台所の「床置き」を減らす方法はゴミ箱にあった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

気が付くと、台所の床に物が増えていませんか?この対策はゴミ箱を見直すことで解決します。実は私も、つい床に何かしらの物を置いてしまうことがありました。その多くはだいたいが「ごみ関連」だったのです。

例えば、燃えるゴミのごみ箱が一つ台所にあります。けれども、そのゴミ箱は、もともとゴミ袋のサイズである45リットルには足りない容量でした。以前、他の場所で使っていた収納ボックスを代用していたためです。

スポンサーリンク

小さ目のゴミ箱は、台所が散乱する原因になる

それで容量が足りないため、かさばる包装紙や、食品のパッケージなどをレジ袋に入れて床に置くことにしていました。それがどうも見た目にもよくないので、思い切ってゴミ袋の容量に合う大きい容量の物を買う事にしました。

ゴミ箱は容量に余裕のあるものを選ぶ

探せばいろんなものが販売されていますが、私が選んだのは、シンプルな何の変哲もない物です。これには、蓋が何種類か別売りされていますので、必要であれば後から蓋を買い足すことも可能です。

分別用金属フックは別の場所で利用してみた

まずは、本体のみを買いました。それがこれです。元々、丈夫内側に分別用の金属フックもついていますが、ここでは必要ないので外して使用します。(必要ないことがあるので、それも別売りにしてほしい)冷蔵庫と食器棚の間に同じ場所に設置します。

RIMG0150

そして、ゴミ袋をセットするとこうなります。まあ、見た目的には、どうってことないのですが、ゴミ箱の容量が多くなっただけでゴミがスッキリ収まるようになるのは快適なんだと実感しました。

RIMG0153

従来のゴミ箱は、別の場所で資源ごみ入れに

これまで使っていたゴミ箱は、こちらに移動。ゴミ袋やレジ袋を入れている無印の引き出しの上に乗せて、燃えるごみ以外のゴミの置き場にしました。(これまでは引き出し真ん中がその場所でした。)

RIMG0154

使わない金属フックはこちらに利用

今回購入したゴミ箱についていた金属フックを強引にこのボックスに設置してみました。そのままですとずれるので、手前の一か所を養生テープで留めて固定しました。あとはレジ袋を引っ掛けて空き缶やらペッとボトルなどをいれます。

RIMG0156

これで床に仮置きする物がなくなって、スッキリしました。

ゴミ箱が小さいと、すぐにゴミがあふれてしまいますが、容量の多いゴミ箱を用意すると、余裕ですね。今回は蓋を買いませんでした。生ごみは新聞にくるんで捨てたり、袋に入れて捨てています。本格生ごみは冷凍してしまうので、においはあまり気にしていません。来客の時など気になる場合は新聞紙をかぶせています。蓋があると、洗う物がふえるので、あえて使っていません。

リンク先は楽天です
天馬 天馬 e-LABO(イーラボ) スマートペール ゴミ箱 本体45L
アマゾンはこちらです
天馬 スマートペール ゴミ箱 本体45L

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。