通販で服を買いすぎそうな時にとるべき行動とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

通販で、たくさん服を買い過ぎそう。でも「どうにも取捨選択ができない」ときに取るべき行動はシンプルです。ユニクロ、ジーユー、無印良品など、近くに店舗があるショップの場合は実店舗に現物を見に行くことです。

通販の画面をチェックすると「あれも、これも良さそう」に見えます。特にジーユーは、価格が激安です。そのためつい「とりあえず、買い物カゴ(通販画面の)に入れておこう」となります。気が付けばかなり数の服が「かご」に入ってしまいます。もちろん、そのすべてを買おうと思っているわけではありません。とりあえず「かご」に入れてから、後で削除していこうという目的です。

ところがあれこれ見ていると、服にとどまらず、バッグや靴、インナー、ストールなど「安い」と目が釘付けになってしまいます。「さすがにこの値段だから現物は価格相応だろう」とは思うのです。ところが「いや、もしかするとジーユーにしては掘り出し物のお値打ち品かもしれないし」と期待が膨らみます。

特に先日は「これ、いいかも」と画面で偶然目にした大き目のバッグが気になりました。ところが翌日に確認すると全品、通販画面から消えています。完売したのか取り下げたのかわかりません。

けれども、そうなるとますます気になります。「実店舗に行けばあるかもしれない。」結局、季節の変わり目で買い足したい物があったので、実店舗に行きました。気になっていたバッグは在庫がありました。確かに、その値段にしては安いと思いました。けれども私が持つとしたら、どうにも「若い」ので合いそうにありません。もちろんデザインはシンプルです。けれども、やはり「お値段なり」の域は出ません。

スポンサーリンク

チープ感と年代のギャップ

もう少し若い年代であれば、そういう雰囲気もご愛敬です。チープ感が悪いというわけではありません。(物は価格にしては良品です)チープ感のある物を持って違和感のない年代はやはり存在します。つまり私が持った場合「イタイ若作りな人」に見えてしまいそうな気配がありました。そうした素材感は、単に品質ではなく若さをも表現してもいるのだと改めて実感しました。とにかく、やっと現物を見てあきらめがついたのです。通販画面では、そうした雰囲気がよくわからなかったのです。

通販画面ではわかりにくい微妙な色合い

その他にも通販画面で気になっていた服が複数ありました。けれども現物を見たら思っていた色や素材の印象が微妙に違いました。通販画面では4,5枚、気になる服があったのですが、結局何も買わずに店をあとにしました。その他、ユニクロにも立ち寄りましたが通販で買おうと思っていた雑貨系小物も現物を見ると想像したものと違っていたので購入を見送りました。

目に入らなければ買う気が消滅する

また、通販の画面と違い、ユニクロの店舗は客が店内をぐるぐる回るような配置になっています。私の探し方が下手なのかもしれませんが、ぐるぐる店内をめぐるうちに疲れてしまいました。結局、ユニクロでは、インナーを一枚だけ買って帰りました。このように、通販の画面では良く見えても実物を見ると印象が違うという事は当然あります。ところが通販で買った場合は返品が面倒です。だからよほどでない限りは妥協して買い入れてしまいます。その結果として、微妙にサイズに満足しないものや、微妙に気に入っていない色を買ってしまいやすいのです。

実店舗なら「そもそも買わずに帰る」ことができる

でも実店舗の場合は「買わないで帰る」という選択をすることができます。買い物に行く時間と交通費がかかりますが、たまに行くならそれも良いでしょう。このように、「なんだか通販で買い過ぎそうだな」と思った時には何かのついでにでも実店舗で現物を見てみれば良いのです。そうすれば、本当に必要な物か、正しい選択をすることができます。

さいごに

最近、「数か月に一度同じような行動をしているなあ」と自分の行動を振り返っておかしくなりました。ユニクロもジーユーも、確かに品質は良いのです。お店は清潔で明るいし、店員さんもみなさん丁寧で感じが良いです。

合わないトレンドに無理して合わせる必要はない

けれどもどうにも「これは買い」と思えるものが、なかなか見つかりません。思うに最近の服のデザインはトレンド感が強いデザインの服が多いからです。

ジーユーはともかく、ユニクロといえばシンプルベーシックなデザインの服が多い印象でした。けれども最近はトレンドの大き目、ゆるゆるデザインの割合がかなり多いです。その強いトレンド感が自分に合えば良いのですが、どうも今回のトレンドは残念ながら自分にはピタッと来ないのです。

こういう時期は大人しく無理して新たに服を取り入れる必要のない休息期なのでしょう。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。