夏服を減らすために・増える6つの原因と、服を少なく持つための4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

増えやすい夏物の服を少なく持つコツを紹介します。

ただし、それぞれのライフスタイルに違いがありますよね。なので、「必ずこうでなくてはいけない」ということはありません。

初めに、夏物の服を減らすために、増える原因を考えてみます。

スポンサーリンク

夏服が増える原因

  • 着替えの回数が増える
  • せんたくの頻度が増えるので服の劣化が早い
  • 旅行、レジャー、帰省など外出が増える
  • 人と会う機会が増える
  • テンションが高くなりやすいので、積極的に買い物をしてしまう
  • セールがある

原因別対策

着替えの回数が増える

単純に汗をかくから着替えが必要になる場合と、何となく外出に応じて着替える場合の2種類があります。一日中、フルタイムで仕事をしている人は着替えを頻繁にしようがありません。

つまり、着替えを頻繁にしてしまうのは、比較的家にいる時間が長い人という事です。エアコンの電気代を節約しようと暑いときに掃除などの家事をすると、とたんに汗をかいてしまいます。

夏場は、単に「自分が家事をしたいタイミング」ではなく「汗をかいても構わないタイミング」に集中させると着替えの頻度を減らせます。すると必然的に服も減らせることになります。

洗濯の頻度が増えるので服の劣化が早い

服を買うときに素材表示タグを確認します。毛玉ができやすい素材の服をなるべく買わないようにします。毛玉ができやすいのはレーヨンが配合されているものです。もし、買ってしまったら、

  • 手洗い
  • 洗濯ネットに入れる
  • 裏返しにして洗う
  • 長時間脱水をかけない

ように注意します。

服の劣化が遅いと、服を買う頻度を減らせます。

旅行、レジャー、帰省など外出が増える

旅行、レジャー、帰省のたびに新しい服を買っていないでしょうか。なるべく、今家にある服で間に合わせるようにしてはどうでしょうか。

長時間、自宅以外の場所に出かける時は、着慣れた服の方がリラックスできます。

人と会う機会が増える

これも上記同様に、新たに人と会うときに、新しい服を買ってしまいがちです。場合によってはそういう事も必要でしょう。でも、本当に買い足す必要があるのか、何となく買い足そうとしていないかをよく確認してみます。

テンションが高くなりやすいので、積極的に買い物をしてしまう

夏は誰しもテンションが上がりやすい時期です。同時に暑さのせいで慢性的に疲労しています。すると正常な思考ができず、何となく感覚だけで買い物をしがちです。また、休日が増えるので買い物をレジャーにしてしまった結果、余計に服を買ってしまいやすくなります。

セールがある

最近のセールは早く開始します。すでに今年の夏のセールは開始しているとこともあります。○%オフ!の文字に思わず心躍る気持ちもわかります。

もし、セールに行くのなら、セールの前に買う予定のものをチェックしておくことです。仮にセールで売り切れていても惰性で別の違う物を買わない事、場合によっては定価でセール前に気に入った物があれば買っておくという方法もありです。

着ない服をセールで買うよりも、確実に着る本当に気に入った服を定価で買ったほうが元が取れます。

どうすれば、少ない服でも間に合うのか(夏服)

丈夫な素材の服を持つ

何といっても、丈夫な服を持つ事が大事です。どんなにデザインとサイズが合っていても、気に入っていても記事や縫製が弱いのは長く着られません。結果、気に入った服をリセットしなくてはいけなくなります。その点、丈夫な服であれば、しょっちゅう、服を買い替えずに済みます。

洗濯できる服を買う

夏は出来るだけ洗濯可能な服を選びます。クリーニングに出さないと洗えない服は、着られる頻度が減ります。するとその間に別の服を多めに持たなくてはいけなくなります。

けれども初めから自宅で洗濯できるものにしておけば、クリーニングに出す間が不要です。結果として手持ちの服を減らせることにつながります。

きちんとした服を取り入れる

最近はカジュアルが主流です。けれども、いつもカジュアルで過ごしていると、いざ、きちんとした服が必要な場面であわてます。きちんとした服をカジュアルな場に着て行くことは可能ですが、その反対の代用は効かないからです。

ならば初めから、手持ち服の一部はカジュアルだけではなく、きちんとした服を組み込んだ方が服は減らせます。

Tシャツは5枚までにする

お土産にTシャツ・・ということもあるくらい、「何枚あっても困らない消耗品」と考える人は多いようです。けれども「たかがTシャツ」ですが、一枚ずつのデザインや素材、生地の感じなどの違いがあります。結局、気に入って良く着る物と、そうでないものに二分されます。「どれも良く着る物」だけでさいしょうげんのTシャツを持った方が服は少しで済みます。

まとめ

夏服が増えるのは、何となく「洗い替えがないと」というように感覚によるものが原因です。冷静に用意しようとしてみると、実はそれほど洗い替えの予備は多くを実用としません。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。