物が増える時期にあせらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「また物が増えてしまった。」

と、物が増えることや新しく物を買う事に罪悪感を抱いてはいませんか?

物を見直し余計なものを買わないように注意を払っていても「買いたい。」と思うときは誰にでもあります。その「買いたい。」が絶対に必要な物であれば罪悪感を抱くようなことはありません。ところが街で偶然見かけた素敵な服や、バッグ、アクセサリー、本、キッチン雑貨・・そうしたものに心ときめいた時が迷い時なのです。

「本当に必要なの?」

冷静に自問して無駄遣い、すぐに邪魔になって使わなくなるようなものを買わない意志は大事です。けれども時に素直に手に入れることが必要なことはあります。

スポンサーリンク

物の持ち方の見直しはダイエットと似ている

体のダイエットでは、あまりに無理をして食べたい欲求を我慢すると、ストレスになると言われています。また、ある時に食べたい欲求が爆発して大いなるリバウンドをもたらすことがあるそうです。

物が増えることを過剰に恐れない

そのため、ダイエットが続くコツは「頑張りすぎない」ことだそうです。時々、息抜きのように、好きなものを食べても良いタイミングを設ける方があまりに厳格に続行するより結果が出やすいと言われています。

物の持ち方の見直しはダイエットと似ています。もちろん、一度決めた意志を続行することは有意義です。けれども「減らす」ことにばかり意識を向けすぎると、本来は手に入れてプラスになるかもしれない機会を逃してしまう可能性もあります。

だから「買ってもいい」「(物が)増えてもいい」ことを時には認めることも必要です。物は本来、人の助っ人です。憎むべき対象ではありません。ただ、扱う量のバランスが崩れているだけなのです。

物が増える時期、片付けに集中できない時期は誰にでもある

また、物はどうしても増える時期はあります。例えば生活の節目には増えやすいです。それは致し方ありません。また、どうしても時間、体力、意識が向かなくて物が乱雑になりやすい時期もあります。

けれども人は一生同じペースで過ごすわけではありません。誰しもあることに集中できる時期と出来ない時期があります。

例えば小さい子供を育てている最中は、どうしても片付けまでに意識が向きません。もちろん「小さい子供がいてもスッキリ」は理想です。そのようにうまく暮らしている人もいます。

でも人は人。他の人と比べて「あの人は自分と似た条件下にあるのに、スッキリ暮らせている」と自己嫌悪に陥らないことです。

さいごに

「どういう状態の時に物を片付ける気になれるか」は、千差万別です。小さい子供がいるから片付けられる人もいれば、そういう時期にはできない人もいます。

それは育児中以外でも同じです。物が増える時期があっても焦らない、自分を責めない事が大事です。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。