使わないアカウントは放置せずに解約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ネット社会の現代、次々にアカウントが増えます。利用しないサイトはまめに解約します。

ほとんどのアカウントは放置しても利用料金がかかるわけではありません。そのため、「放置しても問題ない」と思いがちです。けれどもそうではありません。使わないアカウントの放置は様々なリスクがあります。

スポンサーリンク

使わないアカウントを放置するリスク

  • セキュリティの管理がおろそかになる
  • メールが頻繁に来る
  • アカウント情報を管理し続けなくてはいけない
  • 運営会社の変更などで情報漏えいなどのリスクがある
  • 運営体制が変わり移行期間を過ぎてログインできなくなる

ときどき、時間がある時を見計らい手持ちのアカウントの整理をします。そのときに解約するものはどんどん解約をします。

解約の方法のページが見つからないときには

なかにはメールや電話の必要があるサイトがあります。解約手続きを面倒にしているのは、できるだけ解約を思いとどまらせるためです。そもそも解約方法の画面に中々たどり着けないサイトがあります。

検索ボックスから解約画面にたどりつく

けれども、必ず解約する方法があります。サイトの検索ボックスで次のいずれかのキーワードを入力します。

  • 解約
  • 退会
  • 削除

すると何等かの解約の方法が記されたページにたどり着くことができます。

お問い合わせフォームから解約方法を質問する

それでもわからない場合には必ず「お問い合わせ」などのメールフォームがあります。そこで解約したい旨を問い合わせます。

電話のみ受け付けの場合、仕事をしていたら

「電話のみ受け付け」の場合は平日の9時から17時くらいまでの間のみがほとんどです。「仕事があるから無理」と思わずに、執念で電話番号と必要なアカウント情報をメモしておきます。そして昼休みなどの合間に電話をします。時間は5分もかかりません。有給や代休、外出のときなど仕事をしていても5分の電話をする時間はあるものです。

面倒なのは一瞬だけ、解約のアクションを起こす

とにかく「めんどうくさい」と思っていては、永遠に要らないアカウントが残り続けます。思い立ったらすぐに段取りをすれば、必ず終了します。メールをするのは面倒と思うかもしれませんがメールフォームに記入したら返答を待つだけです。「一見、重要ではない」と見える使わないアカウントの解約手続きですが、放置すれば物と同じです。アカウント情報は物のように場所をとりません。姿が見えるわけでもありません。けれども、持っていれば必ず面倒な動き(メールが来る、セキュリティの問題があるなど)が発生します。物のように場所をとらないのですが、使わないものは解約処理をすることで気分的にスッキリします。以後、管理する物が減るので、ラクになるのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。