「簡単に暮らせ」書籍出版のお知らせ・2016年6月20日(月)発売

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

このブログが本になりました。大和書房さんからの出版です。発売日は1週間後の2016年6月20日(月)予定です。リアル書店さんでは夕方以降くらいに並ぶ予定とのことです。(書店さんや地域により多少前後すると思われます。)通販は21日です。

スポンサーリンク



書籍の概要

この本はブログ記事を元に再構成されたものですが、書籍化にあたり、全ページに修正を入れました。約250ページの文字の本です。眺めるのではなく、しっかり読んで頂く種類の本です。

ブログよりも、よりわかりやすく、読みやすいように全力で改善しました。

書籍化のお話を頂いたのは、ちょうど一年前です。当初は全180ページ程度の予定だったようですが、最終的には約250ページとなり、大幅にページを増やして頂いた形となりました。

ブログはその日の気分で記事を書いていますので、順番やテーマに沿った流れがランダムです。

また、現時点でのブログ記事数は約680記事もあります。ブログの過去記事から自分が読みたい記事だけを良い流れで読むことは、書いている私でも実は困難です。

本は100の項目になっています。ブログよりも効率よく読んで頂けるのではないかと思います。

もちろん、書店でしっかり現物を確認なさってから読んで頂くかどうかを決めて頂くのが良いと思います。

書籍の作業風景

ブログが元になっているとはいっても、実際に本にするとなると、内容の確認と修正などの作業はかなりの労力が必要でした。一字一句確認しつつ、入念に何度も読み返しました。少しでも「?」と感じた箇所、わかりにくい箇所などは全て修正しました。無駄な表現は省き、意味がわかりにくい箇所は付け加えました。

書店で初めてこの本を手にした方が、ブログやネットになじみがあるとは限りません。そうしたことも想定して、誰にでも理解できるように造語を極力省く等の改善も行いました。

校正の作業

RIMG1037

(画像上の束が初校、手前が再校のゲラです。)

実際に本になる前に「ゲラ」という紙に試し刷りしたものに赤ペンで修正箇所を入れる校正の作業があります。当初、初校(第一回目の確認作業)だけで再校は確認作業程度を想定されていたようでした。

再校(二回目の校正)の段階では、ページが変わらないように修正する必要がありました。書き直すにしてもページが変わらないように調整しながら必要な事を的確に盛り込まなくてはいけません。本来は初校を中心に修正を入れるのだと思いますが、何せ初めての作業で要領がつかめず戸惑いました。

その辺が自由に文字数を決めず後からいつでも修正できるブログとの大きな違いですね。そして、より読みやすくするために、結局三校(第三回目の確認作業)までギリギリ締め切り前日まで書き直しの原稿を受け入れて頂きました。

RIMG1035(再校の光景・初校を確認しつつ、「どこに書いてあったかな?」はpdfデータでパソコンで表示しながらなどで行いました。)

この校正の作業では、ほぼ全ページ真っ赤になるほど修正を入れました。てにをは以外にも、まるごと書き直し、数行の書き直しをした箇所もあります。それらは出版社の方に言われたわけではなく、いずれも自分で直したいと判断した個所です。

一通り作業を終えて、「これで完成!」と思うのですが、不思議に朝起きた時などに、「ぬう~っ」と自分の頭の中に訂正する必要のある個所が映像のように水面から出てくるようにその個所だけが飛び出してくるんです。それを見て(?)「あ、そうだ、ここ直した方がいいよ。」と気が付いて手直しをする、そんな感じでした。

そうして自分の頭の中から指摘された箇所を改めて読み返すと「この数行、前後に書いていることとつながっていないよ。」という事に気付くような感じでした。他には無駄な表現は可能な限り削りました。

もちろん、最終的にはプロの校閲の方や編集の方の確認も入ります。

書籍化の目的と願い

書籍化は本を読んだ方が、「良かった」と感じられる気付きを感じていただくことが目的です。それは、出版社の方や本の製作に関わる全ての方が同じ思いでおられます。

書籍とは、ブログの読者様は紙の媒体になることでブログより、フットワークよく読んで頂くことができますし、普段ブログを読む習慣がない人やネットを利用しない人にも幅広く情報を提供できる有用なツールだと思います。

書籍を通して、よりよく暮らす方法や考え方のコツなどを知って頂き、一人でも多く日々を楽しく明るく楽な気持ちで過ごせる人が増えて頂く事、それこそが目的であり、真のゴールです。

それは「簡単に暮らせ」というタイトルにもその思いを込めています。あれこれ物事を複雑に思い悩まず、日々の家事などにイライラせず、もっと簡単に解釈してラクに自由になって欲しいのです。

皆様にお礼申し上げます

本にはあとがきのページがありませんので、この場を借りてブログの読者様と、この本にかかわった全ての方にお礼申し上げます。感謝の気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ