【服を減らす工夫】「着ない服」を二度と買わないコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「着ない服」がたくさんあって困っている人はたくさんいますよね。その服の中には「買ったけれど出番がほとんどなかった服」が、かなり含まれていませんか?

「何度も来て、毛玉が出来て傷んだ服」については割と迷わないのです。問題は「新品同様の着ない服」の扱いです。

そもそも、「着ない服」を買わない為に、気を付けることは何でしょうか?私も例外なく「買ったけれどほとんど着ない服」があるという失敗を経験してきました。

今でもたまに、失敗をします。ですが、その頻度は激減しました。そこで、その渦中に気付いた経験をもとに「着ない服」をうっかり買わないためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

「着ない服」を買わないために気を付けること

「なりたい自分」で服を選ばない

以前の記事に「なりたい自分」を目安に書いたことがあります。確かに現状の自分を脱して「こういう自分でありたい」願望に沿って服を選ぶことは時に必要です。

例えば、これまではベーシックカラーの服ばかりを身に着けていた人が「もう少し華やかな明るい色も着て前向きに暮らしてみよう!」などと決心した場合です。

ところが雑誌の特集などに、うっかりあおられて「なりたい自分」の理想が高く、現在の経済状況を度外視して、急に「現在とかけ離れた服や小物をそろえる」というような行動にでると「合わせる服や靴や小物がない」という事態になります。

いっときの感情で「なりたい自分」を目指し高みを極めようとする心意気は大事です。けれども、そうするためには相当意識して行動を重ねなければなりません。

特に店頭で服を見かけた時、普段の自分のライフスタイルを忘れがちです。うっかり店の雰囲気が自分のライフスタイルの延長線だと錯覚することがあります。

いっそ「コーディネイト買い」をする

そのため、どうしてもこれまでにない服を買うのであれば、単体ではなく頭の先からつま先まで、その服を着るために必要なコーディネイトを小物も靴も含めて丸ごとそろえることです。

このように書くと「買わない」話なのに「丸ごと買え」って言っているし・・と思いますよね?でもこれまでにないテイストの服を一枚選ぶのに必要な物とは、本来、そうしたことなのです。

単品のトップスだけを買っても、それに合わせる物がなければ「着ない服」になります。これまで自分が持っている雰囲気の服なら、何かと合う可能性がありますが「なりたい自分」で選ぶ服は単品で選んだ場合、合わせる物がないので、結局「着ない」結果になるのです。

であればいっそ、どうしても着るのならコーディネイト買いすることです。そうすれば少なくとも「合わせる物がない」だけは避けられます。あとは「着るか、着ないか」だけの問題になります。

人の記憶は曖昧です。だから単品で買った服に合わせるものを「後で買おう」と思うとたいてい失敗します。店員さんが勧めてくれたコーディネイトのボトムスは素敵だけれど、「高いから別の店で探そう」と思うとなかなか合うものがみつからないことはよくあります。

「今の自分」を充実させる服を素直に選ぶ

実は「なりたい自分」で服を選ぶより確実なことは「今の自分」をよく見ることです。今の自分のライフスタイルに合う服をひたすら素直に選ぶという方法です。

この方法で服を選ぶことで「着ない服」をうっかり買わずに済みます。

例えば、普段の自分はジーンズを中心にカジュアル志向であるとします。ところが理想の「なりたい自分」はきれいなワンピースを着てヒール付きのパンプスを履くようなスタイルだとします。

ところが理想に合わせてワンピースを買ったものの、普段の生活ではアウトドア系レジャーに行く機会が多くワンピースを着ては身動きできない場所ばっかりということがあります。こういう場合は、「なりたい自分」と現実のライフスタイルが違うのでせっかくワンピースを買っても出番がなく「着ない服」が発生することになります。

この場合、本当に必要なのは、ワンピースではなくアウトドアレジャーの服の充実です。理想の自分を追う事も大事ですが、それ以上に「今の自分」に視点を合わせることはもっと大事です。

つい「なりたい自分」の服ばかりを選んで買い足す割に「本来の生活で多く着る服をあまり持っていない」がために「着ない服はたくさんあるのに、着る服がない」という事はよく起きます。

理想を追い過ぎず、今の自分に必要な服を素直に用意する事が大事です。

セルフイメージをダウンする服を買わない

本来、中身が伴っていれば服を重視しなくても自信を持っていられます。けれどもどんな人にもコンプレックスはあります。ところが服はそれをうまく覆ってくれます。

容姿やスタイルの気になる点も、高価な服やオシャレに着こなすことで目立たなく出来る可能性があるからです。

同時に、現実の自分以上の服を買うと結局は「着る服がない」に陥りやすいのですが、それ以上に「しょせん私はこのくらいで十分」というイメージで服を選ぶと、その服のイメージと同じように他人から扱われます。

普段、自分が良く着ている服を他人の目線で眺めて下さい。その服を大事に扱いますか?YESであれば問題ありませんが即座にNO!という答えが出たのであれば要注意です。自分がその服を見るように、扱うように他人もその服を着ている自分を扱います。

自分をかわいがってあげられるのは自分だけです。過剰に高価な服を着ることもありませんが、あまりにイメージの良くない服は着ない方が自分のためです。

足りない服は「堂々と買い足す」

「減らすために買う」矛盾していると思うかもしれません。けれども本当は「着ない」とわかっているのに処分に踏み切れないのは「確実に着る服」がないからです。

先ほど書いたように「なりたい自分」の服ではなく「今の自分」が確実に必要な服を素直に買い足すようにします。

この時季節の先取りをしすぎてもいけません。できれば1週間以内に確実に着る服を買い足します。決して「1か月後に着る服」を選んではいけません。

店に行けば季節を先取りして服が並んでいます。商品が豊富な時期とそうでない時期があります。本当は商品が豊富なシーズン初めに買えば良いのですがそうすると「着ない服」が発生する危険があります。

その辺の買い物のタイミングは難しいのですが、昨年の自分を思い出して早めに買うかどうかを判断します。

服を減らす最中に、必要な服が足りないと気づいた場合は堂々と買い足しましょう。例えばブラックフォーマルの服は誰でも堂々と買い足しますよね。

それと意味は同じ事です。普通の私服でも必要な服は買い足します。必要な服があればライフスタイルに合わない服を手放すことができます。

きちんとした服も持つ、時々着る

普段はジーンズにスニーカー姿で出かけてばかりいる人が、久しぶりに友人と街のオシャレなカフェにランチしに行くことになりました。

最近は世の中がカジュアル志向です。だからジーンズやスニーカーでも構わないところは多いです。一方でまだまだそれでは違和感のある場所も存在します。

そのとき「着る服がない」となります。「なりたい自分」系の服を持ちすぎる事は問題ですが、全くないのは困る事にもなります。

そしてときどき、ラフ過ぎない服を着ていないと、服に着られている感が出てしまいます。定期的に「きれいめ」な服を着てヒール付きの靴を履いて外出することは必要です。

30代前半くらいまでは、一年に一回だけ、「きれいめ」の格好をしても、普段はどういう服装をしているのか透けません。

ところが40代を過ぎると一転します。たとえその場で「きれいめ」の格好をしても、普段全くそういう格好をしていないと、何となくにじみ出るものがあるのです。

今、30代くらいの人はこの現実に気付かないことでしょう。だからこそ時々は「きれいめ」の格好をして出かけることは必要です。

まとめ

確かに「大事なのは中身」です。本来、マナーに合っていればそれ以外のプライベートで何を着ようと個人の自由です。日本は特に、自由です。

ところが現実は「見た目」と「何を着るか」は重要です。けれども現実は、着る物で第一印象が決まります。同時に自分のセルフイメージにも影響します。

そして「着ない服」を買わないためには、「確実に着る現実の自分」に焦点を合わせることが重要です。同時にほんの少し、ときどきは、「きれいめ」の格好もすることです。

とことん考えて工夫を凝らした人はそれなりになりますが、とことん考えてこなかった場合は、それなりになります。

私の場合は、「ある時期から『きれいめ』の格好をする頻度を減らし過ぎた」と反省しています。だからこそ、これからはカジュアル一辺倒を少しずつ脱する試みをしています。

この積みかさねが、後に年齢を重ねた時、本来の容姿やスタイル以上の効果となり現れます。だからこそ40代の後半になった今、「何を着るかの積みかさね」は重要であり、恐ろしくもあると思うのです。

恐ろしいというよりも、だからこそ興味深く面白く楽しい物と言えましょう。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。