「お気に入り」に拘り(こだわり)すぎると、なぜ心が落ち着かなくなるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

最近は「好きな物やお気に入りだけに囲まれて暮らす」ことを理想とする傾向があります。でも、実際はお気に入りではない物もたくさん使って暮らしています。

スポンサーリンク

気に入らないものを憎まない

「気に入らない」ものも、きちんと役に立っています。だから「お気に入りではない」という理由で「気に入らないもの」を憎まないように注意していきたいのです。気に入らないものも、お気に入りの物も対等に扱うことです。大した思い入れがないものも、好き好んで自分のところにやってきたわけではありません。何らかの形で自分が手に入れたからこそ手元に来ています。当初は「気に入って」手に入れていることもあります。

「好きな物だけを周囲に置き、気に入らないものを排除する。」そして気に入る物には笑みを浮かべ、気に入らない物には冷たくあたる。あげく「ここが気に入らない」と憎々し気な感情を持つ。

物に対して、このような感情を持つことは危険性があります。それは人に対する感情も同様に反映されているからです。誰にでも感情がありますから、好き嫌いがあるのは当然です.けれどもそれをあからさまに認めるのは子供だけです。

そもそもこの世の中は、自分を中心に回っているわけではありません。自分が機嫌よく暮らすために「お気に入り」とそうでないものに対して、たとえ物であっても区別を付けたがる気持ちはわかります。けれども、こうした感情は自分の気持ちを荒立てることに一役かいます。自分の気持ちが落ち着かなくなるのです。

感情も腹八分目に

さらには、何にでも批判することが中心になってしまいます。何事も「これが正解」はないのです。「お気に入り」の視点は、一方的な感情です。だからこそ、「これはお気に入り」と思いそうになったならば、その気持ちをひっこめるくらいでちょうどよいのです。腹八分目と言いますが、好きもそうでない感情も、極端に認めずに「感情八分目」程度に抑えておくくらいがちょうど良いのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。