過剰な時短家事は必要ない。これ以上、何を時短するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

世の中の様々なことが時短化されています。例えば江戸時代と比較したら、相当な時短が実現しています。

例えば交通面の場合について。江戸時代にはどんなにお金持ちでも人が歩ける以上のスピードで移動することは不可能でした。(馬に乗る場合は別にして)大名でさえ徒歩で移動するスピードでしか進む事ができなかったのです。

ところが現代はどうでしょうか。普通の庶民でも飛行機や新幹線に乗り、昔なら数日かかった距離を数時間で移動できます。

遠く離れた人と連絡を取るためには手紙であれば数日かかることがあったものが、今ではメールで世界中の人と一瞬で連絡を取り合う事ができます。

昔は(経験がありませんが)川や井戸水で洗濯していたものが今では毎日大量の洗い物を自動で洗濯機がやってくれます。

暖を取るにも、ご飯を炊くための火おこしも重労働で人が付きっきりである必要があったことでしょう。ところが今ではボタン一つ、スイッチひとつで部屋を暖め、炊事の火を自在に付けたり消したりできます。だから家に誰かが常にいる必要がありません。

つまりは、これほどに、考えられないくらいの「時短」が実現しています。そうであれば、人の生活の実感は「相当ゆとりができた」はずです。

ところが「自分の暮らしに時間的なゆとりがある」と思える日本人は一体、どれくらいいるのでしょうか。相当な時短は既に実現しています。

ところがまだまだ私たちは「無駄な時間を減らさなくてはいけない」と思い込んでいます。いったい、何のために?だれのために?

スポンサーリンク

これ以上何を時短するの?

数日の移動が数時間で済む事が実現していて、川に洗濯に行く必要がすでになくなっていて、火起こしや火の番をするために家に拘束される必要がなくなっていて・・これほどに時短が実現しているのに、いったい何が無駄だというのでしょうか。

けれども誰もが年末になると新しい手帳を選び、日々のスケジュールをどうやって埋めるかと苦心する様は、まるで見えない何かに体よくあやつられているかのようです。

なぜ家事は時短する必要があるの?

もちろん、日々の家事の段取りを工夫するくらいのことは必要です。けれども「家事は時短すべきもの」という概念も考えてみればおかしなことです。

時短の必要があるということは、時間をかけるのにふさわしくないもの。という概念が多くの人にあるからです。確かに家事は誰に褒められるわけでもありません。一生懸命にやっても社会から評価されません。自宅の家事ならばお金にもなりません。

共働きの夫婦の間でしばしば家事分担でいさかいがおきるのは、「評価されない、面白くもない、お金にもならない事を誰がやるか」でもめているともいえます。もし、家事は「価値のあるもの、おもしろいもの、たのしいもの」と思えるならば「わたしがやる!」と言って役割をゆずろうとしないことでしょう。

家事が社会の評価対象なら「家事分担でもめる夫婦」は存在しないだろう

家事そのものが価値のある行為であるという認識ならば時短の必要性をさほど感じない事でしょう。いったい、何が家事は価値がないという概念を多くの人に植え付けてしまったのでしょう。

もちろん、人の感覚は多様ですから、その感じ方には個人差があります。けれども実は家でじっくりゆっくり気のおもむくままにひたすら家事をすることが楽しいという人も相当な割合でいるはずです。

家事の時短はゆとりをなくす

家事の時短もあまり駆使するとかえってゆとりがなくなります。ごはんの支度をしながら洗濯機をまわし、煮物を煮ている合間に掃除機をかけ、それが済んだらアイロンがけ・・こんな家事のスタイルでは本当に一つ一つの作業がどれも適当になります。

実際に少し前までの私の家事のスタイルは複数同時進行が中心でした。ところがある時に気付いたのです。一つ一つ、普通にやってもたいして困らないと。その代り毎日掃除機をかけることをやめて2~3日に一回にして、アイロンがけは週一にするなど頻度を減らしました。

その代り一つ一つの作業にじっくり向き合えますから、作業中にあせることがありません。掃除機掛けの頻度が減っても家族は何も気付いていません。小さい子供がいるわけでもないので、そんなに部屋は汚れないのです。

冷静に向き合ってみれば時短に必要がない事は多数存在しています。そうしたなかでも、特に「過剰な家事の時短は、実はたいして必要ではない」と思えるようになりました。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。