気に入っているのになぜか出番がない服の理由。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第3刷決定

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

たくさん服があっても、必要なアイテムや的確な色、サイズの物が不足しているために、合わせられない状態になっていることがあります。「服がたくさんあるから、どれもこれも捨てれば良い。」とは限らないのです。

スポンサーリンク



着られない服の原因

  • たとえば、裏地がないのに、合わせるインナーがないために着られずにいる服はないでしょうか。
  • スッキリしたコーディネイトに憧れて真っ白いシャツを買ったけれど、透けが気になって保留にしている服はないでしょうか。
  • ボートネックのトップスを買ったけれど、肩の部分をどうしたらよいか気になって保留にしていないでしょうか。
  • ノースリーブの服を買ったけれど、羽織物がないせいで着ていない服はないでしょうか。
  • ジーンズを合わせれば最適なのに、夏には生地が厚くて敬遠してはいないでしょうか。

このように、インナーや今の時期に合う素材のアイテムを少し追加すれば「着られない服」が「活用する服」に格上げされる可能性があります。

「服を買い足してはいけない」と拘らない

ところが最近は「とにかく服を捨てなくてはいけない。」という雰囲気に翻弄され、ひたすら服の手持ち数を数えてしまう方もいます。服の数がたくさんあっても着られる服と同意義ではありません。だから「捨てなくては。」と思うのも間違いです。そしてたくさんあるから「買い足す服はない。」と思うのもちょっと違います。

必要なアイテムが足りないから着られない

単体で着られる服は問題ありません。けれども必要なインナーが足りなかったり、羽織る服が不足したりするため、着られない服になっていることがあります。余分な服は不要ですが、必要なアイテムの不足が「着ない服」の原因にあるケースはあります。「気に入っているのになぜか出番がない。」服について、その原因を考えてみます。そうすると「合わせる何かが足りない」ことはよくあります。

その服自体に問題があるのではなく、着るためのアイテムが不足しているケースです。このような状態は食事の献立を決めるように、必要なアイテムの色や素材などを考え、買い足す物のメモを取ります。

今は有りがたい事に、ほとんどのショップにホームページがあります。たいていの服と価格が表示されています。サイズ表記と素材の表記もあります。実店舗ではサイズの詳細と素材のタグを見にくい事は多いものです。手洗いが可能な製品か否かの確認も可能です。

そしてチェックする予定の服のメモをします。そして実際にそのメモを持って回ります。そうすれば店内を回る時間も短縮できます。迷う時間やタグを確認する手間も同様です。現物を見て、試着をして購入するかどうかを検討します。ホームページで見た印象と現物が違う事もあります。このように、買い物メモを持参することはお勧めです。食品の買い物にメモを持つ人は多いでしょうが、服は行き当たりばったりという方は多い事でしょう。

さいごに

行き当たりバッタリだけが原因で着ない服を買ってしまうのが失敗する原因です。洋服屋さんは無限にあります。一件のお店の中にも商品はたくさんあります。とにかく選択肢が多すぎます。予め、予定を立てながらメモを持参して買い物に行くことは、多すぎる選択肢に惑わされないためにお勧めする良い方法です。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ