今年もあと3か月!ふるさと納税は、サクッと納付できる楽天市場を経由すると、かなりお得です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ふるさと納税は、楽天市場を経由するとかなり得と知っていますか?

10月になりました。今年は残り3か月です。そこで忘れず利用しておきたいのは「ふるさと納税」です。年末ギリギリになると、人気のお礼の品がなくなることがあります。それだけではなく、活用しなかったら損です。

普段、手間のかかる節約をするよりも、この制度を利用すれば大幅に税金などを節約できます。そしてお礼の品をもらえるというわけですから、忘れないうちに利用することをお勧めします。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

納税(寄付金)先は出身地(故郷)以外でも、どこでも自分で選べます。

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます

詳しい説明はこちら

ふるさと納税の寄付金額の世帯収入別目安

自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。

%e3%81%b5%e3%82%8b%e3%81%95%e3%81%a8%ef%bd%8b

総務省HP公開データより加工、抜粋しました。

これは目安です。このほかに控除額や収入があれば変わります。詳細な数字はシミュレーションもできますので確認してください。サラリーマン、ウーマンの場合は、前年の源泉徴収票の金額を目安にするか、今年の給与明細を合算して残りの10~12月分の収入見込み額を計算すれば良いです。

つまり自己負担額が実質2,000円で、住民税等が少なくなり、おまけに「お礼の品」がもらえてしまうという「活用しない理由がない」という制度なのです。

確定申告不要のワンストップ特例制度とは

ただ、気になるのはサラリーマン、ウーマン家庭の場合確定申告をしなくてはいけなくなる事が気になりますよね。これについて現在は便利な制度があります。

それは寄付金先が5団体以内なら、ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用できます。これは予め、申請書を提出すれば、確定申告をしなくても自動的に控除額が反映されるシステムです。ただし、元々確定申告の必要がないサラリーマンなどに限ります。

ワンストップ特例制度の申し込みの流れ

我が家でも昨年、ふるさと納税をしました。そのとき、寄付をした自治体からワンストップ特例制度を利用するかどうかの申請書が「お礼の品」と一緒に送られてきます。

その用紙に必要事項を記入します。すると2か月後くらい(ここで少し時間がかかります)に申請書が郵送されてきます。改めて必要事項を記入して寄付をした自治体に返送するだけです。

楽天市場から申し込むと、かなりお得な理由とは

楽天スーパーポイントが付く

そして、このふるさと納税、ただでさえお得なのですが、実は楽天市場経由で申し込みと決済をできるんです!ということは、楽天市場を経由してふるさと納税を申し込むと、楽天スーパーポイントがもらえます!さらに楽天のクレジットカードを使って納付すればクレジットカードのポイントも付きます!

半端な楽天スーパーポイントも決済に使える

そして、決済には楽天スーパーポイントを使えます!夫名義の楽天アカウントには、半端なポイント(2000円分くらい)が残っていました。今回のふるさと納税は、もちろん、楽天市場経由で半端なポイントを使い切りました。

決済方法がショッピング感覚!

昨年は、楽天市場を経由しないでふるさと納税をしたのですが、決済の方法が一定ではないので、面倒でした。郵便局の払込票を郵送してもらい、それで決済するという様な流れを利用しました。今回は楽天市場経由ですから、おそらくほとんどの自治体がクレジットカード払いと銀行振り込みに対応しているはずです。

だから家に居ながら手間なく決済をできるのです。

楽天市場経由でふるさと納税の申し込みと決済をするとこんなにお得

「ふるさと納税で税金を安くなる(基本)+楽天スーパーポイントが付く+クレジットカードで決済すればポイントも付く+自宅に居ながら決済できる方法がある+個人情報は楽天アカウントを利用するので、入力する手間が省ける」ということです。

お礼の品のレビューがあるから参考になる!

そして、ふるさと納税のお礼の品を探していると、普通のサイトでは何が良いのか感想がわかりません。でも楽天市場ではレビューの記載があるのでとっても参考になります。あんまり種類がありすぎて選ぶのが大変ですが、レビューは助かります

こんなこともあります

それから実は大事なことがあります。普通、楽天市場に参加している自治体<すべての対象自治体ですから、当然「お礼の品」の種類は楽天市場の方が少ないと思いますよね。ところが実は微妙な事があると気づきました。

確かにお礼の品の数は楽天市場の方が少ないです。ところが、普通のこちらのサイト・・

↑には掲載していなくて、「楽天市場のふるさと納税のページ」に掲載されている品というのが存在するのです。実は今回、はじめは「ふるさとチョイス」だけを見ていたのですが、決まらなくて楽天市場のレビューを見ようとしたら、意外な品に気付いてしまいました。中にはそういうものがありますので、同じ自治体でも「見逃している品」がないか確認したほうがいいです。

もちろん、そのお礼の品を自分が必要でなければ意味がありませんが、そういうこともあるということです。

ふるさと納税は使い道を指定できる

ふるさと納税は寄付をするときに「使い道」を指定できます。項目は自治体により様々ですが、だいたいこんな項目が多いです。

  • 災害対策
  • 環境づくり
  • 老人、福祉
  • 育児、教育
  • 観光
  • 市長にお任せ

税金は、本来自分たちの意志を反映させるものです。つい払いっぱなしでその後を考えない状態になりがちですが、ふるさと納税は使い道を指定できるのです。

さいごに

ふるさと納税のお礼の品を探していると、「この品はこの地域で作られているんだ~」というように、その地域の特徴が身近になります。

ふるさと納税には「3つの大きな意義」があるそうです。

  1. 納税者が寄附先を選択する制度
  2. 応援したい地域へも力になれる制度
  3. 自治体が国民に取組をアピールできる。自治体間の競争が進む。

ここで注目するのは「3」です。これまで「どうせ地方だから」と、あきらめモード、もしくは「出来れば補助金を何とか受け取れれば・・」のような他力本願ではない工夫を後押しする制度だということです。

「何もない」「どうせできない」ではなくて、その自治体の強みを見直し、それをアピールするきっかけ、考えるきっかけになるということ。

地方の自治体でも、若者が少なくても、ふるさと納税のアピール方法次第では、税収を得ることができるわけです。税収だけではなく、それをきっかけにその自治体が注目を浴びることがあります。

だからこそ、より自分の自治体の露出を増やす気持ち、やる気を工夫で反映可能です。古い慣習にがんじがらめになり「無理」「できない」と納税者を指をくわえて待つのではなく、どんどん工夫してアピール手段をとことん考えて欲しいですよね。

もちろん、納税する側もそれは同じです。

ふるさと納税の気になる一例

ご予算1,000円(返礼品なし)
【ふるさと納税】【熊本地震緊急寄附受付】【返礼品なし】菊池市震災応援寄附金

ご予算5,000円
【ふるさと納税】「田代の米」ふる里便白米5kg入り

【ふるさと納税】季節の野菜詰め合わせ
ご予算1万円
【ふるさと納税】参協味蕾豚満喫セット28年12月発送分

【ふるさと納税】はちみつ(みかん蜜)

【ふるさと納税】☆世界で愛されるHARIO☆「2012年度グッドデザイン賞受賞」フタがガラスの土鍋 9号 MN-255B

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。