服を減らす・今シーズン買った服は2枚だけだった。失敗服と活用服の原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

今シーズン、買った服は2枚だけでした。

ずっと敬遠していたリネン素材である長袖シャツ1枚と、今流行のシルエットのパンツが1枚の合計2枚だけです。

その結果です。

実はパンツの方は失敗しました。結局、一回着ただけで「肥やし」と化しました。店頭で試着をして買いました。セール品ではなく定価でした。

それでも失敗するときは、します。

一方、リネンのシャツですが、こちらは買って正解でした。それぞれの失敗と活用できる服を買えた理由を把握してみました。

スポンサーリンク

失敗したパンツの敗因とは?

試着をしたし、セール品だからという理由で買ったわけでもなく、一見、失敗する要因が思い当たりません。また買うときには化繊でできた素材であることで「シワになりにくい」事も購入の決め手になりました。

着なくなった理由

合わせる靴がなかった

私は現在、履ける形状の靴が限られています。そのため、ヒール付きパンプスや先の細いエレガント系の靴を履けません。それをカバーするために靴が目立たないフルレングスパンツを履くことが多かったのです。ところが、うっかりそれを忘れてクロップド丈のパンツを買ってしまいました。

もちろん、無理やり合わせれば履くことはできます。けれども、コーディネイト的に「合わない」と分かっているとテンションが下がるものです。

素材が暑くて着ていられなかった

一見、サラサラしてシワになりにくく、良さそうだと思いました。ところが異様に暑かったのです。汗の逃げ場が無いようで、足に汗を大量にかきます。

冷房の効いた室内だけであれば大丈夫ですが、外出用には無理だと感じました。

けれども秋冬なら履けるかも?

真夏はダメでしたが、秋冬なら履けるかもしれません。靴の問題ですが、ロングブーツを合わせれば可能です。ただし現在、ロングブーツを持っていません。

また、真冬は生地が薄くて寒いかもしれません。

白い長袖リネンシャツは買って正解だった

rimg0415

電車で見かけた女性のコーデでリネンの着方に気付いた

これまで何度かリネンの服を買っては失敗してきました。そのためずっとリネンの服は敬遠していたのです。ところがある時電車の中で見かけた同年代の女性が素敵にリネンのシャツを着こなしているのをみかけました。

さりげなくチェックすると、その女性がリネンのシャツと合わせていたのは、パリッとした張りのある素材できちんとした感じのスカートでした。さらに、バッグや靴もきちんとしたものを身に着けています。

つまり、リネンのシワ感はありますが、それはトップスのみに限定されていたのです。ボトムスや小物などは張りのあるきちんとした雰囲気のものを身に着けている事がポイントだと気付きました。

そしてリネンのシャツはトップスだけに限定されていますが、それが程良い抜け感と季節を感じさせつつ、キメキメ感を払しょくして、良いバランスを保っていたのです。

その方のコーディネイトを拝見して

「こういう着こなしなら、リネンもOKなんだ!」

と気付きました。

リネンの服は、パリッとしたアイテムと合わせる

リネンのシャツはリラックス感が強い服です。そのため、私くらい(40代後半)が着ると悲壮感が出る恐れがあります。実際に、以前それで失敗して敬遠していました。

つまりリネンの服は部分的に着用すること、です。リネンの服を着た時には、意識して他のアイテムはできるだけパリッとしたきちんとした雰囲気のアイテムと合わせれば良かったのです。

リネンの服は見せる面積を少なめにする、ボトムスにINすると特に効果的

そういえば、電車で見かけたその女性はリネンのシャツをスカートのウエストにINして履いていました。この「INして着る」という事もリネンの面積を少なくするポイントになっているんですね。

仮に同じ組み合わせでも、リネンのシャツの裾をOUTにしていたら「オシャレ」な感じがしなかったと思われます。

リネンのシャツを取り入れた

つくづく、服は「バランス」が大事なんだなあと痛感したのでした。以来、ずっと迷っていたリネンの長袖シャツを買いました。

色は白、無地です。

近所のスーパーに買い物に行くときには、首筋、腕全て紫外線を気にせず済みます。(長時間外にいるわけではないので)

さらにお出かけ用に着る時には、ネックレスをつけてカジュアルな感じが先行しないようにしてみました。リネンのシャツのリラックス感は、ときに「だらしなさ」年令ならではの悲壮感を増やしてしまうことがあります。

だから、こういう服を着る時には、他のアイテムでバランスをとる事、それが大事なのだと気付いた次第です。

さいごに

ちなみに、今回紹介したパンツとリネンのシャツを組み合わせて着ることはありません。

夏が長い傾向にある最近の日本。暑いけれど日焼けや虫対策に長袖は欠かせません。あまりの暑さにリネンの長袖シャツを取り入れてみましたが、やはりコットンのシャツより涼しく感じます。

さらに最近はユルっとしたデザインの服が流行です。こういう雰囲気の服は、若い年代の人は良いけれど、うっかり私の年代が取り入れると危険です。それはリネンのアイテムも同じ。

取り入れるなら部分的に、全部をゆるっとさせないことがコツかなあ・・と思っています。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。