最近の日本の夏の蒸し暑さは異常すぎ・身を守るために「何が何でも手作り&自然食材」にこだわるのをやめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

まだ梅雨は空けませんが、今日の首都圏の最高気温は30度越えです。しかも湿度も高いです。最近の日本の夏は本当に長く気温も湿度も高い日が続きます。

スポンサーリンク

日本の夏は、暑くて湿度が高くて長くて辛すぎる

東京の周辺など多くの場所では一年の3分の1以上が夏なのではないかと思います。しかもその気温が30度越えです。今日は早速猛暑気温で、外を日傘を指して15分くらい歩いただけで頭がクラクラめまいがしそうでした。

この非常事態を乗り切るために「何が何でも手作り&自然の食材」にこだわらない

そんなわけで、しっかりバテない為の対策が必要だと思います。少し前まで、できるだけ市販の自然ではないような物には頼らないようにと心がけていました。けれども、最近は、ちょっと考えを変えました。

市販の栄養ドリンクを常備

それは、栄養ドリンクや、市販のレトルト食品なども一定数を自宅にキープしておくことです。もちろん、それを大量に摂取するようなことはしません。

基本的に、我が家で買っているものはにんじんジュースと無糖の炭酸飲料、それとレモン果汁とはちみつです。そのほかにはティーバッグの麦茶、ウーロン茶、緑茶、紅茶、粉末のインスタントコーヒーを常備してピッチャーに飲み物を作っておきます。

その他に、最近取り入れ始めたのはチオビタやグロモントなどの安価な部類の栄養ドリンクです。こういうもので疲労が取れる保証があるわけではありません。同時に食品から必要な栄養を取るのが基本です。けれども、最近の日本の夏はあまりに暑すぎます。

「日傘をさしているし、ちょっとだけだから大丈夫のはず」と思っていましたが、少し歩いただけでクラクラして「これはまずい」と思いました。

水分のほかに塩などを摂ることが必要なのですが、出先ではそうもいかなかったり、自覚するのが遅れることもあります。

そんなとき、帰宅してすぐ、即効性のある栄養ドリンクを飲む事は、決して悪い事ではないと割り切ることにしました。

市販のレトルト食品を常備

真夏には、近所にちょっと買い物に行くにも暑くて大変です。あまりに異常な最近の日本の夏。こういうときにはある程度市販品の力を補助的に借りるのも悪くないと思います。そしてこれらを一定数キープしておけば災害備蓄品にもなります。

また、レトルトのカレーやミートソースなどは、家族が半端な時間に帰宅しても簡単に小腹を満たすのに使えます。もちろん、基本は手作りおかずが本来のあるべき姿でしょう。

これは電子レンジでチンできるから子供でも調理可能です。(やけどには注意)家族の小腹対策や主婦が留守の時のおひるごはんくらいには使えます。

実は市販品には保存性のメリットがあります。梅干しのようなものを除いて、手作り品は常温での保存ができません。たとえ冷蔵庫に入れても、梅雨や夏は腐敗も早くなります。そして食べても大丈夫の目安がわかりにくい事があります。

けれども市販品であれば多くは常温で保存ができます。指定通りの保存方法にすれば賞味期限、消費期限内は安心して食べられます。もちろん、何かしらの添加物は入っているのでしょうが、日常的に継続して大量に食べなければ特に問題はないでしょう。

家族の「小腹対策」に主婦が気を使い過ぎない

パスタは麺を半分に折ってゆでています。そうすると、湯も少量で済みます。またからみにくくなるので、少し時間がたってから食べる時にも重宝します。家族がいつ帰宅するかわからないときは、ゆでたパスタにバターを絡め、コショーを振って一食分ずつ皿にセットしてレンジ用蓋をかぶせ、冷めたら冷蔵庫にしまっておきます。

すると、家族が勝手に小腹対策として私がいなくても自力で食べられるという感じです。

冷蔵庫にカットしておいた野菜などを私は「後はちょっと調理するだけ」で出せるのですが、夫や息子が自力で作れるのはインスタントラーメンくらいです。

作り置きが苦手な家族

主婦が家族の食事を配膳してあげられないこともあります。私もそうですが、家族も作り置きが苦手なので、そうした市販品も割り切って活用しています。作り置きは食べませんが、皮肉に市販のレトルト品は食べてくれるのです。手作りで手を掛けたけれど、調理してから時間がたったものよりも、市販品の方が抵抗なく食べてくれるという皮肉な我が家の現象・・。例えば前日の夜に出したきんぴらを翌日の朝に出しても絶対食べてくれない我が家の家族。

イライラ&疲労して倒れるよりも、市販品をちゃっかり活用してニッコリ暮らそう!

だからと言って、半端な時間に「腹減った」と言われたときいちいち一から手作りしていられないのです。そういう時に頑張って手作りしようと思うと、こっちが疲れるし下手をするとイライラします。

イライラは一番自分にも相手にもよくありません。なので「何が何でも手作り」にこだわらず、日本の以上に暑くて誰もが予想外に疲労するこの季節は、市販品も割り切って活用してしまったほうが良いと思うのです。

長い夏が始まりました。なんとか元気に乗り切りたいですね!

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。