【100均メイクの失敗しない選び方】使用中の100均メイクを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

最近、メイク品は100均品を活用しています。もちろん、100均品以外のメイク品も利用しています。

100均品利用

  • アイシャドウ
  • チーク
  • アイブロウ

rimg0029
100均品以外

  • ファンデーション
  • アイブロウ
  • アイライナー
  • 口紅

スポンサーリンク

使用中の100均メイク紹介

100均チーク

チークを使う事に抵抗がある方は多いようです。特に私の年代の方は、以前よく「おてもやん」みたいになるからイヤ!という方がよくいました。

結論を言えばチークは使うべきです。ただ、昔とチークの入れ方は変わっています。私の年代が初めてメイクをした年代に教えられるチークの入れ方は「頬骨から広角に向かって入れる」というものです。けれども、今、このようにチークを入れると古臭い印象になり老けて見えます。

現代の入れ方は「顔の全面よりに丸くふんわり」がベースです。実際に他の人をさりげなくチェックすると、明らかにチークを入れた方が若々しく顔が明るく見えます。

色は主にピンク系、オレンジ系、ブラウン系の3種類があります。これは「似合う色の服」を目安に選ぶとうまくいきます。ちなみに私の場合はピンク系のチークを選んでいます。

これは確か「キャン・ドウ」で購入しました。

rimg0033

100均アイシャドウ

こちらは「ダイソー」で購入したと記憶しています。

rimg0034

100均アイブロウペンシル

それから、これまでは資生堂のインテグレートのアイブロウを使っていましたが、100均のアイブロウを試しに買ってみました。

購入先は「キャン・ドゥ」です。色はダークブラウンです。このアイブロウの特徴は「細く描ける」ことです。「アイブロウペンシルで100均品はどうかな」と不安だったのですが見事に裏切られました。(よい意味で)

「いや、十分でしょ!」

というレベルです。

一般にアイブロウペンシルは安い物でも500~600円くらいはします。だいたい私は手ごろな資生堂インテグレートのシリーズなどを買う事が多いのですが、詳細な違いはありますが、お値段が108円という事を考えれば許容できる範囲です。

これまでの100均アイブロウペンシルのイメージは「繊細な線が描けない」ということでした。けれどもこの品は細く繊細な線を自由に描くことができます。

このアイブロウペンシルはおすすめです!

rimg0031

100均チークブラシ、アイシャドウブラシ

rimg0035

付属しているブラシではなく、大きいものを使うと仕上がりが違います。チークは言うまでもないと思いますが、ぜひ使って欲しいのはアイシャドウブラシです。

この画像のピンクの柄のブラシは2本セットでした。アイシャドウは、まぶた全体に使うときに指を使う人も多いのではないでしょうか。

指も良いのですが、ブラシを使うと薄くきれいに付きます。更に、もう一本はハイライト専用にしています。こちら↓のアイシャドウの一番左の白をハイライトとして使用しています。控えめなパール入りです。

rimg0034

メイクが全部終わったら、最後に明るく見せたい位置にピンク色の柄にブラシで付けます。例えば、眉のすぐ下(まぶたの上)、鼻筋、まぶたの下、あご、額の真ん中あたり・・です。

100均メイク品を選ぶポイント

発色が良すぎる物を選ばない

アイシャドウ、チークなどの色物は「発色が良すぎる物を選ばない」事がポイントです。様々な情報を見ると「発色の良さ」が高評価のポイントになっているようです。好みの問題もありますが、高いメイク品と安いメイク品の発色の差は、「発色の自然さ」にあります。

例えば同じメーカーの物でも、安い物ほど発色がダイレクトです。高価な品になるほど、発色の程度が繊細です。だからもし、テスターがある場合には「発色が控えめなもの」を選びます。テスターがない場合が多いのですが、「粒子が細かそうか、粗そうか」を目安に選びます。

パールには値段が出るから100均品では選ばない

次にパール感が強い物を選ばない方が無難です。パールの入ったメイク品は「値段」が出ます。パールの入ったメイク品を買いたい時には100均品などではなく、できれば3,000円以上の価格帯の国内メーカー品を選んだ方が良いです。海外メーカーのものより国内メーカーのパールの方が違和感のない仕上がりです。

イベントメイクならこの限りではありませんが、高価な化粧品のパールと違い100均品のパールは下手をすると光る感じが強すぎて下品になります。それだけではなく肌色が汚く見えます。どうしてもパールがあるものを選ぶときは、光り具合が控えめなものを選びます。

容器の仕様は無視する

つい「ミラー付きのケース入り」を選びたくなりますが、容器の使用は選択理由から外します。

お得感で選ばない

例えば「え?こんなにたくさん入って100円?」というものがあります。たくさん入っている、たくさんの色がある、そういう事で選んでも使う色、物は限られています。確実に使う色、使う本数が入っている物を選びます。

さいごに

まずは「使ってみたい」と思うもので挑戦してみることです。時に失敗がありますが「こういうものが失敗する」経験がないとメイク品は選ぶことが難しい面があります。

ただ、アイシャドウやチーク、アイブロウなどはつけた顔を見て「100均品を使っている」と判別することはできません。

だからこそ上手に活用したいですね。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。