ユニクロU(ルメール)ブロックテックコート+E(メンズ)を女性だけど自分用に買いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

rimg0810

私はアウター好きです。普通のトップスとかボトムスのラインナップは狭いです。ところがアウター類は状況に応じてこまめに変えたいのです。一般に、「持たない暮らし」を心掛けている方の場合、特にアウターは数少なく持つ方が多いですね。でも私はその反対ですね。どんなことでも「こうでなくてはいけない」ということはありません。

スポンサーリンク

ユニクロUメンズもののコートを着ることを思い立つ

そんな中、最近はメンズもののコートを思い切って購入しました。それは、ユニクロUのブロックテックコートです。色はオリーブ、サイズはSを買いました。

もっとも、このコートの存在を知った時、初めは自分が着ることなど全く想定していませんでした。けれどもネットで画像を見ているとき「もしかしたら、これはいいんじゃないか」という思いが、突然沸き起こったのです。

超大型店舗でしか扱っていない

通販での購入が可能ですが、現物とサイズ感が気になったので最寄りの大型店舗に行きました。

ところが見当たらないので店員さんにスマホの画面を見せつつ確認したところ、商品番号を確認すると「商品番号の脇にEと付いているものは、超大型店舗の扱いです。ここは大型店舗なので扱っていません。」とのことでした。

ユニクロ銀座店に出直し

「せっかく来たのになあ」と思いつつ、翌週に、ふと「超大型店舗」に行ってみることにしました。せっかくなので銀座店(店舗面積世界一だそうです。)に。休日なので正午から通りの道路は歩行者天国になります。

img_0562

混雑しないうちにと早めに出かけたのですが、店に入ったのは11時半頃でした。ここは11時開店ですが、入店直後はまだ客もそれほどおらず余裕がありました。

ユニクロUメンズは12階に

ユニクロUは最上階の12階にあります。昨年、イネスのライトダウンコートを買いに来たときにはウィメンズの階しか行かなかったため低層階をさっと見て店を出て来ていました。

エレベーターで一気に行くこともできますが、見学も兼ねてエレベーターで乗り降りしました。銀座店のユニクロはあちこちで英語や中国語が飛び交っています。「TAX FREE」の表示もレジ脇に目立ちます。(もちろん外国人観光客対象)

店内の雰囲気はロープライスのイメージが大きいユニクロと違い、ちょっとしたブランドのような高級感とおしゃれ感が漂っています。他にも一般店舗や普通の大型店舗では見かけない品も何でもそろっています。ここに来ると「買おうと思った色やサイズが品切れ」が滅多になさそうな印象です。

階ごとに試着室とレジがありますが、メッシュ状の大きなバッグが供えてあります。それに購入検討の服を入れて階を移動することができるようです。(未確認なので確認してください)

エレベーターで12階まで行くのは時間がかかりますが、店内の雰囲気を見られるので、それなりに面白いです。(ちなみに、下りのエスカレーターで気付いたのですが、中層階のベビー&キッズのエスカレーターだけ、出だしのスピードが遅くなっていると気付いて感激しました。)

ようやく試着

ようやく、最上階の12階に到着しましたが、客はまばらでした。目的のコートはエレベーターの脇に掛けられていました。ネットで見て色はオリーブと決めていましたが、念のため黒も試着。おそらくサイズはSが妥当で、もしかすると大きすぎて着られない可能性もあります。初め、店頭に出ていたものではオリーブのSがありませんでした。そこでブラックのSとオリーブのMを持って試着室へ。

試着してみるとやはりMでは大きすぎました。Sを着ると、場合によってはそれより小さくても良さそうですが、今のトレンドとこのコートのサイズ感は大き目なので、Sでも問題なしでした。店員さんに尋ねてオリーブのSを出してもらいました。(在庫があって良かったです)オリーブSだけ始めでていなかったのでこの色、サイズが一番売れているのでしょうか?

肩が張っているせいかメンズ物がしっくり

何より、私は肩が張っていてレディースものの服は肩と胸回りが窮屈で選ぶのに苦労することが多いのです。ところがこのコートはメンズものということもあり、まったく違和感なく着られました。さらに実際に着てわかったことですが、肩の部分に、絶妙なふくらみがあるのです。普通、メンズものではこういう感じがないと思われますが、あえて女性の私が着ることで、運よくメンズものの堅さを和らげている気がしました。

トレンチのパーツがないのにチープ感がない

そして、このコートには普通のトレンチコートについているパーツがボタン以外一切ありません。常々、トレンチコートは好きですがそういうパーツがあることで、全体がごつくなります。そうかといって、省略した服もいろんなショップで販売されていますが、そうするとチープ感が先に立ちます。

ところがこのコートは一切のパーツがないのに、(ボタンは少し安っぽいけど)チープ感とか手抜き間がないのです。絶妙な襟の堅さのおかげで襟を好きに立てることもできますし、シンプルなのにありがちな「コスト削減のためにパーツを省略しました」というのではない巧妙なデザイン性を感じたのです。

購入の決め手になったこと

似合うか、気に入ったか

そして一番大事なことは「自分に似合うか、似合わないか、気に入ったか、気に入らないか」です。まず、デザインは自分には似合うのではないかと思いました。とかくレディースもの曲線的な服が似合わないと感じる昨今は、着る物を選ぶのに苦労していました。

そしてマニッシュな服を選ぶと落ち着くことが多いと最近になって気付いたのです。けれどもあくまでマニッシュスタイルであって「メンズものを着る」とは思いもよりませんでした。

夫用の購入もうっすら検討したが却下

現物を見て、夫の日常用に良さそうならブラックを買って行くことも想定していました。けれども素材と現物のデザインを見た時に「これは夫には似合わない。着用感も気に入らず、おそらく買っても着ないだろう。」と判断。夫用に買う事は却下しました。

独特の素材感のクセ(迷った唯一の理由)

まず、ネット上にもあまり書いている方がおられない独特の素材感があります。それが良いと思うか良くないと思うかがこのコート選びの重要なもう一つのポイントになると思われます。

それは「ブロックテック」の名の通り、雨風をブロックするための素材が内側にほどこされていることです。悪く言えばレインコートのような素材感です。この素材は、果たして何年持つのか想像が付きません。

また、このコーティングのために表面の生地はコットンなのですが、裏の素材のせいか、カクカクとしたシワが生じると思います。家から着て立ったまま歩いたままならシワが寄るということはないでしょうが、「脱いで手にかける」「着たまま座る」ことを繰り返した場合、なかなか取れにくい独特のカクカクとしたシワができるように見えます。同時に、寒い時にはしっかり雨風をしのげますが、暑くなってくるとかなり蒸れそうです。

もっとも、東京近辺の場合は冬でも雪が降ることは少なく、冬には冷たい雨が降る日があります。そういう日に着るには重宝しそうです。

時に「迷っても買う」を選択

と、これまであまり着用した経験のない素材感であることで、実は少し迷いました。けれどもデザインを気に入ったことと、好奇心の方が先に立ち、「失敗するかもしれないけれど思い切って買ってみよう」という結論を出しました。

店を出た後に「もしかすると、息子が着るかもしれないし」と、都合のよい言い訳を頭に浮かべながらこの買い物が間違いではない理由を無意識に考えていました。

洋服は「迷ったら買わない」のが鉄則です。けれども「買って数日着てみないとわからない」のもまた洋服の困った点でもあり楽しみなのです。

今回の様な決定の仕方が正解ではありません。買わずに店を出てくることが正解だった可能性もあります。けれども、もしかすると大正解かもしれません。「余計な服を買わない事」に関しては、さじ加減が本当に難しい。「好奇心」「いちかばちか」でときに「えい」と買ってしまうことも時には必要な事だと自分で決断を下しました。

「女性だからレディースものだけ」の枠を省いた服選び

さて、最近薄々気付き始めたことがあります。それはユニクロに限ったことか、「たまたま」の可能性もありますが「メンズもの」「レディースもの」の枠を超えた選択が時に必要だという事です。

場合によっては同じような商品でもメンズものの方が同じ価格帯なのに品質が良い事があります。

ユニクロフリース、コスパ重視ならレディースものよりメンズものを選ぶべき理由

次に、サイズ感、素材感ですが、若い年代の時には気にならない質感が、合わなくなることがよくあります。そこで「着る物がない」とユニクロでさで「若い年代用」の服が多すぎる現実に、しばしば愕然とする機会があります。

それは自分だけかと思っていたのですが、先日はこんな雑誌の記事を発見しました。そもそもレディースものよりもメンズものの方がいいという記事です。

ユニクロデニムは女性でもメンズものを選べ!パンツ選びの注意点。雑誌で得た7つのヒント

以来、何気にメンズものもチェックするようになりました。その中でも有名デザイナーとのコラボの商品は一般の服と比べて「ユニかぶり」率が少ない点もメリットです。

ちなみに最近は「ルメール」という表示ではなくて「ユニクロユー」という表記になっています。このコンセプトを改めて読むと、要はシンプルとかミニマルとかいうイメージが浮かんできます。

ユニクロUとは

日常。それは、私たちにとって大きな意味を持ちます。
毎日着るものだからこそ、服は、今まで以上に工夫され、
無駄をそぎ落とし、丁寧につくられるべきです。

UNIQLOのパリR&Dセンター、クリストフ・ルメール氏率いる
グローバルデザインチームは、
流行を超越し、自分の姿を理想的に表現できる服づくりを目指しています。

あらゆるフォルムが、機能し、
あらゆるパーツが、研ぎ澄まされ、
あらゆるデザインが、新しい発想とともに
分析され、試され、再構築されることで、
細部まで洗練された服が完成する。

シンプルなものを、さらに良いものへ。
それが、Uniqlo U。

rimg0810

夫と息子に試着してもらった印象

似合うか似合わないかが分かれた

ちなみに帰宅してから、夫、息子に試しに羽織ってもらいました。通常ユニクロはL着用の二人ですが、着られることは着られました。ただ、夫は肩が少し窮屈そうで、似合いませんでした。おそらく年齢的にいくらルメールといっても、どこかチープ感が出るので、おやじ年代が着るには無理があるのかもしれません。(なら、お前は何なんだ?と言われそうですが)もし、夫が着るならLでしょうが、サイズと色を変えても「似合わない」ので終了です。

息子は見た目Sでこの色でも違和感がなく、若干袖が短いようでした。見た感じ誰よりもなじんでいます。おそらく、息子が着るならサイズはMでしょう。「もし、いるならあげるよ」と聞いてみましたが「いらない」(丈の長いコートを着たがらない)とのことで、終了です。

まとめ

全般に、このコートはデザイン的に着用感にはゆとりがあります。普段、男性の場合、ユニクロでLならLでも良いですが、ときどきMを着ることがある方ならMが良いかもしれません。

私が女性でもこのコートを着て違和感がないのは、肩が張っているせいでしょう。

一般のメンズ用ショップに試着を兼ねて買いに行くのは抵抗があります。けれどもユニクロならメンズものも試着しやすいのでいいですね。

これからはメンズものも視野に入れて洋服選びをチェックするつもりです。

改めて見ると、ユニクロはメンズものの方が品質が良い物が多い気がします。また、体形を拾いにくいデザインであったり、生地がしっかりしているものが多いですね。

女性だからレディースもの・・というだけでは、今一つ良い品を見つけられない時、時に今回の様な選び方もあります。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。