ユニクロのダウンを自宅で洗う。アウトソーシングしないで自分で出来ることが増えれば自由が増える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

RIMG0393

最近、アウターは全部自宅で洗っています。その中でハードルが低いのはユニクロのライトダウンです。ユニクロのライトダウンは「手洗い可」の表示があれば手洗いが可能です。我が家にあるものは全部「手洗い可」になっています。さらに私は洗濯機で洗ってしまいます。(自己責任です)

スポンサーリンク

ユニクロダウンの洗い方

用意する物

  • ホームクリーニングエマール
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット

これだけです。

洗濯をする日は前後とも乾燥して晴れている日に行います。

 洗い方

  1. ポケットの中に何も入っていないことを確認します。
  2. 前のファスナーとポケットのファスナーを閉じます。
  3. ダウンを洗濯ネットに入れます。
  4. (コツ・ダウンは軽くて浮き上がってくるので、ダウン以外の洗濯物を、ついでに上に乗せて洗うと安定します)
  5. 洗濯機に入れます。
  6. 洗濯機をドライモードにセットします。
  7. 適量のエマールと柔軟剤をセットします。

洗濯開始時に洗濯物が浮き上がっていないか確認します。初めにダウンを入れてその上から水が投入されると落ち着きます。どうしても浮いてくるようであれば、いったん一時停止をして、洗濯機の中で押し洗いします。

干すときの注意点

洗濯機が完了したら干します。

ベランダか風呂場なので、ダウンの両肩を手で持ち、数回振りダウンの偏りを防ぐとベターです。そのまま洋服ハンガーに普通にかけても支障ありませんでした。できれば平置きで乾かせるとなおよいですが、吊るしても違和感はありませんでした。

陰干しをします。可能であれば、適度なタイミングで裏に返して干せば早く乾きます。今の時期は一日では乾燥しきれない事もあります。取り込んだ後、3日位部屋のどこかに吊るしておき、完全に乾燥してからしまうようにします。

自宅でダウンを洗うメリット

最近は宅配クリーニングなどで、「袋ひとつ分、詰め放題でいくら」という通販などがあります。リーズナブルなアウターであれば、それも良いですし手間いらず、です。けれども、他の人の衣類と一緒に洗濯されますよね。

その点、自宅で洗えばメリットは低コストであるだけではありません。何といっても衛生的な事です。もちろん、クリーニングが不衛生というわけではないでしょうが、他の人の衣類と一緒に洗濯されることに違いはありません。

自分で出来ることを増やす

また、少しずつ自分でできることを増やすという目的もあります。最近ちょっとした流行のアウトソージング・・と言えば横文字で聞こえが良いのですが、要は「外注」悪く言えば「丸投げ」です。

本来、自分の家で洋服を作ることも当たり前だった時代から、買う事が普通の現代となっています。暮らしの一部を外注することは、一見、合理的です。そして苦手な分野を他に委託することで精神的苦痛を回避できたり経済が回ったりする効果が期待できます。けれども、そうした暮らしは悪い言い方をすれば外部に依存する割合が増えます。

自分で出来る事が増えれば自由が増える

依存せざるを得ない事が多いほどに、自由度が減ります。例えば、アウター類を全部クリーニングに出せば、クリーニング店は利益を得てクリーニング店で働いて給与収入を得る人もいて、私は洗う手間が不要です。その代り、それを持って行く、持ち帰る、もしくは宅配に依頼する、その仕上がりや応対にいくらかとはいえ行動が制限されます。

当然、対価を払う必要もあります。対価、つまり貨幣が必要ということになると、貨幣を多く得なくてはいけません。貨幣を多く得なくてはいけないとなると、その分、働きに行くなどの手段が必要になりますから自由な時間は減るのです。

このように一般家庭が外注することを増やすことで、経済が回る効果は有りますが、個人レベルで見れば、自由気ままに行動する時間がより制限されやすくなります。

 さいごに

アウターを自宅で洗う事は、パッと考えれば「面倒くさい」と感じます。けれども、ハードルが低い物から自分で洗ってみると、「クリーニングに出さないとダメ」な物は、実は少ないという経験をします。

すると、「どうやって洗えば失敗しないか。どういう素材をどういう理由でその洗剤を使うのか?」という工夫と改善の繰り返しになります。世間には暇な時間にゲームをしている方がいます。私はゲームをする習慣がりません。けれども、普通はクリーニングに出してしまうアウターを自宅で洗濯してみることはゲームと似ています。

「きれいに洗い上げる」という理想のゴールの形があり、それについてハードルを乗り越えながら攻略と与えられた限られた道具で理想に近いゴールに向かうイメージです。当然ながら、ゲーム同様に、回を重ねるごとに上達します。

このように、暮らしのちょっとした場面をゲームのように取り入れてしまうと、本来面倒くさいことが面白く、成果が見えるものにと変化します。

楽しみとは、こんな些細な事でも感じる事が出来るのです。

エマールは、今回の様な他にニット類を洗うときにもよく使っています。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。