片付けと断捨離に必要な、たったひとつのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

片付けや断捨離に必要なコツは実はひとつしかありません。それは「自らが実際に動く」ことです。それ以上でも、それ以下でもありません。

片付けや断捨離に関する情報は山ほど出ています。どんなに情報を取り入れても自らが実際に物を動かさない限り片付くことはありません。この世にあるものは自然に任せていれば、どんどんランダムになっていくのが常だからです。

スポンサーリンク

片付けや断捨離とは自然な流れを止めること

片付けや断捨離とは、つまり、自然な流れを止めることです。人の手を加えて人工的に強制的に秩序をもたらす行為です。

ということは、ひたすら人が動くことでしか解決を見ないということです。ところが人の本音は「出来るだけ動きたくない。」「出来るだけ、考えたくない。」という欲求があります。つまり「ラクをしたい。」

「できれば魔法のように一瞬で物が片付く方法はないものか?」

そんな希望を求めて人々は片付けや断捨離の情報に飛びつきます。けれども、誰しも薄々気付いているのです。少々の順番やコツはあるけれど、ひたすら「動く」ことでしか物は片付かないと。

片付け、断捨離の問題は、「いかにして動くか」の問題

つまり、片付けや断捨離のコツとは「いかにして動きたくない自分を動かすか」の問題であるともいえます。「出来るだけ動かずにラクしたい自分」を動かす方法を知ることこそが、片付けや断捨離の真のコツなのです。

その証拠に、家の中がスッキリ片付いている人には共通していることがあります。それは「マメに動く」ことを苦にしないことです。また、何かを出したら出来るだけ早いうちに、「すぐにしまう」が徹底しています。

おそらくこの種の人が住まいを片付けようとするときには、片付けの方法のテクニックを知ろうとすることはありません。まずは、手を動かし、体を動かし、実際に身の回りの物を動かすことから真っ先に開始するはずです。

片付けが上手な人は「あとで」が苦手

それから、この種の人たちは「あとで」という事が苦手です。たいていは、できるだけその場その場で元の状態に戻そうとすることが習慣になっています。

つまり、片付けや断捨離に一番必要な事は「こまめに動く」ことです。テクや方法を知ろうとするよりも先に「まずは動く」動かない限り物が魔法のように一人で移動することは絶対にありません。

いわば、片付けや断捨離の方法は、もう世に出尽くしています。原則はいずれも大差ありません。

ちなみにその原則とは

  1. 最初に物を減らす(いらない物を処分する)
  2. 分類する
  3. 使いやすく整理する

です。

さいごに

世の中に出回る大量の片付け、断捨離の情報はこうした原則の詳細を細かに説明しているにすぎません。実は物事はシンプルなのです。

肝心なのはいくら情報を取り入れても、自ら動かない限り物は片付かないということです。物が片付く原則とは「自らが実際に動くこと」たったそれだけなのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。