物を捨てる簡単なコツ・ワザもテクもいらない方法(ただし体力は必要)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ワザもテクも不要の物の捨て方と片付け方法を紹介します。ただし体力と時間は必要です。

はじめに、ものが多くて気になる場所を眺めてみます。物の吹き溜まりになっている場所は、長い間触ったことがないはずです。

スポンサーリンク

捨てたいものがある場所はしばらく触ってもいない場所

つまり、処分を考えるものとは自分の関心から外れたものであるはずです。そういうものは、たいてい、放置され無視され、視界にも入らなかったはずです。

物の吹き溜まりの場所をいったん空にする

そこで提案です。まず、その気になる場所を一度空っぽにします。これまでおいていたものはいったん、他の場所に移動します。いったん空っぽにしたら、掃除機をかけるなり雑巾をかけるなりの掃除をします。雑巾をかけたあとは、しばらく風を通しながら休憩します。休憩した後に、再び物を同じ場所に戻します。

方法はこれだけです。いるものと、いらないものを区分しようと思わなくても構いません。ただひたすら、元に戻すだけで大丈夫です。戻すときに物を捨てなくても構いません。もちろん、「明らかにこれはいらない」と判断したら、すててOKです。

戻すとき、自然と捨てる物が見つかる

どうでしょうか?実際は、元に戻すときに結構ないらないものを、選り分けて捨てたのではないでしょうか。そして元に戻した後にはウソのようにスッキリしているはずです。

物を捨てることと、片付けを必要以上に難しく考えることはありません。もっと簡単に考えましょう。捨てたければ捨てる。捨てたくない物は捨てない。

あれこれ考えずともそれだけでいいのです。そして、物の吹き溜まりをいったん空にして掃除して、少し休憩した後に、再び元に戻すだけです。

実際は、どんなに自称片付けベタ、捨てられない人でも、元に戻す段階になると「これは、もういらない」「これはどう見てもゴミ」というように何かしら手放す物が出てきます。

ところが初めから「捨てなくては」「減らさなくては」という強迫観念に駆られていると、その緊張感とプレッシャーで、やる気が起きなくなってしまうのです。

停滞している場所を移動して空気を通すだけで自然と片付く

大事なのは、停滞している物を移動して空気を入れることです。そうすると嫌でもその場所の空気が変わります。「物を移動するだけ?」と思うかもしれませんが、移動するだけでも全くその場の空気は変化するのです。

「まさか」と思うかもしれませんが、本当です。

どんなに整理整頓をしていても、長い間触れられていなかったものは、ほこりがたまります。そうすると気分的にも活用する気が起きなくなります。

ところが時々、物を強引に移動させてみると、必ずいらない物を自然と発見します。そして元に戻した頃には、すっかりいらない物といる物にいつの間にか分類されて整理されているのです。

さいごに

「捨てよう、片付けようと思わないこと、単に物を移動させてついでに掃除をしておこう」くらいの気持ちでスタートすることです。

どんなに自称片付けベタ、捨てられない人でも物を移動すれば必ず物は減りきれいに整います。意外と物を捨てることにも片付けにもテクやワザはいらないのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。