・服を捨てるコツ・残す服と捨てる服を迷わず分ける5つの順番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

fashion_onepiece

多すぎる服を上手に手放すコツを紹介します。

前置きは早々に本題に入ります。

スポンサーリンク

1・初めに必要な服を確保する

「服を減らしたい」と決断した人は、例外なくはじめに「捨てる服」を探し始めます。でもこの方法は時間がかかります。最後になって「着る服がない!」という事態に陥ります。実際、かつての私がそうでした。

手放す服を選り分けて行くのですから、服の数は激減します。ところが、この方法は、後味がよくありません。それは、最初に「必要な服」「好きな服」を確保しないで捨てる作業を開始するからです。

好きではなくても「必要な服」はキープする

  • フォーマルスーツ
  • 通勤着
  • 行事用スーツ
  • その他必要な服

たとえ、あまり好きではなくても「持っていなくてはいけない服」あります。たとえばフォーマルスーツはその代表です。

通勤着が必要な人は、それに必要な服は確保する必要があります。さしあたり、それには、「好きか嫌いか」は後回しです。

たとえ着用頻度が少ないといっても、その場の習慣には合わせる必要があります。それは、相手に対する礼儀であり、思いやりでもあるからです。また、自宅以外の場所で、私くらいの若くもない女性が部屋着で外をウロウロしたら、目にした人は一日がうんざりした気分になることでしょう。気の抜けすぎた格好で外を出歩くというのは、年代や状況により、ちょっとした視界の暴力と化すこともあります(;・∀・)

2・生活に必要な数を書きだす

はじめに「必要な服」をキープしたので、次は、いよいよ核心の作業です。

どこに着て行くが何枚必要か?

をはっきりさせます。

服装のテイストを基準に、どこに着て行く服を何パターン必要なのかを紙に書きだします。

例えば

  • フォーマル 1セット
  • 行事服 1セット
  • 学校訪問服 2セット
  • 通勤服 5セット
  • プライベート、オシャレ服 2セット
  • プライベート、レジャー服 2セット
  • コート類2セット(秋冬)
  • 室内服 2セット
  • パジャマ 2セット

・・という感じです。

このセット数は、各自のライフスタイルによって変動します。

また、シーズンに対応する必要があります。オールシーズンについて検討した場合、必ずしも必要なセット数×4(シーズン)分の服が必要とは限りません。

この段階ではまだ、服の取捨選択はしません。なので、季節ごとに必要な服の数を割り出せば大丈夫です。

3・手持ちの服をシーズンごとに7つに分ける

cardboard_open

手持ちの服をシーズンごとに分けます。

複数のシーズンにまたがるもの、オールシーズン着られるものは、それも別にします。だいたい、7つに分類すれば、足りると思います。

  1. 春夏
  2. 秋冬
  3. オールシーズン

シーズン別に分類してみると、やけに多いシーズン、少ないシーズンがはっきりわかります。

4・必要な数のアイテムを取り出す

「2」で書いたメモを参考に、各シーズンに必要な服を取り出します。

要注意なのは夏服です。「洗い替えが必要」とばかりに、必要数以上に多く持っていることがあります。ただし数が多くても、必要があるならそれで構いません。

5・残った服が手放す服です。

  1. 最初に、問答無用で必要なフォーマル服などをキープ
  2. 次に、自分の暮らしに必要な服を取り出す。
  3. 残った服が手放す服

という順番です。

まとめ

「最初に必要な服をキープして、残った服が余分な服、それを手放す」という方法です。

通常は一枚ずつ片っ端から見て「いる」「いらない」と選別していきますよね?でもこの方法では、最後にきちんと必要な服が残るかわかりません。

全体を俯瞰しにくいのです。最悪、全部入らない服だった・・ってことも起こりえます。それは現実的ではありません。

なので、最初に「これは、どうしてもいる」ものをキープするのです。残りは手放しても支障がない服です。

つまりは一般的な順番と反対です。これまでの方法でうまくいかなかったならば、ぜひ試してみてくださいね。

・・おしらせ・・

書籍「簡単に暮らせ」が本日より電子書籍版リリースされました。

各ウェヴ書店さんで販売開始しております。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。