家事用家電に多様な機能は必要ない・シンプルが一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

洗濯機は、お値段がピンからキリまであります。あまりにたくさんの種類があるので何を選んだら良いか困りませんか。私の場合の選び方を紹介します。

基本的に日本国内の家電店に信頼を置いています。だからリアル店舗で扱っている品は、どれを選んでも極端な粗悪品に当たる確率は限りなく低いと判断しています。そのため、たくさん販売されている家電のうち、自分が求める機能を満たせば後は価格で選んでも支障はないと考えています。

スポンサーリンク

洗濯機は、求める事の優先順位を決めて選ぶ

私の場合、洗濯機で優先することは、第一に、ごく普通の縦型の「全自動洗濯機」であることです。二層式では面倒すぎて足りないですし、ドラム式、乾燥機能付きのハイスペックは求めません。

始めに優先したのは容量

次に優先するのは容量です。というか洗濯物の容量で区分されていますが、結婚して最初に買ったのは4キロタイプ、2代目のときには6キロタイプ、今回の3代目では、もう少しだけ容量をアップして7キロタイプにしました。世の中には10キロタイプなんて大容量タイプもありますが、そこまでは必要ない、でも以前の6キロでは、厚手の毛布を洗うとき、ちょっと容量が足りないと思っていましたので7キロにしました。

自分の家庭に最適な容量とは

洗濯物の目安は、一般的に一人当たり一日1.5キロが目安だそうです。それを考慮すると、我が家の場合は3人なので衣類だけなら一日4・5キロあれば十分ということです。けれども、タオルなどを毎日洗濯しますし、時々厚手の衣類やシーツ、枕カバー、布団カバーなども洗いますから、やはり7~8キロくらいがベストのようです。

メーカー名にこだわるか、どうか

そこで、家電店で容量を決めた後は、メーカー名で決めたり、スペックで決めたり価格で決めたりしますよね。私の場合は、日本国内で販売されている洗濯機は、ハイスペックを求めないのであれば、どれを選んでも不都合はないはずと考えました。現在使用している物は一流メーカーではありません。

価格優先で選んでも問題なかった

RIMG0158

実際に、購入したところ、それ以前の洗濯機とグレードは、ほぼ同じであるにも関わらず(初代、2代目は三洋電機の洗濯機だった。値段で選んだ)動作音が相当に低く改善されていて驚きました。

もちろん、有名メーカーの高機能&高価格の洗濯機の中には、真夜中の洗濯も可能なくらいに音が小さい物があると聞きます。さすがにそこまではいかないと思いますが、リーズナブルな洗濯機でも、最近の機種は、かなり使える製品だと思います。

購入時には、購入した家電店の保証期間もありますので、安心して購入しました。毎日、問題なく洗濯ができています。

家電店に出向くと、高額な製品がたくさんあります。選ぶ基準はそれぞれですが、ロースペックのリーズナブルな品でも何の問題もなく毎日、動いてくれています。私の場合は、洗濯機は安い物でも何ら問題がないと考えています。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。