最近、無印良品週間でも買わなくなった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

・・

最近、無印良品週間で何かを買う事がなくなりました。それは無印で買いたいものがなくなったというわけではなくて、タイミングが合わないのです。

スポンサーリンク

無印良品に買うのは本当に得か

無印良品で買えば10%引きで買えます。それ以外は定価です。普通に考えれば10%引きで買ったほうが良いと思いますよね。けれども、買い物はタイミングが大事です。それ自体がどんなに良くても自分に必要な時期があります。

ところが無印良品週間のときに、買いたいタイミングが合うとは限りません。それでも以前は「今、無印良品週間だけど何か買うものなかったかな?」と買う物を無理やり探そうとしている自分がいました。確かに店内に一歩足を踏み入れれば、洋服にしても雑貨にしても収納品にしてもスッキリシンプルで良さそうなもの、とりあえず買っておいても良さそうなものがあります。

無印良品週間時期の「買う物探し」は正解か?

けれども「どうしても今じゃないとだめか?」というと、そうでもないのです。じゃあ、何のために買うのかというと結局は「10%安く買う」お得感という「イベント」に参加したい気持ちです。

 後悔したくないから買っていないか

つまり、必要だから買う、欲しいから買う、ではないのです。セールで買った、得したという体験を買って満足したいからだったのです。それだけではなくセールで買わないと後から後悔するのが嫌だから、です。セール終了直後「あ、これが必要だった。無印週間で買えば10%安く買えたのに!」と地団太を踏みたくないからだったのです。

「無印週間でこれを買いました。」のような買い物レポを見るのは好きです。私も過去にはそういう記事を書いていたこともあります。でもレポを拝見すると、たいていの方は意外と堅実な買い物をしています。こまごまとした消耗品に近い様な雑貨くらいしか買っていない方が多いです。皆さん「イベント」上手に楽しんでいるけれど無駄な買い物をしていません。それでいいんですよね。

 無印良品の真の魅力は選択肢の少なさ

無印良品週間はスッキリシンプルでお値段も手ごろですが、商品展開自体は種類が多いわけではありません。だから選択肢の少なさも実は魅力なのではないかと思っています

。本来、いろいろな選択肢から「選べる」のは良い事です。けれどもあまりに種類がありすぎて一つも選べないという現象も起きます。実際、私はそういう場面をしばしば経験しています。

ところが無印の場合は、どれを選択しても極端にダサくなることもありません。だから比較的安心して選べてしまうという利点はあります。

更に選択肢が限られているので迷うというジレンマをあまり感じません。ところが無印良品週間のたびに「何か買うものなかったかな?」とチェックしていると、さすがにいつも買うものがあるわけではありません。

無印良品週間は無視する

つまり、無印良品週間で安く買えれば良いけれど、自分が必要なタイミングとは違います。だからこそ必要な時、買いたいときのタイミングで買った方が良い買い方ができます。最近は無印良品週間を無視して買っています。セールだと思うと財布のヒモが緩みます。同時に通販で注文すると「あと○円で送料無料」にしてやられますが、交通費分と時間の分だと思えば良いのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。