通販はアプリより公式サイトを使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

たいていの通販サイトには、公式サイトとアプリの両方があります。さて、この場合、どちらを使うのが得策でしょうか。結論を言えば、私は基本的に「公式サイトを使う方が良い」と考えています。ただし、ある条件下の元ではアプリの方が良い場合があります。

スポンサーリンク

通販は、アプリより公式サイトで閲覧する方が良い理由

多くのサイトはアプリ経由で閲覧してもらいたがっている

はじめに、なぜアプリではなく「公式サイトを閲覧する方が良い」についてお話しします。最近、大手通販会社の多くはアプリを採用しています。初めは公式サイトを見ていても、たいていはアプリに誘導されます。つまり多くのサイトは公式サイトよりもアプリを見て欲しいようです。それは、なぜでしょうか。

ショップがアプリを閲覧してもらいたい理由

ざっくり言えば、アプリは広告の要素が大きいのです。公式サイトよりも「ショップ側が売りたいもの、見せたいもの」を見せる構成になっています。時にマイナーな商品は除外されていることもあります。

アプリは画面を開きさえすれば必ず視界に入る

アプリ使用の本体となるスマホは画面が小さいという特徴があります。この、一見デメリットに思える「画面の小ささ」ですが、実は売主にとってメリットにもなるのです。それは、「見せたい画面を見せやすい」ことです。スマホは画面が小さいので、閲覧者が画面を表示さえしてくれれば、確実に視界に入ることになります。それに対してパソコンの画面は広いです。その分、いろいろな情報を盛り込めることが可能です。その反面、表示しても閲覧者に見てもらえていない部分が出てきます。

そのため、売主にとっては「見ているようで見てもらえない確率が高いパソコン表示の公式サイトは実は扱いにくいと考えても不思議ではありません。その点、アプリは画面を開けば必ず見てもらえるので都合が良いと考えるのは自然な成り行きです。

アプリはショップが見せたいものを見る構成

つまり、公式サイトと比較して通販のアプリを閲覧すると、自分が見たいものよりも、ショップ側(サイト側)が見せたいものを見ることになります。もちろん、これはそのサイト、アプリによって差はあるでしょう。けれども、ここ数年、スマホを利用し始めてから薄々感じていたことですが、かなりの確率でこの傾向があると感じます。

公式サイトとアプリのどちらが良いか

手っ取り早く、人気品を見たいならアプリを閲覧する

もっとも、アプリが良くないというわけではありません。ショップの商品の詳細を省き、手っ取り早く「お得な品」とか「人気商品」だけを見たい人にとって、アプリは効率的だからです。公式サイトの詳細な選択肢よりも、あえて選択数を減らしてある方が迷いにくいという良さはあります。

詳細に閲覧したいなら公式サイトを閲覧する

けれども、暮らしを見直すことを重視したいときには「選ぶ」事が必要です。「より自分が必要な物」というスタイルを極めようと思うと、限られたものよりも、多くの物から選択することが重要です。つまりアプリは、限られた商品を中心に見る構成ですから「多くの物から選びたい」ときには情報が不足していることがあります。

もっとも、初めはアプリを使用するのが良いと思っていました。第一、アプリならスマホの小さい画面に合わせた構成なので見やすいからです。また、アプリ限定のクーポンを発行されるなどのお得感があります。ところが、いつの頃からか、あることに気付きました。「アプリは公式サイトに比べて情報量が少ない事が多々ある。」と。

例えば、その時期の目玉商品や人気商品はどちらでも閲覧できます。けれども、マイナーな商品は事情が違うようです。例えば、「そのサイトではあまり目立たないような品」は「公式サイトでは扱っているけれどアプリでは扱っていない」事がよくあるのです。

アプリは商品全体の構成を俯瞰しにくい

それだけではありません。公式サイトとアプリではトップ画面の構成と、次の画面展開の構成にも違いがあるのです。もっとも、アプリは主にスマホ用です。そのため、狭い画面でも見やすくするために情報を絞り込んでいる事情はありでしょう。つまり、「良かれと思って」の構成なのでしょう。

アプリは目的の商品にたどり着きにくいことがある

ところが、実際にアプリを使用すると、「なかなか自分が見たい商品にたどり着きにくい」事ことがあります。トップ画面を開き、あるカテゴリを選択します。すると次の画面には、その時期の目玉商品が大きく表示されます。その商品に興味がないので、違う画面に移動しようとしました。

ところが、アプリでは新規会員や、同じアイテムの目玉商品などをぐるぐるめぐる構成になっているのです。目的のアイテムになかなかたどり着けません。目的の品に画面を移動しようと思うのですが、合間にショップが見せたい画面が挟まれるのです。

公式サイトなら、目的の品にすんなりたどり着く

ある時、アプリ使用中には、なかなか目的のアイテムにたどり着けず、ちょっとイライラしてきました。そこでいったん、アプリを閉じてみました。そして改めて今度は公式サイトを開いてみたのです。すると、トップページは各アイテムのカテゴリのほか、その他の項目が多数表示されています。そのため、サイトの構成を一目で俯瞰することができます。公式サイトに移動して項目をクリックしたら、今度は難なく目的のアイテムに到達することができました。そしてアプリで閲覧した時には「ない」と思った品が公式サイトで閲覧し直したら、「ある」こともわかりました。

このように、アプリは便利な反面、目的の画面にたどり着きにくいことがあります。それは公式サイトと広告の間のような構成になっていることが多いからです。画面が見やすいので「アプリの方が短時間で目的の品にたどり着けそう」と思いきや意外とそうではありません。公式サイトはスマホでの閲覧は見にくいことがあります。けれどもやはり、目的に合う品を探すならば、アプリではなく、公式サイトを閲覧する方が早いです。

アプリを利用すると全体を俯瞰できず、売り手が見せたい品ばかりを見せられる確率が高くなります。もちろん、構成はサイトによって違います。また、双方ともメリットデメリットがあります。いずれにしても、目的に合わせて使い分ける事が必要です。

まとめ

アプリを使う方が良いケース

人気商品を見たい

おすすめ品を見たい

全ての商品を見る必要はない

割引クーポンなどのお得情報が欲しい

細かい事はあまり気にしないで選びたい

何度もログイン、ログアウトをしなくてよい(使い方による)

公式サイトを使う方が良いケース

マイナーな品を探したい

全ての商品を確認したい

ショップが見せたいものではなく、自分で選びたい

詳細な条件を確認して選びたい

その都度、ログイン、ログアウトをして使いたい(使い方による)

もちろん、そのサイトによりアプリの構成には違いがあります。すべてがこの条件に当てはまるわけではありません。けれども、例えば、ユニクロ、ジーユー、無印良品、楽天、その他大手通販サイトなどはこの傾向にあるようです。

アプリは一見、便利に思えますが、実際は見る必要のない広告や売りたい品が間に挟まれます。そのため、目的の画面にたどり着きにくく、かえって時間がかかることがあります。

実は公式サイトの画面構成の方が、シンプルです。スムーズに自分の意志で目的の品を見つけるためにはやはり公式サイトの方がおすすめです。最近は、なるべくアプリを使わずに、公式サイトで商品を確認することにしています。アプリ限定の割引クーポン等の特典が欲しい場合は、最後にチェックすれば良いので何ら問題ありません。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。