相当なものがあります。けれどもメリットはそれだけではありません。今回は、初めに「車を持たない」節約効果を挙げ、次に節約以外のメリットを紹介します。

もちろん、お住まいの状況や家族の事情その他で車を持たざるを得ない事があるかと思います。我が家でも以前は車は必需品でした。数年前まで住んでいたところでは、車を所有していました。

結婚直後から子供が小学校に上がるくらいまでは普通車を二台(夫と私用)の所有です。けれども今の住まいに来たタイミングで、思い切って車を手放しました。おかげで様々な車に関係する費用をカットできています。

スポンサーリンク

車を持たない事で節約できていること

  • 車両代
  • 毎月のガソリン代
  • 駐車場代
  • 外出した際の駐車場代
  • 車検費用
  • 保険料
  • 税金
  • 洗車代
  • メンテナンス費用
  • タイヤ買い替え費用

車を持たないだけで、これだけの費用をカットできます。その他、車がないと、気軽に持ち帰ることができないので、買い物のし過ぎの抑制効果があります。

帰省は新幹線とレンタカー利用

それから、なんといっても自分で車を運転しないので事故を起こすリスクはゼロです。帰省の際は、新幹線で最寄り駅まで移動して現地ではレンタカーを借りています。

レンタカーの費用は現地でちょこちょこ短距離しか走らなくても、こちらからスタートして長距離を移動してもレンタル代は契約日時内は同じ料金です。

つまり、コストだけを考慮すれば自宅最寄りからレンタカーで移動する方が安く済みます。それでも帰省の時には実家の最寄り駅までは新幹線を利用しています。

つまり、新幹線の費用分、余計にお金を使っているのです。節約という観点では少しも良い面がありません。ですが、新幹線をあえて費用をかけて使うのは別の点を考慮しているからです。

何より大事なのは事故を起こさず、疲労せず安全に自宅と実家を往復することです。我が家で新幹線にお金を払うのは「安全」に対してお金を払っているのです。

もちろん、新幹線を利用しても、まれに遅れなどが発生することがあります。けれども事故の発生する確率は車に比べて相当低いはずです。何より車を運転する夫が疲れずに済みます。

普段、車がないことで、多大な節約が出来ています。だから年に2回ほどの新幹線とレンタカー代の費用を少々使っても、十分、お釣りが出る結果となっています。

車を持たない事で、当初このような事を不安に思いました。そのため「もし、車がないと無理なようなら、改めて購入しよう」という事も考慮していました。

車を持たない事で、当初不安を感じていたこと

  • 子供が自力で動けない熱を出した時、病院に連れて行くのが大変なのではないか
  • レジャーでいろんなところに出かける時に不便ではないか
  • 電車とバスの時間に縛られて時間にゆとりがなくなるのではないか
  • 子供の送迎などで不便はないか

結論を言えば、全て取り越し苦労でした。

一番心配だった子供の病院問題ですが、幸いに自力で動けなくなるような状態になったことはありませんでした。

レジャーと言っても子供を含めて家族全員で出向くのは、幼いうちだけです。そのため、現在の場所に来た時には子供が親と行動しなくなるボーダーラインの時期でした。そのためこちらに来てから家族全員でレジャーに行ったのは1~2年です。

電車とバスは数分おきに出ています。時間の心配は皆無です。

子供の送迎ですが、基本的に、子供同志で電車やバスで移動できるところが中心でした。

節約効果以外の「車を持たない」メリット

車を持たないと節約効果が大きいのは明白です。それ以外にもメリットがあります。それは次のような事です。

  • 事故を起こすリスクがない(人身的な事故)
  • 車同士の物損事故のリスクがない
  • 車を通したトラブルのリスクがない(女性一人で運転しているとあおられる、無理な割り込みなど)
  • 車に関する事を考えなくてよい
  • 車の手入れなどに時間をとられない
  • 在宅か否かなどを詮索されない(自宅の駐車場に一人一台が普通のところでは車の移動で生活サイクルが丸見え)
  • よく歩くようになる
  • スケジュール管理が上手になる

車がない事で、単純に車に関する一切の思考から回避されました。その分、別の事に集中できます。同時に車に伴う事故やトラブル、イライラに遭わずに済みます。電車やバスを使う事で、運転はプロの運転手さんにお任せできます。後は乗るだけで目的の場所に行くことができるのです。道に迷う事も一切ありません。

車がないと、「時間に無駄が起きるのではないか」と思われることでしょう。ところが実はその反対です。車があると「いつでも何度でも外出できる」と思ってしまいます。ところが電車、バス、徒歩の場合、そう何度も出入りするわけにはいきません。

そのため、外出の効率性を工夫するようになります。帰って以前より時間の無駄がなくなりました。

それ以上に、「よく歩く」事が習慣になります。車を中心に移動していたころは「歩く」なんてめんどうくさいと思っていました。ところが「歩く」ことは思った以上に実は楽しい行為でした。第一に気分がリフレッシュされます。

実家の周辺でバスと徒歩を利用して感じた意外なこと

実家と同市に住んでいたころは自転車すら乗らなかった

実家は地方ですが、県庁所在地の住宅地です。そのため、こちらほどではありませんが、公共の交通機関はほどほどの利便性があります。

3年ほど前、用事があり私一人で実家に行き、レンタカーを使用しないで市内をバスと徒歩だけで移動しました。実家で暮らしていたころは、社会人になってからすぐに車を買いましたので、自転車すら乗ったことがありませんでした。

久しぶりにとバスで移動してみたら

改めて実家でバスと徒歩で移動してみると、車を使っていた頃は「遠い」と思っていたところも十分歩ける距離だったので驚きました。また、バスに乗っている時間ももっとかかると思っていたのですが、久しぶりに乗ってみたら「あれ?こんなにすぐ?」と驚きました。

ただし、それは季節の良い平日の日中だったということもあるでしょう。冬になるとしばしばバスは相当遅れますし、渋滞も発生します。本数はこちらほど多くはありませんが、ほどほどの本数が出ています。以前はとにかく「歩く」ということをしませんでした。

20分歩いたら驚かれた

こちらに来てから「歩く」を何とも思わなくなったので実家から徒歩20分の美容院から歩いて帰ってきたら、家族からびっくりされました。さらには徒歩15分ほどのスーパーに歩いて往復したら、近隣を歩いている人は皆無。その代り周囲を車が頻繁に通りすぎていきます。

さらに、用事の先にバスで行った帰り、途中を徒歩で歩いてみました。するとよく知っていると思っていた街なのに「あれ?こんな道があったんだ。」と知らなかった道や史跡に気付いて驚きました。しかも、その移動距離も「絶対に徒歩は無理」と思っていましたが、歩いてみたらほんの20分程度でした。

寒い時期はこの限りではないでしょうが、少なくとも季節の良い時期は、十分歩いて移動できるものだという事に驚きました。

地方の車事情の一部は「あるから使う」

物と同じで車もまさに「あるから使う」という現象も多少はあると感じました。冬や雨天の日はともかく、意外と歩いて移動できる距離も「車で移動するのが当然」の認識でどこでも車を使ってしまうのです。

「車がないと移動できない」という思い込みがあるために、季節の良い時期や短距離でもどこに行くのにも車を使ってしまうのです。確かに歩くより車を使う方が楽です。それぞれの事情によって車でなければ移動できない人もいます。

体力のある大きな子供や若い世代の健康な大人も車で移動する

その反面、車を使う必要のない体力のある大きな子供や大人までもが365日車で移動するのが普通になっています。そうすると必然的に車が有利な道路の構成になってしまいます。

場合によっては大型の車に平日は一人しか乗らずに移動している光景も珍しくありません。最近は大型でも燃費の良い車があるのかはよくわかりません。けれども燃料を消費することに違いはありません。

どうしても車の移動が必要な場合は別ですが、徒歩やバスでも十分な場合も実は意外とあるようです。全てが同じような条件にないでしょうが、少し意識すれば可能なケースはあるはずです。

なぜ、歩かないか?

単純に多くの人にあるく習慣がないからです。そして、幼いころから車で移動するのが当たり前になっています。もちろんそれは都心と比較して公共の交通機関の利便性が劣っているという事情はあります。けれども場所にもよるでしょうが少なくとも実家周辺ではそれほど不便というわけではありません。

おそらく、「良い車の所有」がステイタスになっているからでしょうか。もっとも、最近は私が若い年代の頃とは違い、「若者が車に興味ない」とされているようですが、実家周辺ではまだまだ車の存在意義は現役です。

都心周辺では、車の車種が、その人の中身と連動していると考える人はそれほどいなくなっていると推測します。ところが少なくとも実家周辺のように、まだまだ車の車種と所有の有無が、その人の所得水準と連動していると判断する人が多数派のようです。

私にとって、すでに車の所有の有無や車種の違いは、単に個人的な趣味の範疇か、実用的な意図であるという認識しかありません。

けれどもまだまだ、そうではないケースが多いようです。もしかすると本当は、せめて小型車に変えたかったり、持たない選択をしたくても「世間の目」を気にして今だに大型車や「何が何でも所有する事」に「こだわって」はいないでしょうか。

さいごに

車を持つことも、大きな車に乗る事も、収入に対して無理がなく、どうしても必要であるか、何が何でも好きであるなら問題はないのです。

よく考えた方が良いのは「車がないと恥ずかしい」とか「小さい車ではお金がないと思われる」などの理由で適切な車の持ち方をしていない場合です。

特に車は車種によって維持費に直結します。毎月は大きな金額でないようでも数年にわたると相当な出費となります。ちょっとした見栄やあるかないかわからない他人の視線の自意識過剰が経済状況に影響を与えます。

車の排気量による車種の違いはたとえ維持費がかかっても「大きい車の方が安全性が高い」というような確固たる理由があるなら良いのです。

車に限らず同じ事は全ての持ち物に言えます。「絶対に必要」と思っていたことも、実は思い込みに過ぎないことがあるのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ自己啓発
今月のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。