覚えておきたい。図書館活用法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

今回は、図書館の得する利用方法をまとめてみました。

図書館利用に料金は必要か?

図書館の利用料金は無料です。本、DVD、CDを借りる料金も無料です。

図書館を利用できる条件とは?

その図書館によって違いがありますが、住民票がある地域の図書館であれば、間違いなく利用可能です。それ以外には、その市町村、区内に勤務している、通学している、などの条件もたいていは利用可能です。それ以外でも、一部利用を認めているケースがあります。詳細は、利用したい図書館のHPを確認するか、直接問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

もっと活用したい。図書館の便利な方法。

図書館から借りられるのは本だけではない

図書館では、本のほか、DVD、CDも貸し出ししています。また、図書館によってはコミックを貸し出しているところもあります。私は、以前、住んだことがある地域で、目ぼしい作品の多くを、コミックをずいぶん借りて読みました。手塚治虫の作品は、ほぼ全作品ありました。複数巻あるコミックを中心に、全巻セットで貸し出ししていました。現在の住まいではコミックの蔵書はありません。

雑誌も貸し出ししている。最新号は、館内閲覧のみ

雑誌も貸し出ししています。ただし最新号は館内の閲覧のみです。けれども、書店の立ち読みでは落ち着きませんが、図書館であれば、椅子に座ってじっくり読むことが可能です。

レファレンスサービス

例えば、調べものがあるとき、知りたい情報があるとき、どの本を読めば良いのか、司書さん、図書館職員の方がお勧めの本を教えてくれます。直接、図書館で聞くこともできますが、図書館によっては問い合わせ連絡フォームから尋ねることもできます。もちろん、無料です。

ネットで予約して、最寄りの図書館で受け取り可能

蔵書があるかどうかをネットで調べることができます。直接、蔵書の図書館に行かずとも、希望の図書館で受け取ることができます。(地域により、違いケースもある)例えば、自分が住む市町村、区内の図書館であれば、A図書館にある蔵書を、最寄りのB図書館で受け取ることができます。事前にネットから予約をして受け取り希望図書館を指定することで都合のよいところで受け取り出来ます。買い物の都合、病院のついで、通勤、通学のついでなど都合に合わせられます。

都合のよい図書館に返却可能

自分が住む区域内の図書館であれば、借りたところと同じでなくても返却可能です。

一度だけ返却期限をネットから延長可能な場合もあり

私が住む地域の図書館では、一度だけ、ネットで貸し出し期限を更新&延長可能です。例えば、貸し出し期間は14日間ですので、当初、3月10日が期限だとします。しかし、他に予約が入っていなければ、さらに14日間、延長が可能です。他に予約がなければ、実質、約一か月借りられることになります。

蔵書がない本は希望すれば購入、取り寄せしてもらえることがある

新刊、希少本、その他で、蔵書がない場合は、希望すれば購入または取り寄せして貸し出ししてくれる場合があります。新刊は、早い者勝ちですので、もし、蔵書がなければ予約がゼロ件ということ。予約待ち多数になる前に、いち早く希望を出せば、早く借りられる可能性が高くなります。(同時に希望者がいるかもしれないので、実際は何番目になるかわかりません。)

書店と違い、いまいち気分が盛り上がらない?

図書館は、書店と違い、今話題の売れ筋の本を中心に並んでいるわけではありません。人気のある本も、そうでない本も扱いは同じです。いまひとつ、とっつきにくいという場合まずは、料理本コーナーや、生活関連の本などを眺めてはどうでしょうか?

気軽にサクッと読めるお勧め

図書館に興味があるけれど、「読むのがかったるいのよねえ」「読むと眠ってしまう」という方にオススメのコーナーは次の場所です。どこにあるか見つけられない場合は図書館の方に質問すれば、丁寧に教えてくれます。

雑誌

最新号は、多くの方が見られるように、借りることはできません。ですがそれ以外の雑誌は借りることが出来ます。読み逃した雑誌、書店で見かけない雑誌など、多数そろっています。

料理本

書店には蔵書が限られていて、お値段高めの本も多いですね。図書館には多数の蔵書があります。

ライフスタイル、家計管理本系

このブログに訪問頂いている方は興味のある分野と思います。

オシャレ指南本系

オシャレに関する本も多数そろっています。私は図書館から、よくメンズ用のお洒落本を借ります。夫の服を買うときにとっても役に立ちます。オシャレは流行があるので、発行年数の新しいものを借りるのがコツです。

スポーツ指南系

自分の趣味のスポーツの本がお勧めです。私がよく借りるのは、山歩き、ウォーキング関連の本です。

観光ガイドブック系

どこかに出かける時に、その地域の情報はネットでも調べられる時代ですが、やはり本のほうが効率が良いです。複数の本を利用することで、もれなく抜けなくいろんな情報を得られます。

健康系

健康の情報は、年々、新たな見解が発表され、「常識」も刻一刻と変化しています。10年前は○だったことが現在は✖ということもあります。マメに情報のアップデートが必要なので、こまめにチェックすることをお勧めします。

映画、ドラマ系

映画、ドラマが好きであれば、その関連本をチェックするのもおすすめです。

育児系

小さいお子さんがいる方は、育児指南書もおすすめです。

コミックがなくても、一部コミックエッセイなら蔵書のあるケースも

コミックは、図書館によって、蔵書の有無が分かれます。けれども、必要に応じてコミックエッセイであれば蔵書が認められているケースもあります。例えば旅行系、家計管理系、家族関係系、などは蔵書のある確率も高いようです。私が住む地域では、たとえばk.m.pさんのバックパッカー系旅行のコミックエッセイとか、お片付けコミックエッセイk.m.p.の もっとたのしく ちいさなお片づけ。や、グレゴリ青山さんの新装版 旅のグ は蔵書があります。

CD、DVD

自分が好きな系統の音楽や、映画だけではなく、「これまでは未知の分野だったけど、これからはバイオリン系の曲を聴いてみたい。」という場合、買うとなるとハードルが高いですが、借りるのであれば途中で挫折しても金銭的ダメージはゼロです。過去に私は、その調子で、「この作曲家の作品を聴きまくる」「バイオリン系の曲ばっかりを聴きまくる」とか「気になったオペラの曲の、オペラの方をDVDで観てみる」というように、気になった物は片っ端から図書館でタダで「お試し」しまくりました。

図書館は費用を気にせずお試しできる

何かに興味を持ったとき、例えばクラッシックのCDやオペラのDVDを買おうと思ったとします。そこで気になるのは「途中で挫折したら無駄になるかも?」という不安です。そんな時こそ図書館で「テスト&お試し」をするのです。同じ分野を借りて試してみて、「続きそう」と確信したら、本格的にお金を使うという選択肢もあります。

CD,DVDに限らず、本も同じです。初めて読む作家さんの場合は、図書館で借りてお試しをします。気に入れば次回から買えば良いのです。

さいごに

図書館は思った以上にサービスが充実しています。その地域の図書館によって、多少の違いはありますが、いずれも利用料金がかかりません。特にネットが普及してからは、家に居ながら予約すれば、自分で本を探す手間も削減できます。更に、わざわざ遠くの図書館に行かなくても、都合のよいところに取りに行くことができます。(予約の際、設定必要)こんなに便利な図書館を利用しない手はありません。今度の休日には早速利用してはどうでしょうか。

(今回、書いた方法は、多くの図書館では実施していると思われますが、一部図書館によって、サービス内容に違いがある、扱いのないケースもありえます。HPなどで確認しましょう。)

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。