25日の銀行ATMには行かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

スポンサーリンク

以前は、25日にお金が入るから25日にATMに行くことを当然だと思っていました。でも、気付いたのです。それはおかしいということに。

そして25日のATMに足を運ぶことをやめました。事前の対策は簡単です。入金と自分の都合で引き出す日の時間差は、口座に、適切なお金をキープしておけば解決します。この「適切なお金」とは、自分の時間と手間を有効に使うための資金という位置付けです。このように、お金は回し方次第で時間と手間も買う事ができるのです。

ちょっとした工夫でATMに行く日は自分の都合に合わせられる

25日に入金があるから、25日のATMに行くという行動は、お金と時間の使い方を他者にゆだねていることと同じです。

我が家ではクレジットカードを滅多に使用しません。現金払いと口座引き落とし、ネットバンキングの振り込みやペイジー払いなとが、決済方法の中心です。だから現金は、多めに必要です。

ところが、まれに予定が狂い、25日に行かざるを得なくなることがあります。こういうときは、まさに私の金銭管理の「負け」が生じた時に他なりません。だから25日にATMに足を運ぶことは屈辱なのです。わざわざ混雑するATMに、出向く自分がばかばかしいと思うのです。

先日、25日のATMに数か月ぶりに行きました。(25日に行くのは数か月ぶりということ)数日前に3か月ぶりにATMに行って現金を引き出す予定でしたが、買い物で両手がふさがっていたので、諦めたのです。スケジュールの関係上、25日に出直すことになりました。当然、行列が出来ていて自分の番が来るまでには時間がかかりました。

さらに1年ほど前からは一か月単位ではなく2~3か月分ずつ現金を引き出すことにしています。理由は、無駄な行動を避けるためです。

混雑するところに行くのは時間の無駄

25日のATMに行くことの何が無駄かといえば、混雑することです。今はまだインフルエンザも終焉していません。そんな時期に狭い空間にたくさんの人がいます。そして皆、心なしかイライラしていますし、緊迫した空気が流れています。

並ぶ時間、何となくイライラしている人たち(待ち時間)の中で過ごすことは無駄です。そしてこれを避ける方法はあるのです。25日に行かない。それだけです。ところがここで、問題があると感じる人がいると思います。

「25日に給料が入金されるのに、25日以前では、下すお金がないのではないか?」と思いますか?はたまた、「25日以降の例えば30日とか1日や2日などでは、お金が足りなくなるのではないか?」と思いますか?はたまた「25日にお金を下ろさなくて済むなんて、よほど余裕があるのね?」と思いますか?答えは全てNOです。

無駄なお金はありません。けれども、計画的にお金を回すことで、この無駄な行動を簡単に回避できます。それには、余っているお金ではなく、効率よく回すための資金を少しだけキープしているに過ぎません。けれども、たったそれだけで25日の混雑するATMに行く必要はなくなります。

一か月分ずつお金を引き出すのであれば、1か月分、余分に入金しておけば良いのですが、突発的な事を考慮して余裕をもって2か月分余分に給与が入る口座に残しておきます。そうすれば25日ではなく、入金前の10日でも15日でも好きな時に現金を引き出せます。銀行が混雑する日は決まっています。1日、20日、25日、月末、月曜日、週末、連休の前後です。時間帯は昼休みの時間と午後が混雑します。その時間をさければ良いのです。

以前は2か月分を余分に口座に残しておき、一か月に一回、15日頃に現金を引き出していました。けれども月に一回行くことも無駄に思えるようになり、最近は2~3か月に一回引き出す方法に変更しました。2か月分の場合位は、4か月分程度を余分に入金しておきます。3か月分の場合は4か月分です。

今の時期は、近いうち、子供の通学定期や教科書代その他、新たにまとまった金額を使う事が多いので2か月分プラスアルファで引き出しています。

サラリーマン家庭でも能動的にできることはある

とにかく、25日に給与が入金されるから、25日にお金をおろしに行く・・という受け身の姿勢では、私にとっては「負け」なんです。確かにサラリーマンの収入は限られているし、毎月25日に入金されるという事は決まっています。けれどもだからと言って25日以外にお金を下ろしにいけないことはないのです。

能動的にお金を回していくには、もう少し長い期間で見ることと、無駄に銀行に行かなくて済むための運営を施すことで可能です。

収入は限られていますが、それをどう扱うかという事は自分で考えられますし、使い方も自分で決められます。そうすればおのずとお金がどう流れてどう残るかなくなるかも決まります。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。