化粧パフを洗ったのは何日前?メイク道具(化粧パフ、メイクブラシ)の手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

メイクの仕上がりに一番影響があるのは何だと思いますか?それはメイク用品の衛生状態です。

「最近化粧のノリが良くない。」

その原因はお肌の状態だけではないかもしれません。化粧パフやメイクブラシが汚れていると、メイクがきれいに仕上がりません。もちろん、衛生問題にも影響します。

もしかしたら化粧パフやメイクブラシ、チップ、リップブラシなどを「洗う」という概念がない方もいるのではないでしょうか。「交換するのは買い替えの時だけ」という方もいるはずです。

国内メーカー品のファンデーションの詰め替え用を買うと、たいていはスポンジが付いています。そのため、「ファンデーションを買い替える時にだけ化粧パフを変えればよい。」と勘違いしている方もいるかもしれません。

バスタオルの交換頻度同様に、化粧パフを洗う頻度は、未知の世界です。ごく個人的な習慣だからです。

それではメイク用品(化粧パフ、メイクブラシ)の洗い方と乾かし方の手順を紹介します。

スポンサーリンク

化粧パフ、メイクブラシの洗い方と乾かし方

用意する物

rimg0612

(牛乳石鹸、赤箱です。洗面台にいつも置いてあります。)

  • 固形石鹸・・種類は何でも良い。例えば牛乳石鹸でも、化粧石鹸でも、無添加せっけんでも。
  • ティッシュ、または清潔なガーゼハンカチ

汚れ落としに使う洗剤は普通の固形石鹸です。一見、「クレンジングとか、専用洗剤がいいのでは?」と思うかもしれませんね。とにかく、化粧パフの汚れ落としには固形石鹸で洗うのが一番です。

洗う水の温度

そして、水の温度ですが、これは水が一番です。ぬるま湯とかお湯がいいと思うかもしれませんが、水が一番です。

お湯で洗うと、化粧パフが堅くなったり、ブラシの毛が変形したり傷みやすくなります。固形石鹸と水で十分落ちます。

乾かすときに使うもの

乾かすときに、下に敷くもの、上にかぶせるものとして、ティッシュか、清潔なガーゼハンカチを使います。

また、化粧パフを洗い終えた直後に、水気を十分に切るために、ティッシュ数回か清潔なガーゼハンカチを使います。

洗い方

化粧パフの洗い方

  1. はじめに、化粧パフを水道から流れる水で濡らします。水を流しながらパフをギュッ、ギュッと搾るようにして、十分に水を吸収させます。
  2. に濡らした固形石鹸をパフの汚れた部分にこすりつけます。
  3. いったん、水道の蛇口を締めます。
  4. 次に石鹸の付いたパフを片手でぎゅっぎゅっと握りしめ、汚れと石鹸をなじませます。
  5. 次に水道の蛇口を再びあけて「4」の状態のパフを水で流します。このときもパフをぎゅっぎゅっと握りしめるようにして汚れを浮き上がらせつつ水で流します。
  6. この段階で、パフの汚れが残っているようなら、もう一度固形石鹸をこすりつけて繰り返します。
  7. 汚れが落ちたら、パフを片手で絞り十分に水気を切ります。
  8. さらにパフの水気を取ります。ティッシュ数枚か、清潔なガーゼハンカチに挟んで両手で挟むようにします。

メイクブラシの洗い方

  1. メイクブラシを流水でよく洗い流します。方向を変えて内部の方までよく洗い流します。
  2. 次に濡らした固形石鹸にブラシをこすりつけます。指先でなじませた後、丁寧に水で洗い流します。
  3. 十分にすすいだら、毛先の水分をティッシュか清潔なガーゼハンカチに挟んで取ります。
  4. 次に、毛先を指先で整えます。この時、毛先を整えずに放置すると「ひどい寝癖がついたように変形して乾きますので、必ず整えるようにします。)
  5. 最後に、ブラシの柄の部分も忘れずに水気を拭きます。

(リップブラシも同様の方法で洗えます。)

化粧パフとメイクブラシの乾かし方

次に乾かす準備です。暖房器具を使わない部屋(洗面所でも可)に下にティッシュ、もしくは清潔なガーゼを一枚敷きます。その上に洗った化粧パフ、メイクブラシなどを重ならないように並べます。

rimg0606
最後に上にもう一枚ティッシュか清潔なガーゼハンカチをかぶせて完了です。乾くまでこの状態にしておきます。

rimg0605

乾かす場所の注意点

暖房が効いている部屋で乾燥させると化粧パフがガチガチになってしまうことがあります。そのため、暖房器具を使っていない部屋で乾かすのがコツです。

メイク用品を洗う頻度

洗う頻度

メイク用品を洗う頻度はどのくらいが適切でしょうか。毎日使っているならば、最低でも一週間に一回は洗う必要があります。

けれども、そうすると化粧パフは一度使った面を数回使用することになります。そのためできれば化粧パフは最低でも2個用意して、同じ面を二回以上使わないようにするのが理想です。

化粧パフは、無理に乾燥させようとすると表面がガチガチになります。そのため、乾きにくいときのことを考慮して2個以上持つのが理想です。

化粧パフは両面使うか?片面しか使わないか?

片面しか使わないのが理想です。両面使うと汚れの付いた面に指先が付くことになります。

まとめ

メイク用品の手入れのポイント

  • 化粧パフやメイクブラシなどを洗うときには、普通の固形石鹸と水を使うのが基本です。この方法が一番洗いやすく汚れも落ちます。
  • お湯を使って洗い、乾燥させた部屋で乾かすと化粧パフが堅くなり使えなくなるので注意します。
  • 乾かすときにはティッシュか清潔なガーゼハンカチで十分に水気をとります。
  • メイクブラシは必ず最後に形を整えます。
  • 乾かすときには下にティッシュかガーゼハンカチを敷き、上にもかぶせてホコリ除けと乾燥防止にします。

メイク用品の衛生状態が良いとメイクの仕上がりも良くなります。反対に汚れが蓄積されたメイク用品では、どんなメイクテク、スキンケア対策も水の泡です。

効果を十分活かすためにも、こまめな手入れが大切です。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。