無印良品で買って損はない品はコレです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

無印良品週間中なので、無印良品で買うのがベストな商品を紹介します。

いろいろ使って来ましたが、やっぱり無印良品のコレが最高!と思うのはズバリ洗濯バサミです。洗濯バサミなんて「人に見せるわけじゃなし」「どれを選んでも大差ないし」「多少違っていたからって何?」という思いもあることでしょう。

けれども毎日使うものです。そのため、これが使いやすいと日々のちょっとした動作が楽になります。何より家事のプチイライラが生じにくくなります。

それでは、現在我が家にある洗濯バサミで比較してみます。以前は無印良品だけで統一していましたが、足りなくなって買い物の先で買い足していたら、こんな風に複数種類に増えてしまいました。

一見、「全部同じ?」に見えますよね。

画像ではわかりにくい形状などを説明します。

  • ①無印良品ポリプロピレン製
  • ②無印良品ポリカーボネート製
  • ③100均品ポリカーボネート製
  • ④一般メーカー品ポリカーボネート製
  • ⑤スーパーPB品ポリプロピレン製
スポンサーリンク

洗濯バサミとして使用した場合の比較と順位

1位 ④一般メーカー品ポリカーボネート製

かなり前にスーパーの家庭用品売り場で購入しました。価格は無印良品ポリカーボネート製より高かった記憶があります。この中で一番造りがしっかりしています。洗濯バサミの先端が丸くなっています。(無印は角ばっています)厚みがこの中で一番あります。一度買うと相当長く使えるのには違いありません。

これまでポリプロピレン製にありがちな「パチッ」と割れることをいまだ経験していません。

2位 ②無印良品ポリカーボネート製

上記の一般メーカー品ポリカ―ボネート製の良さを知るとポリプロピレン製に戻れなくなります。以来、無印ではいつもこれを買うようになりました。

無印の現行品の洗濯ピンチハンガーのピンチはこれが使用されています。(万が一、壊れたらこれを買えば付け替えできます)形もシンプルで丈夫です。④と比較すると少し薄いですが、それは④があまりに堅牢なのでそう感じるだけのことです。

無印の従来型洗濯バサミ①のポリプロピレン製)と全く同じ形、厚みですが、丈夫さが違います。「パチッ」と割れたことは今のところ一度もありません。

さらにこの製品の良さは十分な強度がありながら安いことです。ポリプロピレン製より高いのですが、長く使えることを考えると十分元は取れます。この品質で10個入り160円は良いと思います。

3位 ①無印良品ポリプロピレン製

ポリプロピレン製より強度は低いですが、パチッと割れる頻度はそれほどありません。ポリプロピレン製にしてはかなり丈夫です。②のポロカーボネート製より強度は低いですが、ポリプロピレン製にしては優秀な強度です。

使用環境にもよりますが一年は持ちます。なんといっても10個入り80円という安さはメリットです。

4位 ⑤スーパーPB品ポリプロピレン製

洗濯バサミが足りなくなったので、急遽ネットスーパーでついでに注文購入したものです。価格はそんなに安くありませんでした。

ポリプロピレン製なので、こんなものかもしれませんが、買って数か月で何度も割れています。同じポリプリピレン製でも、無印のものは一年くらいは持ちますから、これはかなりコスパが悪いです。これはおすすめしません。

5位 ③100均品ポリカーボネート製

100均に行った時、ポリカーボネート製というので買ったものです。画像ではわかりにくいですが細身の造りです。

洗濯物を挟むには挟む力が弱すぎます。厚手の服や風の強い日には落ちます。価格のせいもあってか、造りも細みです。ただし割れることは今のところ経験していません。

洗濯バサミとしてはおすすめできませんが、食品の袋を留めたり、室内干しのインナーをちょっと挟むくらいには十分使えます。

rimg0833

洗濯バサミの品質としては、一般メーカー品ポリカーボネート製が一番良いです。ただしこれは、どこでも買えるわけではなく、価格が高いです。

そのため、一番お勧めするのは無印のポリカーボネート製です。無印は全国にあり通販もあります。どなたでも購入可能です。さらに、品質の割に価格が安いです。もちろん、ポリプロピレン製と比べると倍の値段ですが10個で160円ですから、それほど気になる価格差ではありません。

もちろん、無印のポロプロピレン製の方も、良い品です。従来はこちらしかなかったわけですが、ポリプロピレン製にしては、他の一般品と比較するとかなり丈夫です。場合によっては時々買い替えすることを前提に安いこちらを選ぶのもアリでしょう。

無印良品の洗濯バサミが良い理由はほかにもあります。画像を見るとわかりますが、通常の洗濯バサミは丸い金属が脇に出ています。これに洗濯バサミの先端が引っかかってイライラすることが生じます。ところが無印はこの丸い金属がありません。脇がスッキリしています。洗濯バサミの先端が引っかかることがありません。

さいごに

何より余計な色がないのでスッキリしているデザインが良いですね。無印良品の洗濯バサミはこのほか「物干し用」もあります。こちらも両方の素材の製品があります。

というわけで、無印良品品が断然おすすめなのは洗濯バサミというお話です。無印良品週間のお買い物の際にでもお試ししてみてください。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。