食事の支度を簡単にする段取り公開・簡単キムチ風浅漬けを作る前後を利用して楽をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

食事の支度は、同じ手間の作業をまとめると楽です。

今回は、

  • 白菜
  • 大根
  • ネギ
  • トマト
  • 油揚げ

を一気にまとめて下処理しました。

この時点で、他の野菜なども購入していましたが、この日はこの下処理だけで完了です。

必ずしも「その日買った食材を全部まとめて下ごしらえしなくちゃいけない・・」なんてことはありません。その時の余力と何かのついでにできる範囲でいいのです。

この日は大根と白菜で即席キムチ風浅漬けを作りましたので、その前後にできる作業をついでにやりました。実際の様子を画像を交えて紹介します。

スポンサーリンク

食材は今日使う以外の分もついでにカットしておく

  • 大根は、一本で買って残った分を放置しておくと、使う事が嫌になってしまうことがあります。そうならないように、全部一気にカットして軽く塩をまぶしておきます。

  • ネギもその都度カットするのは面倒です。全てまとめてカットします。

  • 油揚げは必ずしも湯通ししなくても良いのです。ですが、最近は余分な油分は落とした方が身体にも良いのでそうしました。

キムチ風浅漬けを作る合間にできる事をやっておいた

明日からの食事の支度を簡単にするための準備をしました。

まずは、丸ごと一本の大根と4分の1カットの白菜です。

rimg0457

白菜の下処理

白菜は洗ってざく切りにします。

キッチンペーパーで軽く水気を拭き、塩小さじ1くらいをまぶしてもみこみます。

rimg0459

3分位もみこむと、このくらいにカサが減ります。

rimg0462

このまま、1時間くらい放置します。

放置中に他の作業をします。

rimg0463

これが一時間放置後です。

このくらい、水分が出てきます。

さらにザルにかけてギュッと搾り水気を取ります。

rimg0465

このくらいになります。

rimg0467

大根の下処理

こちらは、白菜を放置している間にカットした大根2分の1本分です。

こちらにも塩小さじ1くらいをもみこみ1時間くらい放置します。

rimg0468

放置中に他の作業をします。

合間に・今回使わない大根の部位もカットして塩を軽く振る

こちらは、大根2分の1本分です。

半分ずついちょう切り、太めの千切りにしました。

rimg0469

先ほどの大根ですが1時間後、このくらい水分が出てきます。

rimg0486

水分を捨てて塩もみの白菜と一緒にします

rimg0487

市販のキムチの素でお手軽に作る

市販のキムチの素を使います。

rimg0488

今回の場合は、おおさじ8くらいを入れて全体になじませます。

rimg0489

なじませた状態。

rimg0490

保存容器の洗い物を楽する工夫

プラスチックのタッパーは色やにおいが移りやすいので、ラップを敷いてみました。

rimg0491

今回、用意した量が予想したかのようにぴったり収まりました。

市販のキムチと比べて色が薄いと思うかもしれませんが、一晩おくとまた水が上がってきます。

そのため、この段階ではこのくらいでOKです。翌朝くらいに上がってきた水分を捨ててから様子を見てキムチの素を少し足せば良いでしょう。

rimg0492

においとタッパーのフタへの色移り防止に、上部にもラップでフタをしてタッパーのふたを閉めます。

rimg0493

大根と白菜の法治時間中の他の作業

大根と白菜の塩もみ後放置中に他の作業です。

ネギをカット

ネギ3本を買いましたので、一気に洗ってカットしてしまいます。

rimg0471

カットしたネギはにおいを発します。タッパーのフタをする前に、ラップでフタをしてから本体のフタを占めると良いです。

rimg0473

トマトの下ごしらえ

トマトの下ごしらえです。トマトは比較的扱いが簡単な野菜です。それでもヘタを取り、洗う、水気を取る作業が必要です。

これも買ったトマトを全部一気に下処理してしまいます。

弁当用のミニトマトです。

ヘタを取って洗います。

ミニトマトのヘタは雑菌が付いている気がしますので、我が家では取って弁当に入れています。
rimg0475

(ネットスーパーから間違えて普通のトマトを2種買ってしまったので多めです)

rimg0476

普通のトマトの方も、全部ヘタを取り洗って水気を拭きます。

rimg0477

ミニトマトはタッパーに、普通のトマトはポリ袋に入れておきます。

湿気を吸い取るためにキッチンペーパーを一枚ずつ入れてあります。

rimg0485

油揚げの下処理

油揚げを湯通しして、ザルに乗せて冷まします。

rimg0482

冷めたらキッチンペーパーで水気を押し出します。

カットしてタッパーに入れます。

rimg0494

というわけで、これだけでも、翌日以降の食事の支度がぐんと楽になります。

まとめ

今回、まとめて下ごしらえしたもの

白菜と大根のキムチ風浅漬け

rimg0490

大根のカット

rimg0469

トマトの下処理(へた取りと洗って水気を拭く)

rimg0485

ネギのカット

rimg0471

油揚げの湯通しとカット

rimg0494

どうせ包丁とまな板とボウルとザルを使うなら、ついでに

浅漬けを作るときには、まな板、包丁、ボウルやザルを出します。また放置時間もあります。その前後を利用して、面倒な他の食材の下ごしらえも、ついでにやってしまいます。

料理の都度、「トマトを一個だけ冷蔵庫から出してヘタを取り洗う」という手間も、実は積み重ねるとトータルでは結構な時間と手間になっています。

一気にまとめることで、冷蔵庫の扉を開け閉めする手間、トマトを取り出す手間、ヘタを取る手間、包丁とまな板を出す手間、洗って水道の蛇口を開いたり閉めたりする手間、キッチンペーパーで拭く手間・・一個ずつやるよりも一気にまとめた方が断然簡単です。

まとめて処理するほど、まな板、包丁、ザル、ボウルなどを洗う手間と水も節約できます。

何といっても、料理の際に「タッパーから出すだけ」で後は煮る約炒めるなどの調理をするだけでよくなります。料理の手間は買った食材を出して洗い、水気を取り、カットして調理できるようにするまでが8割ですね。

つまり、これさえある程度済ませて置けば料理の面倒くささを感じにくくなります。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。