台所の物を減らす方法

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

物が多い典型的場所は台所です。調理器具、電化製品、食器、食品など常にいろいろな物が集まる場所です。ここにあるものを減らす方法を紹介します。

まず、同じ用途に使っている物を見直します。そして、それを半分に減らすことを実行してみます。この場合、いきなり処分しなくて構いません。

スポンサーリンク



 同じ用途のダブっているものを減らす

台所にある物を減らすコツは「同じ用途の数を減らす」ことです。同じ目的で使うものを集めて、使用頻度の低いものを処分します。

例えば大小2本のお玉、2組以上の菜箸、フライ返しなど。このように、同じ用途でありながら2点以上あるものを1点に減らすことを検討します。

例えば、大小2本のお玉があった場合、どちらがより必要かを考慮します。私の場合ですが、以前は大小のお玉のうち、小さい方を減らしました。2点使用していたころは、例えばこんな理由で複数本が必要だと考えていました。

頻繁にあるわけではないのですが、お玉ですくうおかずが2点以上あるときに、お玉が2本以上必要だと感じたのでした。それは、使ったお玉をすぐに洗わないで鍋に突っ込んだままにしていると、複数本必要になるのです。それを改めることにしました。

また、菜箸もお玉の例と同様です、それ以上必要な時には、普通の食事用の箸でも代用できるし、割りばしでも大丈夫です。

グラス、カップは家族で区別する

グラス、コップ、カップ類は、家族別に微妙にサインか色が違う物を使う事で解決しました。それ以前は、例えば,ちょっと水を飲んだだけのグラスの場合、軽くすすいで、そのまま置いておくということがあります。ところが全部一緒の場合、誰が口を付けたものかわからなくなります。

わからないので、結局は洗い直すか、別のグラスを出すことになります。それが無駄だと感じたので、それぞれデザインが少し違う物を使うことにしました。

こういう流れがあるので余計にグラスが必要でしたが、最近は多くは必要でなくなりました。基本的に朝晩くらいは私が洗剤でしっかり洗いますが、それ以上は、シンク上に使用済みグラスが置いてあっても無視しています。

ライフスタイルの変化に合わせて見直しをする

フライパンについては、たまに適正サイズのリニューアルが画期的です。というのも、家族がそれぞれ食べる量に変化があり、ライフスタイルの変化で調理する量が変わるからです。

我が家の場合ですが、数年前から子供の食べる量が増えたため、それまでのフライパンでは間に合わなくなりました。そのために大小2個のフライパンで作ることもありました。それを見直して容量の大きいフライパンに買えたところ一度で調理が済むようになりました。

ところが、あるときから、「ないなら、ないで実は何とかなる。あるから使う。」という事に気が付きました。少しずつ、用途の内訳を減らしていったところ、基本はそれぞれ一個ずつで事足りるものです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ