家族の持ち物が片付く5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「家族が散らかす」というのは半分正解ですが半分間違いです。収納場所が使いにくいことが理由で片付けないだけという事は多々あります。

家族全員にストレスのかからないハードルを下げた収納のコツは以下の5つです。

  1. 引き出しに入れない
  2. 蓋を付けない
  3. 扉を付けない
  4. 中身を見えなくしない
  5. 詰め込み過ぎない

収納のハードルを下げるコツは、できるだけ出し入れする直前のアクションを減らすことです。物は使うためにあるんです。しまうためにあるわけじゃありません。

ありがちなのは「収納の扉を開けると、ファイルボックス、かご、収納引き出しが並んでいる」という収納です。

スポンサーリンク

画像的な美しさと使いやすさは違うもの

出し入れのアクションが多い収納は使いにくい

確かに画像的にそういう光景はきれいに片付いて見えます。その代り実際に使う段階になると、扉を開ける、引き出しを引く、という動作が必要です。「物」に到着するまでのアクションが多いほどに収納のハードルがあがります。

いったん、きれいに片付いてもリバウンドする理由はこれです。片付ける前後のアクションが必要なので面倒くさくなって続かないのです。

さらに、中身が見えない場合、ラベルを貼れば良いと思うかもしれません。けれども今度は「ラベルを読む」というアクションがさらにもう一つ加わります。一番良いのは「一目で見てわかること」です。つまり、ラベルを読むより見てわかる方が簡単で認識するスピードが速いのです。

中身が見えない収納は使いにくい

見た目を重視するあまり、扉や引き出しなど「中身が見えない」物に入っていることが多々あります。また、スッキリ見せるために、中身が見えない素材や色である傾向も大きいです。

雑誌、テレビ、本などで「スッキリ片付いた部屋」を見ると、高い確率で無印良品の収納引き出しや扉付きの収納キャビネットなどに入れてあります。さらにファイルボックスやカゴの利用も目立ちます。

確かに、引き出しやファイルボックス、カゴに入れればスッキリ見えます。けれども主婦本人は元に戻せますが、家族が使えなければ意味がありません。見た目を重視して使いにくく面倒な収納になってはかえって「元に戻さない」という現象がおきます。

我が家も例外ではありません。以前は引き出し、中身が見えない収納ボックス、蓋つきのかごなどに物を入れてきました。実際、これらに収納するとスッキリします。

片付けのリバウンドの真の原因は、出し入れしにくいから

けれどもまた散らかるというリバウンドが起きます。それは中身が見えないので、どこに何を戻すか忘れること、入れっぱなしになってしまうこと、そもそも出し入れがめんどうくさい(蓋や引き出すというアクションの手間)ことになるのです。

特に息子は以前から、蓋、扉、引き出し、見えないという収納になると戻しません。よくこういうことは「片付けのしつけをしてこなかったからだ」と言われていることがありますが、本来人は面倒くさがりなのです。

片付けにばかりエネルギーを消費しない

人生で片付けにばかり時間とエネルギーを使いたいと思う人は少数派です。片付けが趣味の人は、あえて面倒な方法を取っ手も構いません。ですが、片付けは基本的に脇役です。であれば、自分や家族にストレスフリーの方法をとるのが最善のはずです。

見た目より、元に戻しやすい収納を

というわけで、我が家では見た目重視より実用重視です。使えない収納より、見た目を度外視しても「元に戻せる収納」を優先しています。

特に息子が出しっぱなしにしやすい細々したもの、コード関係、身支度小物・・などはいつもリビングの鏡の前にゴチャゴチャ置いてあります。そこで収納はその場所に設けました。使ったのは無印のクリアボックスです。本来はCDケースです。

その隣にある3段引き出しには家族が「あれどこ?」と聞きそうな細々した小物(爪切り、体温計、自転車のかぎ、虫刺されの薬など)や病院の診察券を入れてあります。

無印クリアボックスを利用した「見栄えより使い勝手」を重視したコード類の収納

もし「家族が片付けてくれない」と思うなら、片付けないのではなく、収納のハードルが高いのかもしれません。

可能な限り「見える」ようにすることです。

一か所に入れる物は少なく

さらに、一つの場所に物を入れる量を減らすことです。例えばきっちり丁寧にたたんだシャツ・・は、几帳面な人ならいざ知らず、元々面倒くさがりの人は出し入れのときに片手で使えません。

一つの場所に、密度が濃い状態で入れた場合、片手で他の物を抑え、もう一方の片手で取り出すという動作を無意識に行っています。つまり両手を使う必要があります。

密度が薄い場合は、両手を使う必要がありません。片手で出し入れできます。

片付けのハードルを下げるには片手で出し入れ可能にすることです。そうすると面倒が減るので元に戻すモチベーションが維持できます。

さいごに

我が家の息子の場合、見えない収納は絶対に持続しません。見えていても蓋や引き出しがあるとアウトです。そこで、

  • 見える
  • 蓋、引き出しがない

方法に徹することで、さすがの息子も、元に戻しています。洋服も小学生の時からオープンラックに吊るす収納です。

もし、我が家でコード類の収納を無印の収納引き出しにぴっちり仕切りを付けていたとしたら、毎日コード類は引き出しの外に出しっぱなしになることでしょう。その都度注意するのもアリでしょうが、家族の年齢によってはいちいちそうもいっていられないことがあります。

そもそも、収納のハードルが高いのに「注意」するという行為は主婦が「見栄えの良い収納を維持したい」というエゴである側面があります。

その辺の判断は難しいものがあります。けれども、女性は収納に凝りだしたとき、つい実用性より見栄え重視に傾く傾向があります。それは悪い事ばかりではありませんが、時に家族に無理を強いていることがあります。

見栄え重視にする場合は「家族が協力しない」のではありません。「見栄えを重視したい私に協力してもらう」気持ちが必要でしょうね。

家族に無理を強いないで、スタンダードな片付けを用意してこそはじめて、堂々と「元に戻してね」と言えるのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。