何を着るか困る前に注意しておきたい2つのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

主婦層が、着る服に困るのにはそれなりの理由があります。それは世の中のファッションの主流がカジュアル系だからです。

きちんとした服を着ればいいかというと、そうでもない、「決めすぎ!」のような、感じがしてしまう。かといって、30代くらいには違和感のない格好でも、40代以降でそれをすると、今度は崩し加減が難しいのです。

40台を過ぎると全体の印象がぼやけてきます。そのため、ラフな服装では、どこかにピシッとしたところがないと、単にだらしないだけの印象になる事があります。

そこで重要になってくる2つのポイントがあります。それはメイクと髪の毛の状態です。

スポンサーリンク

メイクと髪の状態でも印象が変わる

「洋服のコーディネイトを頑張っても、何かしっくりこない」そういう場合、実はメイクと髪の毛が無造作になっていることが多いのです。双方とも、重要なのは清潔感です。

髪の毛は、高い料金でたまに美容院に行くよりも、安い料金でこまめに行く方が効率的です。こまめに髪の毛を整えた方が清潔感を出しやすいからです。

また、メイクも重要です。メイクをすることがナチュラルに反するような気がして、敬遠する方もあるかもしれません。けれども、最近のメイクは「メイクしていないように見えるメイク」が主流です。

昔覚えたメイクの方法のままでいると、顔が決めすぎになってしまいます。今のメイクの主流は透明感、自然、ツヤです。

たまに洋服屋さんのスタッフさんの顔を拝見すると、昔とは随分メイクの方法が変わっているなあと勉強になります。

ファンデーションの上には軽いパール入りのパウダーをはたいています。眉はくっきり描かず、自然に生えているように描いています。口紅の輪郭は、元々の唇よりも一回り大きく描き、色は透明感とツヤのある柔らかい色を使っています。チークは割と思い切って頬骨の前よりに平行気味にはたいて血色よく若々しく見せているようです。

ちょっとの時間ですが、このようにメイクも、しない方が自然ということではなく、きちんとしているけれど、自然に、元々顔色がよいよいに見えるメイクが今風だなあと思いました。

洋服がしっくりこない時は必ず、ヘアスタイルを整えて、メイクも昔のメイクではなく、最近のメイク用品を使い、今のメイク方法で化粧してみる事をお勧めします。

高い者でなくても、安くても良い物がたくさんあります。服の問題だけど、服だけで全体のイメージが決まるわけではないんですね。要は全体のバランスなのでしょう。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。