良い食材を選んでも、食べる量を最適化すれば食費は増えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「健康を意識すると食費が増えるよね」と思い、節約の観点から戸惑っていませんか?確かに品質の良い食材は割高ですよね。私も初めはそう思って戸惑いました。でも、今は違います。結論を言えば健康を意識して良質な食材を買っても最終的な食費は、以前と大きく変わらないのです。

はじめはこう思っていました。「前より健康を意識した食材選びをすると、今までよりお金がかかる」と。食材の選び方を変えると確かに「一品当たりの価格が高く」なります。

スポンサーリンク

手ごろな価格の食材は炭水化物が姿形を変えたもの

意識していませんでしたが、改めて気付くのはお手頃価格の食材の多くは炭水化物系です。ほとんどが小麦粉か加工用の米が原料です。中には小麦粉ではなく加工澱粉を使用しているものがあります。

これらはいろんな形や味付けにアレンジしやすく、なじみの菓子が多くあります。ところが元をたどればどれも炭水化物であり、形と味と調理法が違うだけなのです。そしてなんといっても価格が安いという特徴があります。

つい、節約を意識するとこのような食材を選びやすくなるのです。けれどもこれらを多く摂りすぎると健康に支障が生じます。そして値段が安く食べやすいので、たくさん食べ過ぎます。

そこで、こんな風に嗜好品の買い物は変わりました。

食材選びの変化の例

  • せんべい一袋200円→するめいか一袋500円
  • 菓子パン一個100円→チーズ一個200円
  • フルーツゼリー一個100円→寒天クック300円、きな粉200円、黒蜜300円
  • (寒天クックでフルーツゼリーの容量は300円分で12個くらい作れるので、一個分に換算すると寒天は67円くらい)
  • プレーンヨーグルト一個120円→豆乳グルト一個200円
  • 果物毎シーズン常に箱買いひと月5,000円以上→スーパーで少量を買うひと月2,000円くらい

単価を見れば高くなったものがあります。けれども多く食べることがなくなったので、合計では以前と同じくらいで落ち着いています。

野菜は近所のスーパーから普通に買う

このほか、野菜は特に無農薬や有機栽培にはこだわりません。近所のスーパーで売られているものを普通に買います。

無農薬や有機栽培が通常栽培より人体に良いかどうかについては、よくわからない点が多いと思っています。ただし、中国産のものは何となく控えています。

こんな感じで食材を選ぶと、全般に単価は以前より高くなります。一瞬「これでは毎月の食費が跳ね上がるかも」と思いました。

けれども実際はそうはなりませんでした。それは、以前より食べる量が減ったからです。どんなに単価が低くても食べ過ぎれば食費はかさみます。反対に単価が高くても食べ過ぎず適正量で満足すれば、さほど食費はかからないのです。

さいごに

以前もブログに書いたのですが、不思議な事に私が食事の仕方を変えたら家族も全般に食べる量が減りました。食事はそれほど変わりませんが、嗜好品の消費量が減ったのです。今も念のために家族の分の嗜好品は買ってあるのです。もちろん、スナック菓子は買いません。結局、主に甘い菓子類に関しては「誰も食べないので賞味期限が来てしまう」現象が起きています。

単価が高い食材を選んでも、食べ過ぎをやめると最終的には以前と変わりない食費に落ち着くことがわかりました。もちろん、微調整や工夫はまだまだ必要です。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。