流行が早く終焉しそうと思ったユニクロのアイテムとは・そして所作と着こなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ユニクロの服は、適度にトレンドを抑えつつ、シンプルでリーズナブルなので大好きです。けれども、予想に反して出番が少なかったアイテムがあります。実はその原因は、服そのものにあるのではなかったのです。それは服を着こなすための所作です。それが私には不足していたという事に後に気付くことになります。

スポンサーリンク

着こなすために必要なこと、所作

周囲を見ても昨年の夏あたりから流行し始めたばかりにもかかわらず、最近、着ている人をあまり見かけません。昨年はかなりの人が着ているのを見かけましたが、最近はさっぱりです。

そのアイテムとは・・

ロングカーディガンです。丈が膝小僧くらいまでの長さがある方です。太ももの真ん中くらいのサイズは定番化していると思いますが、それよりもっと長いロングカーディガンは、思ったより長く流行が続かなかったようです。

これが昨年出た時には「来年、暖かくなったら、絶対買おう」と思っていました。体形カバーできそうなうえに、全体に縦のシルエットが出来るので、オシャレにスリムに見えるような気がしたからです。

そして、今年の春先に、セール価格になっていたカットソー素材の薄手のロングカーディガンを一枚買ってみました。実はこれが想像以上に着ているのが大変だったのです。

RIMG1411

最初に来た時には、「勝手が良かったら、洗い替えを兼ねて他の色も買おう」と思っていたのです。ところが一日出かけただけでギブアップしました。

  • 丈が長すぎるので危ない!
  • バスに乗るとき・・ステップでカーディガンの裾を踏みそうになる
  • バスの2人がけのいす、電車に座るとき・・うっかりが隣の人の座席分に広がっていたのに慌てて気づく。隣に座った人がカーディガンの裾の上に座る。気付いて「すみません。」と裾を回収しようとしたけれど、隣の人は何のことなのかわからないようで、状況を把握させるのに苦労しました。
  • 駅のエスカレーターで・・隙間に挟みそうで怖い
  • 様々なところの階段で・・裾を踏みそう、裾が床につきそう
  • トイレで・・うっかり裾を床に付けそう

そして実際に、どこかの駅で、エスカレーターの長い丈の衣服の裾が挟まれないように注意を促す表示がしてありました。

オシャレなんだけど、使い勝手が不安な服として以前、ガウチョパンツをあげました。トイレに行くとき大変という話を書いたんですね。

ところが今年に入ってからは、ガウチョパンツの使い勝手の悪さなんで、かわいい物だなと思う様な「スカンツ」というものが登場しました。

ガウチョパンツがフルレングスになったようなパンツです。これはトイレの場合は裾をくるくる巻きあげられそうなので、ガウチョよりましかもしれません。けれどもエスカレーターや階段は注意したほうが良さそうです。

スカンツは買っていませんが、ロングカーディガンは、数回着ただけで、着ていません。セール価格だからと複数枚買わなくて良かったです。

所作に注意をはらいつつ着こなす種類の服

考えてみれば、こういう「着るのに注意が必要な服」というのは、「所作」が重要になるのかもしれません。というのも、着物などは見た目は素敵ですが着ている人は不便な事このうえありません。それでも昔の人はそれが日常着だったわけです。じゃあどうやって着こなしていたかというと、普段のさりげない所作により、きめ細かくその都度衣類の乱れを整えていたわけです。

前回のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、「あさ」の舅役の近藤正臣氏が、NHKあさイチで所作の話をしていました。着物を着ているので、何気ない動きの中にも流れるような「衣類のあしらいをこんな風にやっています。」という所作を謙遜しつつ実践して見せていました。

このとき「演じる」とは、人の心情を表すセリフや表情だけではなく、きめ細かい所作まで自然にこなすことが出来てこそ、老舗の両替屋の大旦那を表現できるのだという事を知り、に大いに感心させられました。

こうしてみると、ロングカーディガンを着こなすためにも、当然所作が必要になってくるのです。着物ではなくても、自然に「着こなす」つまり自分の物にするということは、所作も含めての事なんだなあと思ったのでした。

それにあたり、私の場合は、全くロングカーディガンを着こなすための所作がなっていなかったのです。その服が悪いのではありません。

オシャレをするとはつまり、そういう不便をもすっかり受け入れて、自分の自然な動きの中に封じ込めてこその「着こなし」だったのです。

うっかり、ロングカーディガンを悪者扱いしてしまうところでした。新たな形のアイテムを取り入れるというのは、着用時に所作までも十分に研究しなくてはいけないのだと思ったのでした。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。