決め事を減らす・「使用済みタオルの置き場所」を決める意外な効果とは

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第3刷決定

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

お風呂からあがって体を拭いたタオルはどこに掛けていますか?掛ける場所は決まっていますか?それともその都度何となく、空いている空間に引っ掛けているだけですか?

翌日に洗濯するとしても、濡れたタオルを洗濯カゴに入れると雑菌が繁殖しそうで気になりますよね。ちなみに我が家では、ステンレスの伸縮性物干しに掛けています。

rimg0514

横幅を広げることもできます。

rimg0512

スポンサーリンク



お風呂上がりのタオル置き場を決めたら

以前ははっきりと、お風呂上がりのタオルの置き場所が決まっていませんでした。手拭き用以外のバスタオルを掛けるための備え付けハンガーは、ありましたが、フェイスタオルの場合は先着2名様限定です。

我が家は3人家族なので、最後にお風呂に入った人は洗濯機の縁あたりに何となく掛けることになります。

ある時、これがどうも気分的にモヤッとすると感じたのでした。そこで、使用済みタオルの一時掛け場を真剣に検討したのです。結果として現在も使用しているのは、さきほどの伸縮性物干しです。洗面台と壁との間の狭い隙間にも伸縮させつつうまく収まります。

置き場所を決めていないと考え事が増える

以前は、濡れたタオルの置き場所が決まっていなくて困っていました。何となく洗濯機の縁に掛けてみたり。おそらく、1枚とか2枚くらいなら、何とかなるんですよね。ところが3人分の3枚となると急に「難易度」が上がるのです。

伸縮性物干しを導入したメリット

この物干しの良いところは、一台で何役もこなすところです。普段は主に、お風呂上がりの濡れたタオルをかけています。

そして、例えば冬にはニットを洗った時、平置きする場所にちょうど良いんです。ごらんのとおり、テーブルの様なフラットな面はどこにもありません。

けれども、ベランダにこれを持って行き、幅を広げたあと、洗濯物に合わせて開き具合を調整します。そしてあとはニットを平らに広げて乾かすことができます。

この他、クッションのようなものをこの上に乗せて干すことにも使えます。ステンレスなので、サビたり日光で劣化する心配がないので本当に丈夫です。使い始めて6,7年は経過していると思います。

暮らしのプチストレスは家事の手間だけではない

暮らしの中のプチストレスって、実は家事そのものだけではないんです。「お風呂上がりの濡れたタオルを置く場所がな~い!」・・で、いつも何となくキョロキョロして、洗面所内の空いている空間になんとなく引っ掛けておく。そのスペースは限りがあるので早い者勝ち。・・という状況の些細な積み重ねがプチストレスを産むんです。

そして、その都度「考える」事が増えます。一見、「濡れたタオルをどこに置こうかな」なんてことは「考えている自覚」がありません。けれども実は確実に「考えて」いるのです。

考えることは、もっと重要なことに余力を残しておくべきです。だからこそ、日常のちょっとした迷い「どこにタオルをかけようかな」という事も見逃さない事が大事なんです。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ