タオルを減らす方法と必要数の決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

タオルを減らす方法を紹介します。

初めに、現在使っているタオルの枚数の根拠を決めていますか?もし、決めていないのであれば、何となく用意して何となく増えているか、逆に少ない枚数で不便を強いられているかもしれません。

スポンサーリンク

はじめに必要なタオルの枚数を決める

減らす話のはずなのに、「足りなくありませんか?」と聞くのには理由があります。私の実家に行くと、タオルはたくさんあるのですが、使っているタオルの枚数が少ないために不便と感じるからです。

年配の世代にありがちなのですが、新しいタオルを「もったいない」と考えてしまい込んでしまう癖があることが原因です。必要な枚数のタオルをしっかり稼働させることで、しまってあるタオルが、もったいないのか、そうでないのかが判明します。

それから、頻度は高くありませんが、主婦、家族が病気、急用、等で一時期にいつもよりたくさんのタオルが必要になる場合があります。これについての対処法も最後に説明します。

タオルの必要数の決め方

我が家の場合はバスタオルを使わないでフェイスタオルを使用しています。ご家庭によって、バスタオルを使う、使わないはそれぞれでしょうし、洗濯の頻度もそれぞれかと思います。

初めに、我が家のタオルの枚数の決め方を紹介します。このように、基本は用途、または場所別につき洗い替え一枚です。入浴後用は(バスタオルがわり)一人につき2枚です。

タオルの決め方

このように、我が家の場合は基本の枚数は最低12枚で間に合う計算です。決め方の基本は、洗濯サイクルと交換の頻度を考慮しています。

我が家の場合、洗濯は毎日行い、タオルも毎日交換します。一日あれば乾きますので洗い替えはそれぞれ1枚で足ります。それを考慮して用途、または人別につき、それぞれ2枚あれば良いという計算です。

予備のタオルは10枚

このほか、突発的な事情が起きたときのために、予備のタオルを別に用意してあります。我が家の場合は、フェイスタオルを約10枚用意しています。

洗顔後用にガーゼハンカチを6枚

このほか、朝の洗顔後用に、ガーゼハンカチを6枚前後用意してあります。

次に、用途に合うタオルの必要数を用意する

用途が同じなら、サイズ、素材は統一する

用途が同じであれば、同じ種類のタオルを用意します。サイズ、厚みがそれぞれ同じ方が管理が楽です。乾き方、洗い方が同じになるので乾くタイミングも一緒になり扱いやすくなします。

仮に一枚ずつ、厚みや素材が違うと、一枚ずつ乾き方などの差が生じます。すると、洗濯のサイクルも一定ではなくなりますので家事のフットワークのペースが落ちます。

サイズ違い、厚み違い、素材違いのタオルは予備用に回す

サイズ違い、厚み違い、素材違いなど、半端な物は、たとえブランドタオルでも、日常使いとは別にした方が家事が楽になります。反対にブランドタオルでも同じようにそろっているなら、日常使いもありです。

そして「予備用タオルは10枚まで」等のように、枚数に制限を設けます。それを怠ると、頂き物のタオルが押し入れにたくさんある状態になります。多すぎるタオルは「もったいない」と思わずに、どんどん雑巾にでも使ってしまいます。

まとめ

タオルを減らす順番とコツは

  1. 必要数を割り出す
  2. 予備のタオルの数を決める(目安は10枚くらい)
  3. それ以外のタオルは雑巾などにして徐々に処分する

という流れです。

重要なのは日常使いのタオルと、予備のタオルを一緒にしないことです。多くの場合、タオルが多すぎて家事がうまく回らない理由は、数を決めていないこと、予備のタオルも一緒にして多めに使っていること、素材が違うので乾くサイクルが一定しないことが原因です。

これらをスッキリ整理して、半端なタオルは一度、スッキリ統一してリセットした方が使いやすくなります。時として、数を減らすために新たにタオルを買い足す必要もあるかもしれません。このときに「減らすために買う」事に、躊躇しない勇気も時に必要です。

「フットワーク良く、家事を素早く回すための投資」と考えるのです。たかがタオルですが、毎日何度も使う物ですから、こうした些細に思える工夫の積み重ねは今後の家事の楽さ加減に大いに役に立ちます。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。