【服を減らす】多すぎる服の見直しで見直すべき行動の問題が見えてくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

服を減らすためには、服そのものを見直しても解決しません。では何が必要かというと行動のパターンを減らすことです。なぜかというと、服は場所に応じて合う服を取り揃えているからです。

スポンサーリンク

服の問題は他人とのかかわり方の問題

本当に最小限の数で良いならば洗濯が間に合いさえすれば良いのです。けれども、それが可能な人はほとんどいないことでしょう。服の見直しが難しいのは他人の視点が大きく関係しているからです。たとえ洗濯をしてあっても、たまたま同じ人に会うタイミングのときに同じ服を着ていると、「あれ?」と思われることを心配するのはそのひとつです。何が心配なのかといえば、「今時、服を買えないほど経済的に困っているのだろうか」と思われたり「洗濯をしていないのではないか」と衛生観念を疑わたり「無頓着」とおしゃれに対する意欲のなさに「面白みのない人」と思われたりすることなどです。

「最小限の服でもいい」と考える人は実はまだ少ない

世の中では「服は最小限でよい」と思う人は少数派です。まだまだ日本中の多くの方は、「物は普通にたくさんあった方がいい」と思う人が多いのです。だから当然、「少ない服で着まわす」などの価値観であると思う人も少ないのです。当然ながら、「いつも同じ服を着ている」と認識されるとお金がないのだろうかなどのマイナスの推測をされかねません。

他人の目線を意識せずにはいられないから服が減らせない

だからこそ、たいていの人は「減らすことが良いのかもしれない」と思っても不安を抱いて減らすことができません。つまり服を着ているのは自分ですが「他の人からどう思われるか」という視点があって服が増えているということです。

その他には、機能性や見た目に特に問題がなくても「用途別の専用服」の意識のために服が増えることがあります。たとえば登山用ウェアを着てスーパーに買い物に行き、コンビニに行くくらいなら問題ないはずです。でも実際は、兼用する人はあまりいません。ウォーキング用の服と登山用の服と家でくつろぐための服は全部同じでも良いはずですが、全て別々に着る人がほとんどです。

現代日本は行動別に服が必要

行動別に服を用意するのが普通の時代であることも服が増える原因です。でも現代日本では、どうしても行動別にそれぞれ服を用意してしまう風潮があります。それを外すと浮いてしまうのです。ならば、行動のパターンを減らすしかありません。それが無理だというのなら、服を減らすことをあきらめるか、もしくは「どう思われても構わない」と覚悟する必要があります。

でなければ、「いつも同じ」と思われても構わないと思える精神を持つしかないでしょう。多くの人がそれに耐えられないから迷っています。

「服を減らしたいけど『いつも同じ』と思われるのはイヤ」→行動パターンを減らすしかない

ということです。

服を減らせないなら行動の種類を減らすしかない

服が多い人は、顔が広くていろんな場所に出入りしているのではないでしょうか。「いざ、服を減らそう」と思ってもそれが難しいのは、服が少ないと思われることに耐えられないからです。

それも無理であり、でも服を減らしたいのなら、行動の種類を減らすしかありません。行動の種類が多いから多くの服が必要になるのです。だから服ではなく行動の種類を減らす方向で見直すことが必要になるということです。もしかすると、本当に減らすべきは無駄な行動であるかもしれません。発端は「服を減らしたい」ですが突き詰めていくと本当に無駄だったのは意味のない多様な無理のある行動である可能性があります。

行動の過剰を見直す

最近は、物に対しての過剰は注目され始めています。そして行動力は「あるほど良い」とされています。確かにどんなことでも行動しないと始まりません。けれども本当にそうでしょうか。もしかすると自分の限界を超えて多数の場面に顔を出し過ぎているのではないでしょうか。あちこち動き回っていると、ランナーズハイのような感覚になるのかもしれません。

現代は「行動してなんぼ」の価値観が強いです。もちろん、有限な時間をどこで過ごし何をしようと各自の勝手で自由です。けれども、多すぎる服の問題とは、実のところ行動の見直しにあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。