シンク下と新聞紙の収納を公開・空間の有効活用をやめる事で使いやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

我が家のシンク下収納を紹介します。以前も何度か紹介していますが、大きな変化はありません。今回紹介するのは下記の1,2の部分です。

スポンサーリンク

シンク下の概要

我が家のシンク下収納は、このように古い昔ながらの「台所」タイプです。最近流行の新しい「キッチン」は、引き出し式が普通みたいですね。それに対して我が家のシンク下収納は、観音開きの扉が付いただけで、引き出しも申し訳程度にしかありません。

困っている事

基本的に、いったん、しゃがまないと中の物の出し入れができません。また、奥にあるものが取り出しにくく、上の空間だけがぽっかり空いてしまいます。そのため、体積的には余裕があっても実際に入れられるものは限られてきます。

この収納の現在の方針

これまで、空間を有効活用しようと、収納グッズを取り入れてみたこともありました。けれども、結局は何となく良くなったような気がしただけでした。次第に収納グッズそのものが汚れることもあります。収納グッズとはいえ、取り入れれば物を増やすことに変わりはないと感じました。せいぜい、100均プラカゴを使う程度にとどめることにしました。

使いにくい収納スペースの有効活用はしない

そこで行きついたのは「空間の有効活用をやめる」ことです。特にシンクの真下は湿気が伴いやすいので基本的に収納をするのには適さない場所です。

シンク下収納の思わぬトラブル

また、時にこんなトラブルもあります。昨年、排水の洗浄をしてもらったあと(年に一回管理会社経由であります。)運悪く繋ぎ目がゆるんだらしく水漏れしていました。翌日の朝に気が付いたのですが、シンク下に敷いていた新聞紙がじっとり濡れていました。幸いに大量にあふれるような事態ではなく、染みだしていた程度で気が付きました。

施工業者の方が修理をしに来た際「濡れて使えなくなったものはありませんか?」と尋ねられました。幸いに、この場所には消耗品関連しか入れていませんでしたので、事なきを得ました。(ほぼ、現在と同じものです。)

シンク下にはペット用のトイレシートを敷いています。(ペットはいません。)

その時以降、シンク下というのは何があるかわからないものだと実感しました。そこで、新聞紙ではなく、何かないかと考えてペットのトイレ用シートを敷くことにしました。

滅多に同じ事はないかもしれませんが、いずれにしろ何かを敷かなくてはいけません。なのでペット用のトイレシートは万が一の時、多少は水を受け止めてくれるでしょう。

ちなみに、このシートは2011年の地震の直後に、人間用の簡易トイレの代わり(ゴミ袋などの中にセットする。人間用の簡易トイレ袋&シートは当時品切れだったため代用品として買ったもの)として念のため買っておいたものです。まだたくさん残っています。

シンク下「2」の様子、物は空間の2割程度だけ

このように、体肥料排水溝ネット、食器洗いスポンジの予備、掃除シート、ひも、ガムテープ、卓上コンロのガスボンベ、観葉植物の液などの消耗品をざっくり分けて入れているだけです。

空間に対して2割くらいしか物を入れていません。

RIMG1011

シンク下「1」の様子

こちらは「1」のすぐ隣です。台所の出入り口に一番近い位置なので新聞紙をしまう場所にしています。このように、しまう手間を最小限にするために紙袋をこのように横倒しで利用しています。このようにすれば、新聞紙をポンッと放り込むだけなので手間が要りません。

新聞紙の収納について

新聞紙を処分するときには、別の紙袋に改めて移し替えます。「え?めんどう!初めから普通に立てて袋を置いて普通に入れればいいのでは?」と思うかもしれません。初めはそうしていたのです。けれども、袋の一番上とシンクの高さの間の空間が少ないので、入れにくいのです。結局、捨てる前に入れなおした方がかえって大した手間がかからないと気付きました。

紙袋は、毎月2枚ずつ配達店がポストに入れていきます。(口座引き落としで支払っているので)なのでちょうどよい感じです。

私を含め、家族も面倒くさがり屋です。なので、ちょっとでも出し入れが面倒だとたちまち乱雑になります。それよりも、普段は楽して月に1~2回の処分の日に少し手間をかけた方が簡単です。
RIMG1013

新聞紙は全捨てしない

ちなみに新聞紙は全捨てをしないようにしています。最低でも1週間分程度は残しています。理由は2011年の地震の後少し断水しました。その時いろいろ役に立ったのが新聞紙だったからです。

さいごに

シンク下収納箇所はしゃがまないと出し入れできませんから、あまりあてにしないことです。特にシンクの真下は湿気が伴います。なので、直接口にするものとは関係のない消耗品などを入れると衛生面で心配がありません。

また、新聞紙は家族が出入りする場所に収納するときちんとしまう事のフットワークが良くなります。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。