対面台所の水はね、油はねをお金をかけずに簡単に予防する3の方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 344
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

対面式台所の場合、カウンター部分への油はねと水はねが気になります。何もしないで使えば、絶対に汚れてそのうち劣化します。今回は、それを予防する簡単な方法を紹介します。

これまで実践した方法は3つあります。ガードしたいのは、この部分です。

RIMG1383

スポンサーリンク

フェイスタオルを敷く

初めはフェイスタオルを敷いていました。縦に半分に折り、2枚を使用して横に並べていました。

時々、交換するだけなので手間はかかりません。

けれども、何かのはずみでうっかりタオルを引き上げてしまった場合、調理中の火に付いてしまうと危険だと感じてやめました。

滅多にないとは思いますが、注意するに越したことはないと思います。ガスコンロと離れているなら大丈夫だと思います。

100均の食器棚シートを敷く

次に行っていた方法は、片面がアルミになっている食器棚シート(幅40センチ前後、長さ180センチくらいで巻かれて売られています。)をカットしてカバーする方法でした。

端は養生テープで留めていました。

アルミホイルを敷く

現在は、この方法を使用しています。

食器棚シートからアルミホイルに変更

さらにもっと手軽で簡単な方法に変えました。それはアルミホイルの利用です。コストは断然、こちらの方が低くて済みます。

そしてメリットがさらにあります。それは、曲がっている部分にぴったり添わせることが可能な事です。以前の食器棚シートでは、カチッと折り目を付ける事は出来ない素材なので、どうしても曲がる部分は浮いた感じになっていました。

ところがアルミホイルの場合は、カチッと折り目を付けてぴったり添わせることができます。画像で見ると生活感がアリアリっぽいのですが、実際は色がシルバーなので、それほどでもありませんよ。

元の状態です。手前のステンレスが台所側で、奥の木製部分が対面のカウンター部分です。このままで使用すれば必ず木製部分は腐るだろうし、パッキン部分にカビが付いて汚くなることは容易に想像できます。

以前は食器棚シートを使用してカバーしていましたが、最近は思いついたときに変えられるアルミホイルを使用してガードしています。アルミホイルの端は、そのままではなく内側に2センチくらい折り曲げて使用しています。

RIMG1388

端の部分は動かないように養生テープで留めて隙間が出ないように、動かないようにしています。養生テープは我が家に常備しています。巨大なマスキングテープのようなものです。RIMG1386

アルミホイルは25メートルくらいありますので、一本で何度も使う事ができます。頻繁に交換しても食器棚シートよりもコストが低くて済みます。

・・

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。