【服を頻繁に買わずに済むコツ】流行は利用するもの。流行の開始時に取り入れれば長く着られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

流行は追うのではなく、利用すれば良いのです。「流行を追うのは軽率なこと」そんな風に考えていれば損をします。

スポンサーリンク

服の流行を取り入れた方が低コスト

早めに流行を取り入れる方が洋服のかけるコストが安く済むそうです。以前読んだ本にそう書いてありました。一方で、流行を取り入れる事と、余計な買い物をしないことは対極にあると思われています。流行を追わない方が節約になると思っている人は多いでしょう。

けれども洋服は基本的に消耗品です。もちろん、中には「一枚のコートを10年着ています。」ということはあるでしょう。我が家の場合も、夫が着ているカシミヤのコートは10年ものです。けれどもこれは例外です。その他の服はたいていが1~3年が限界です。1シーズンが限度の物もあります。たいていの服は消耗するのでいずれ買い替えの必要が出ます。

服の流行は開始時に早く取り入れる

このとき、どうせ買い替えをするのであれば、その時点の流行を見極めてみます。そして、まだ流行が開始して間もないアイテムを取り入れれば良いのです。そうすれば、流行ものでも長く着られます。同時にたくさん市場に出回っていますから、価格も低い傾向にあります。

反対に、頑なに流行を取り入れないで自分が好きな種類の服を貫いたとします。この場合、種類にもよりますが、「なかなか希望する服が見つからない」という状態が起きます。さらに、ようやく発見した服の値段がおそろしく高いことがあります。値段が高かった割に流行と無縁の分、「その値段には見えない」(良くない意味で)ことがあります。

流行物は、開始したばかりのタイミングを狙えば低コストで買うことができます。そして長く着られます。

流行の終焉物には手を出さない

注意したいのはたとえ流行物でも、そろそろ終焉を迎えるであろう物には手を出さないことです。目安は流行の開始時には大手スーパーなどではまだ見かけない流行物です。反対に、流行ものでも、大手スーパーに並ぶようになったテイストの服はそろそろ終焉が近い・・というか、そもそも終焉を迎えているとみることができます。

反対に、どうやって流行の開始の気配を知るかですが、たいしておしゃれに熱意を注いでいない私の場合、目安はネット通販の画面とテレビに登場するおしゃれの関心が強い芸能人が着ている服です。ハイブランドのショップを冷やかしに行くわけにはいきませんが、HPの画面なら出入り自由です。ざっくり眺めて雰囲気をつかんでおきます。

すると、おしゃれ芸能人が、似たような服を着ているなと感じたらそれで流行の開始時の気配の目安を知ることになります。本当は、もっと早く流行の開始は行われているのでしょうが、普通の主婦である私がそこまで早々に追う必要もありません。テレビで見かける芸能人が着るようになったくらいでちょうどよいのです。

たかが洋服と割り切る

一見、この方法は流行を追い、芸能人が着ている物を追い、「自分がない」「他者に影響される」と思うかもしれません。ですが、そうではありません。「どうせ買うなら、流行が開始した時期を見極めて長く着てやろう。」という具合に利用すれば良いのです。「たかが洋服」くらいに向き合い、頑固にならず要領よく選ぶことも一つの方法です。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。