家族の無駄な服を減らす・夫の服を妻が買わない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「もう、(夫の)服を私が買わない事にしたから。」と宣言しました。

私が夫の服を買うのを中止しています。結婚以来、気が付けば夫が自分で服を選んで買ったのは靴とパンツ(ズボンの)以外、あまり記憶にありません。

スポンサーリンク

結婚後、いつの間にか自分で服を買わなくなった夫

結婚前、夫はもちろん自分で服を買っていました。「基本は白」という方針があったようで、基本は白シャツに白のレザースニーカー、それにジーンズやチノパンなどの今でいうノームコアが基本というスタイルは学生の頃からだったそうです。

だから決してファッションに無頓着だとか、興味がないなどではありません。ところが結婚以来、連日忙しく、服をゆっくり買いに行く暇がなかったために、やむなく私が一人で買い行って調達するようになったのがそもそものきっかけだと思います。

そうした中では当然、はじめはせっかく買っても好みに合わないのか、一度も袖を通さない服もよくありました。けれども年月を経過するうちにそういう事もなくなり、すっかり夫の服は私が調達するものと化したのです。

今にして思えば、これは良くない習慣だったと思います。いくら忙しいと言ったって、月単位、シーズン単位、年単位でスケジュールを把握すれば、全く服を買いに行く時間がないなんてことはあり得ません。

ところが、夫は服を買いに行くのは休日の人混みに突入することですから、それを敬遠して私に任せるようになったみたいです。

自分のものではない買い物は難しい

私が夫の服を買いに行った先で、「これがいいかな」と思う服を発見したとします。ところが服はサイズが重要です。買ったことがあるメーカーであれば推測できます。けれども製品によって微妙に違うので選ぶのが難しいのです。

サイズだけではなく、着てみないとわからないという事は大いにあります。そして何より自分の服ではないので、「夫の好みに合うかどうか」もわからなくて迷う事数知れず。

こういう積み重ねは、本当に疲れます。そして自分の服を買いに行っても「そういえば、夫の服も買わなくては。」と「待った」がかかってしまい、集中できないのです。

自分の物は自分で選んでこそ意義がある

ネクタイ一本、ワイシャツ一枚、靴下一足、ハンカチ・・こうした些細なものでも適切なものをそろえるのは、妻だから当たり前・・なんでしょうか。ネクタイなどは、買う前に希望を聞いていましたが、考えてみれば夫が現在身に着けているもののほとんど、私が選んだものです。

上記以外、財布、定期入れ、ベルト、キーホルダー、ビジネスバッグ大小2点、ビジネス用シューズ・・

買い物が好きであれこれ過剰に欲しかるような人ではないのは良いです。けれども、こういう細かい買い物も私がやっていると、年中買い物をしていなくてはいけません。

男女平等とか、役割分担とか、そういう話じゃありませんよ。

たかがネクタイ一本でもワイシャツでも靴下でもハンカチでも、当人の好みというものがあります。「選ぶ」ことは何らかの本人の好みと考えが反映されます。

自分で選ぶことによって、日々の行動に何かしらプラスになることもあります。例えば、その日の仕事の内容に応じてネクタイを変えたり、スーツの裾と靴の隙間からちらりと見える靴下ですが、案外人に見られていますから、そうした細かい部分を自分がどう利用していくかということです。

相手のために良かれと思った手間暇が良いとは限らない

たまの帰省の時に、実家の母から時々こういわれます。「ちゃくまは随分、○○さん(夫)に気を遣っているね」と。それは褒め言葉ではありません。注意と気付きを促す言葉です。

そう言われるまで、全く自覚をしていなかったのですが、言われてみればそうかもしれない。そう思いました。

もちろん、同じように夫も私に気を遣っていたり細かい事を言わずにスルーしているという事があると思いますが。

そして、相手に良かれと思って気を遣ったつもりが、良いというわけではないのです。親が子供を育てる時に、手を貸した方が楽だけれども、それでは子供が成長できません。だからある程度は放って様子を見守るという事が必要です。

さいごに

言い方が変ですが、それは夫に対する関わり方も同じなのです。親子、夫婦でも、相手を尊重するという意味で何でもかんでも私が手をかけてやってあげた方が良いという事ではないんです。

夫にすれば、私が服や小物を用意することで、休日には余裕ができるし、自分で選ぶために考える事をしなくて済みます。

けれども、着ている服一枚にしても、そこに主体性がありません。それは、夫のために良い事ではないんです。たとえ「え?それ買ったの?」と思ったとしても本人が納得して選んだものですから、それが一番良いのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。