書く物は108円の大学ノートに統一する

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

世の中にはいろんなサイズのノートや手帳、メモ帳があります。けれども数年前から私が活用するようになったのは大学ノートです。(外出に、極小サイズのメモ帳を持ち歩くことは有ります&ID、パスワードの管理には手帳を使っています。)

これまでは様々なサイズや素材、デザインの物を使っていました。小さいサイズのものは大きい物に紛れてしまい、何かと重なって発見できなくなることもあるのです。

現在は、メモ帳や、雑記、その他の記録、全てほとんどが大学ノートです。いっときは家計簿も大学ノートでした。(家計簿は現在、オカネレコというアプリに記入してしまうのでペーパーレスです。)

メモ書きや何かの思い付き、ちょっとした控えを書くときでも大学ノートです。その辺の紙に書いてしまうと、紛失します。けれども大学ノートなら失くすことはまずありません。また閉じてあるので時系列に並びます。書いた場所を探すときにも都合が良いのです。

スポンサーリンク



 日常のツールに選択のエネルギーとコストをかけない

カラフルなもの、デザイン性のあるもの、様々な手帳、ノートが市販されていますが、価格も妙に高いことがあります。

けれども大学ノートなら値段が安いです。年末に販売される家計簿は罫線が引かれて項目が記入してあるのに一冊の書籍並の価格です。

大学ノートの良さはシンプルで余計な物が書いてないので、自由にカスタマイズできるところです。市販の家計簿は余計な情報や広告が盛り込まれていたり自分に不要な項目が初めから記載されていたりします。

基本的な物でも十分間に合うのに、ちょっとした物を盛り込んだだけで何倍もの値段で売られています。もちろん、それが自分に合えばそれも良いのです。

けれども多くの場合、自分に不要な項目があっても初めから記載してあれば省くことはできません。その点、大学ノートは自分で自由にアレンジできて値段も安いです。

どこでも売っていますから手に入れるのも簡単です。たいていは一冊108円くらいで買えるはずです。安い時には5冊や10冊束、一冊あたり70円くらいで買えることもあります。いつも使う消耗品はコストをかけず、いつでも手に入る物を使います。

ノートを選ぶことに余計なエネルギーを使わずに済みます。その分、別の重要なことに思考のエネルギーを使いましょう。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

アドセンス・関連コンテンツ